TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

■英国〜イタリア出張2011秋⑯ パレルモ行き飛行機の欠航と卵城

おはようございます。

明日からはまた気温が上がると聞いていますが、今日は雨ですね。

今日12月3日(土)はクリニックFの診療日です。

先週訪れたイタリア出張記ですが、もう少しですので書き上げてしまいますね。

529

ナポリのサンカルロ劇場でオペラを楽しんだ翌朝。

朝7時半にナポリから出る、シチリア島パレルモ行きの飛行機に乗るため、ホテルを早朝に出ます。

489

この通り、外はまだ真っ暗です。

490

492

タクシーに乗りナポリ空港に着き、チェックインカウンターへ。

すると、

「今日のパレルモ行の飛行機は、土曜日なのでキャンセルとなりました。」

と、言うではないですか!

「??? それではどうしたらいいのですか?」

と聞くと、

「午後1時半まで待てばパレルモ便があるのでそれに乗るか、または朝の便で一旦ローマに向かい、ローマからパレルモ便に乗るか、どちらか選んでください。」

と言うのです。

ローマ経由のほうが少し早く着いたので、そちらを選択するといったのですが、さんざん待たされた挙句、ローマ~パレルモ便が満席でローマに着いても乗れないことが判明。

仕方がないのでホテルに戻り、午後の便で飛行機が飛ぶまで待つことに。

そして、この時間を使ってホテルの目の前にある「卵城」の見学に行くことにしました。

498

502

卵城(Castel dell’Ovo)は、ナポリはサンタルチア港の小島に作られた要塞。

11世紀にノルマン人がこの要塞を築く時に、工事の基礎に卵を据え、この卵が割れる時にはナポリに危機が訪れると呪文がかけられたのが、伝承されたのだそうです。

ナポリには何度か来ていますが、機会がなかなかなくてこちらの見学をしたことがなかったんですよね。

500

近くに寄って気づいたのは、かなり巨大な要塞であること。

501

この石壁を観てください。

503

522

内部は街の様な造りになっています。

504

508

お城のところどころから海が見える景色は印象的ですが、これは平和の時代だからこその感想なのでしょうね。

517

屋上には砲台が据えられています。

海を見下ろしましたが、高さが分かりますね。

512

513

カモメもたくさん飛んでいました。

朝が早かったので、漁に出ている人もいましたよ。

523

525

本来だったらこの方角にヴェスビオ火山が見えるのですが、朝の霞で見えませんでした。

526

シチリア島の観光の機会を失ってしまったのは残念でしたが、サンタルチアの港を散歩出来たのは良かったです。

再び空港に向かい、午後のパレルモ行きの便に乗りました。

535

旅の最終地、シチリア島パレルモに向かいます。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -