TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

肝斑治療のセッション

今日は肝斑治療のセッションに参加しました。

1

1)フラクショナルレーザー

2)低出力Qスイッチ(pico & nano) YAGレーザー

3)511か578nm カッパーブロマイド イエローレーザー

の3つの治療法のディスカッションでした。

国によって、10年前の治療法をされているドクターや、ドラッグデリバリーと組み合わせて多くの薬剤を使用するドクターまで。

10名以上のドクターが持論を展開しましたので、とても参考になりました。
レーザートーニングの色素脱失に関しては、報告があるものの、メラノサイトを消滅させない照射方法が検討されていました。

概ね2J/cm2以下で照射するならば、メラノサイトが生存できるので、色素脱失は防げるというのが共通認識になっていますね。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -