TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

CLEO:2011 ボルチモア⑦ 学会会場展示場

さて、再びGW期間中に訪れたアメリカはボルチモアの話に戻ります。

CLEO(工学系レーザー学会)学会会場の展示場は、いつもの医学系レーザー学会と展示会社も展示品も全く違い、非常に興味深かったです。

024

134

会場の入口。

Exhibitionhall

こちらが館内地下1階の地図。だいたい建物の形と動線がわかるでしょうか?

地下一階ではレーザー機器メーカーの展示が行われ

Boltimore_convention_center_2

こちらの二階の小さな部屋で、レーザーの講演が開催されます。

136

毎日講演と講演の間に1時間半ぐらいの休み時間があるのですが、その時になると本当に多くの参加者がロビーに出てきます。

145

皆レーザー談義に花が咲いています。

216

展示会場で、社名に日頃からなじみのあるレーザー会社は、コヒレント社ぐらい。日本では見る機会もない、ものすごい数のレーザーが並んで圧感。さすが、アメリカ レーザー天国です。

215

213

214

展示してある機器も、特許などが絡んでいて、写真を撮りにくい雰囲気でした。

217

これは右レーザー筐体から赤色光が、左のレーザー筐体からオレンジ色の光が出ていて、中央のプリズムで光が交差しているのがわかりますよね。

218

こちらのブースはレーザー技術を使ってとても小さい模型を作る会社の展示でした。

右の双眼顕微鏡をのぞいてみると、とても小さな「自由の女神像」が見えたのですが、たぶん像の高さは1mmぐらいでしょう。それにしてもすごいナノ技術です。

上のようなサッカーボールのようなフラーレンの立体構造や、とても小さなパリのエッフェル塔の模型なども、簡単に作り上げてしまいます。

魅力的な技術ですね。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -