TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

CLEO:2011ボルチモア① ニューヨーク経由便の魅力

東京から早朝6時半の羽田〜ニューヨークJFK便に乗って、今回工学系レーザー学会(CLEO)が開催されるアメリカ・ボルチモアにやってきました。

この早朝のニューヨーク便は起きるのがつらかったですが(苦笑)、ニューヨークにも現地時間の早朝に着くので、その日の午後のトランジットまでトランクをチェックインしたままにして、自由に時間を使えるところに惹かれ、チケットを押さえました。おかげで、3月にも来たばかりですが何度来ても飽きない大好きな街ニューヨークシティまで出かけ、6時間あまりを過ごすことが出来ましたよ。この時間があるのとないのとでは、出張もずいぶん違います。

5月1日は日曜日でしたので、地下鉄を乗り継いでハーレムに移動。メモリアル・バブテスト教会でゴスペルを聴いてきました。

077

ハーレムの黒人教会(アメリカ系黒人のプロテスタント系キリスト教)で始まった、高い信仰心を持つ信者達が神に感謝するために歌うゴスペルですが、信仰の原点を見るような気が毎回して心が動かされます。

その後、42丁目のブライアントパークに移動して昼食をとりました。

020

ブライアントパークはタイムズスクエアから徒歩数分の、高層ビルに囲まれた都会のオアシスのような場所ですが、エンパイヤーステートメントビルディングや、ブライアントパークホテルが緑の木々越しに見える背景がとても好きなんですよね。

010

良い季節に恵まれました。

103

このブライアントパークの裏手には、ニューヨーク市立図書館があります。

094

096

こちらも大好きなニューヨーク市立図書館で出国までの時間をすごしましたが、だいぶ充電しましたよ。

098

さて、JFKからボルチモア空港へのシャトル便の飛行機で、昨晩こちらに移動してきました。

ボルチモアはワシントンDCより、わずか30マイル北東にあたる隣町ですが、ホテルでテレビをつけてみるとオバマ大統領が “Justice has been done” と演説しているではないですか。

130

こちらは翌朝のウォールストリートジャーナルのトップです。

思えば911テロの主犯格とされたオサマ・ビン・ラディンですが、病死説はでるは、映像は出てこないは、生死の確認も出来ないものと思っていたのですが、そもそも「911のアメリカ政府の発表がすべて、真実を語っている」と簡単には信じられないほど、腑に落ちないところがいくつもありますよね。きっと何か大きな力が働いているのでしょうが、国家機密ということなのでしょうね。ケネディ暗殺のときのように、数十年後に国家機密文書が公開されるのでしょうか?

話が脱線しましたね。これから学会に行ってきます。

国際学会周遊記、初めての工学系レーザー学会への出席ですが、またこのブログでご紹介しますね。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -