TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

ラスベガス アンチエイジング学会

ラスベガスで開催された、アメリカのアンチエイジング学会に出席してきました。American Association of Anti-Aging(通称A4M)は毎年12月にラスベガスで行われる抗加齢医学の学会で、加齢に関することは、サプリメントからレーザーまですべてを扱う学会です。

Fi159_0e

今年はホテルパリスで行われました。二分の一サイズのパリのエッフェル塔と凱旋門があるホテルです。
オーランドのディズニーワールドは家族のためのエンターテイメントですが、ラスベガスは大人のための街です。アメリカ人のエンターテイメント能力には、度肝を抜かれます。

Fi159_1e

会場を歩いていて、特に気になったのは、デトックス(重金属排出のため)のサプリメントです。ここ数年、体内にニッケルや水銀、カドミウムなどの重金属がたまると健康に悪いので、何らかの方法で排出をしようという考えが生まれてきたのは、興味のある方は良くご存知だと思います。私も湘南鎌倉の海育ちですので、海水魚を丸ごと食べる機会が多くありました。海水魚の体内には多くの重金属がたまります。毛髪検査をしたところ、水銀が上限を超えていました。ちょっと驚きましたが。

Fi159_2e

重金属を体内から排出するためには、キレーションセラピーと言うものが有名です。キレーションセラピーは、生体内にEDTAという物質を点滴で入れて、重金属をカニの鋏のように切り取って排出する方法です。米国では賛否両論もありますが、知名度が高く、小児の自閉症や、心臓の動脈硬化に良いと言う論文が提出されています。私は医学博士論文を書いた研究室でよくこのEDTAを使いました。EDTAを使用すると、溶液中のカルシウムが完全になくなってしまうため、生体内のCaが全くない状態での仮想実験が容易に出来るのです。その切れ味のよさから、カルシウムが体内、特に骨から必要以上に失われる危険性を否定できず、どうしても導入に踏み切れませんでした。また、重金属の中で水銀に対する効果はEDTAに見られず、しかも必須ミネラルは排出されてしまうという弱点もこの物質にはあります。
 
 

今回の米国アンチエイジング学会では、このHMDという商品が面白いと思いました。これはEDTAのように点滴で導入するのではなく、食材に数滴たらします。それを食事として摂取すると、体内で作用が発揮されるのです。開発者のDr.George J.Georgiouに直接確認しましたが、砒素、アルミニウム、鉛、カドミウム、水銀、そしてウランなどの重金属に対して排毒作用があるのに関わらず、必須ミネラルが体内から減少しないのです。彼らのグループは過去三年間に1億円以上の研究開発費を投入しており、商品に対し、非常に自信を持っていました。近日中にクリニックでも、この商品を仕入れることが出来るようにしたいと思っています。

Fi159_3e

デトックス効果で知られるコクーン(個人岩盤浴器)が展示されていて、JMECのブースに立ち寄りました。今年日本の企業で展示しているのは、ここだけでした。

Fi159_4e

ラスベガスからLAへ ネバダ州の砂漠が続いています。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -