TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

ASLMS米国レーザー医学会 2011⑧ サイレントオークションその他

先週訪れたテキサス州グレープヴァインの米国レーザー医学会のご報告を閉めてしまいますね。

376

学会会場の展示場では、例年、レーザー機器メーカーが「Silent Auction(サイレントオークション)」なるものを催します。

413

412

各レーザー機器メーカーが自社製品のパーツなどをオークションに出し、Bidding=入札を公開落札にはせずに紙に記名などの形で提出し、落札金額が高い人が落札するという企画。

レーザー治療を行っている医師であれば、結構なお値打ちものもあるので、足を運ぶようにしています。

最初にこれを見たときは「アメリカ的な文化だなあ」と感心したのですが、最近日本でもチャリティオークションなどこうした形式をとられることもあるようですね。

411

中には著作権の問題で、ここではお見せできない、興味深い新しい機器の演題もありました。

418

夜はシネロン社のディナーミーティングに参加しました。

シネロン社といえば、昔はオーロラやポラリス、現在はトリニティ(eMAX)を代表する、ノーダウンタイムで肌をメンテナンスする機器を開発するイスラエルの会社です。

従来の光治療機器に、RF治療を加えたコンビネーション治療で、肌の色の濃い、特にアジア人に対する肌治療を可能にした「elosシステム」を開発したことで知られ、老舗レーザー会社であるキャンデラ社を買収するほど大きくなった会社です。

きれいな肌とは、白い肌と勘違いする人が多いと思いますが、透明感が高い肌のことを言うのではないかと思います。

「肌を白くする」という作業は、多くの化粧品を用いてメイクアップすることで、手に入れることができると思いますが、

「肌の透明感を上げる」作業は、専門のレーザー/光治療器で、表皮の微細なメラニンを破壊する作業をしなければ、できません。

この10年間のレーザー光医療の進化は、「肌全体の透明感を上げることができる機器」が開発されたということに尽きるのかもしれません。

416

今年のシネロン社は、このように円卓を囲んで新機種の発表会を行いました。

今年は以前のブログでもご報告した、針を媒介してRFを照射するフラクショナルRF機器である、ePrimeでしたね。

リフティングとボリューマイズに対して非常に効果的な機械だということはよくわかっているのですが、肌に針を刺す施術となると、「肌のメンテナンス」をするためにいらしていただいているクリニックFの患者さんに受け入れられるかどうか??

現在クリニックFでは、痛くない第三世代のサーマクール。

「サーマクールCPT」の評判が非常に良く、ePrimeクリニックFでの導入を迷うところです。

425

前日の夜にホテルで今回の学会で取得した情報と資料をまとめ、いよいよ帰国です。

428

まだ早朝でしたが、綺麗な朝焼けが見えましたよ。

429

ダラスからは、成田直行便に乗りました。

433

飛行機からは黄色い菜の花が一面に広がっているのが見えました。

Dallas

滑走路を走っていて気付いたのですが、ダラス国際空港は全米きっての「ハブ空港」と呼ぶにふさわしい、とても綺麗なシンメトリックかつ、機能的な形をしていますよね。

僕も自家用飛行機ライセンスホルダーで、セスナの操縦をすることがあるのですが、家でグーグルマップを確認して、改めて完成度と機能性の高さに感激しました。

政治的に地元に新幹線を誘致し、国内の新幹線網を広げるのも考え方の一つかもしれませんが、経済的には発達した二つの経済圏を結ぶために交通機関などのインフラを整えるというのが最もメリットがあり、かつ正論だと思います。

発達した経済圏とは、現在では諸外国の都市であり、それを結ぶインフラは空路です。

こうした機能性の高い空港が日本に建設され、首都圏とリニアモーターカーで繋ぐような都市計画ができれば、日本に復興に大きく寄与するのではないかとふと、思いましたよ。

長くなりましたが、月初に訪れたテキサス州グレープヴァインで開催された2011年米国レーザー医学会(ASLMS)の新国際学会周遊記でのご報告を終わります。

この学会の発表で、僕のレーザー機器関連の海外発表・招待講演は64回になりました。

いつか100回まで行けるのでしょうか(笑)?


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -