TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

ASLMS米国レーザー医学会 2011⑥ 静脈を映し出す興味深い機器

今回の学会会場では、美容レーザー機器についての新しい発表はなかったのですが、レーザー/光機器を使用したいくつか興味深い機器は発表されていました。

一つはこの機器。

400

緑色の光が僕の手にあたっているのですが、ここで何が起こっているかわかりますか?

399

これ、光が照射されている部位で、僕の静脈の走行が見えているのです。

理論を詳しくは教えてもらえなかったのですが、ヘモグロビンに集光させているのでしょう。

もともとは静脈の硬化療法の手術時に使用する機器のようで、紹介されている動画で、下枝静脈瘤がきれいに治療されていくのが目に見えてわかり、これはおもしろいな、と、そしてこれを使用することで可能性が広がるものがいくつか思い浮かびました。

また、医療従事者なら経験があると思いますが、患者さん中には、本当に血管が見えにくい人がいます。特に出血や脱水がひどい場合、救命救急の場では、輸血のラインが早くとれるかどうかは一刻を争います。

僕も研修医の時に、神奈川こども医療センターという小児専門病院で研修を受けたことがあるのですが、あのとき新生児の血管をとるのが難しかったことを思い出しました。新生児の血管って、皮膚からはほとんど見えないですからね。

開発が進み、懐中電灯のような、もう少し小さな機械になって、血管の場所を素早く同定できる様になると、小児や救急の場でも使用できそうですよね。

404

こちらは赤色LEDを使って、頭皮の血流を上げ、増毛効果を期待する機器です。

特に赤色光によって、皮下の細胞が活性化する研究は盛んに行われています。増毛にどこまで効果があるかは、正直なところ、まだ世界的に信頼のおける医学雑誌では研究結果が出ていませんが、まだまだ研究の価値があると思いますよ。

407

毎年、何十台と新たな機器が発売されますが、思えば、毎年この学会では発売会社の担当や開発者に意見を聞き、自分の医学知識に照らし合わせて果たして効果があるのか考えるということを、ここ何年もやっています。

最終的には、「自分のクリニックの患者さんのために是非購入したい!」と思うような機器は、年に一台あるかどうか?

という感じですよね。

以前訪れた、NYの一流クリニックで導入されていたレーザー機器がクリニックFで導入した機種とほとんど一緒だったと、ブログで書いたことがありますが、どのレーザー機器を選択するかということは、こうしたレーザークリニックのコンセプトを作るうえで、最も大切なことかもしれません。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -