TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

ASLMS米国レーザー医学会 2011⑤ スカー(ニキビ跡など)に対する注目演題

数日前のブログにも報告した通り、ニキビ跡などのスカー治療に対する演題は、ソルタメディカル社のフラクセル3DUALの演題が圧倒的に多く、この機種の優位性は変わらない様に思いました。

401

ちなみにこちらは僕の今年の発表演題です。

3381

フラクセル3DUALを利用した、ニキビ跡と肝斑治療についてです。

386

フラクショナルレーザーは

『ヒーティングによる細胞活性化』

『ネクローシスによる細胞入れ替え』

『アブレーションによる細胞蒸散』

の3つの生体反応のバランスが大事で、機器の持つ波長によってどれが長けているかが違います。

ちなみに、光治療は『ヒーティング』

フラクセル2は『ネクローシス』

CO2フラクショナルは『アブレーション』を

おこすことが主な作用機序です。

フラクセル3 DUALは特に

1550nmエルビウムレーザーで『ネクローシス』

1927nmツリウムレーザーで『アブレーション』

を行うことで治療をするのですが、

やはりエルビウムドープと、1927nmのツリウムドープの二つの波長を独立して利用できるのは、メリットがありますよね。

CO2フラクショナルレーザー機器は、ここ数年、あまりに数が多くデビューしたため、演題は逆に減ってきました。

ただし、機種としては注目すべき第二世代の機種が出てきています。

403

シネロン/キャンデラ社のCO2REや

388

DEKA社のSmartXIDE2

この辺りはフラクショナルCO2レーザーとしては注目機種ですね。

398

そして、米国FDAの認可が下りるのを待つばかりの「イントラセル」

のブースもありました。

390

会場で目立っていたのは、スタッフ全員が西部劇のような帽子をかぶって、テキサス風だったサイトン社。

いい写真を撮ってきたつもりが、ピンボケだったのです(涙)。

皆この絵のような服装だったので、インパクトがありましたよ。

427

サイトン社のフラッグシップの機種であるジュール。

こちらのフラクショナルレーザーも、技術力開発力を共に持つサイトン社ですので、2970nmのエルビウム以後の波長デビューが待たれますね。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -