TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

2011年AAD米国皮膚科学会最終日

再び、アメリカ・ニューオリンズ出張記です。

米国皮膚科学会(AAD)は、世界最大の皮膚科学会ですので、ここぞとばかりに全世界から医師が集まってきます。

当然のこと、マスメディアも集まりますので、各所でインタビューも行われています。

265

毎年のように増えてくる、コンピューターの発表ブース。

173

壮観です(笑)。

1651

サイトンのブースで、 ジム・ホバートやロバート・ラックにも会いました。

サイトン社のフラクショナルレーザーは、技術が高いのでぜひ導入したいと思っています。エルビウムヤグ以降の新波長がどうしても欲しいですね。

新波長を作ってくれと、今回もお願いしてきました。

174

こちら、サイトンのジュールのデモは、人気でしたね。

学会会場で目に付いたものといえば、

149

元ルートロニックにいたハンス・キムが独立して作った韓国のレーザーメーカー。

この黄色の光線(イエロートーニング)が肝斑に効くのだそう。

効果のほどはどうなんでしょうか?

それにしても目立つ色ですよね(笑)。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -