TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

ヨーロッパ皮膚科学会(EADV)所属の日本人医師の数

年末になって、海外の学会に年会費を納めるシーズンになりました。

最近はクレジットカードとWEBによる決済が可能になって楽になりましたが、昔はやれクレジット番号をFAXしろとか、銀行送金しか受け付けないとか、学会によって対応が違うので困りましたよ(苦笑)。

年会費って、ではどれくらいの金額かと言えば

たとえば、今年のヨーロッパ皮膚科学会(EADV)の年会費は150ユーロ。

これを支払うと、毎月ヨーロッパから写真のような最新皮膚科学会誌が送られてきます。003

診療方針を日々アップデイトしていく上でも、欠かせない情報源の1つです。

ちなみに米国皮膚科学会(AAD)の年会費は450ドル。

米国レーザー医学会(ASLMS)の年会費は230ドルです。

003_2

こうした英語の医学雑誌に目を通すだけでも大変な作業になってしまいますが、日夜医学は進歩しますから、必要な作業ですよね。

ところで、今回WEBを使ってヨーロッパ皮膚科学会の年会費を払おうとしたところ、会員のみが使える他の学会員検索ページなるものを見つけました。

Eadv

このページ、会員の検索ができるのですが、国の指定のみをJAPANにして、会員検索してみました。

その数は僕も含めて、わずかに21名。

日本には2万人を超える日本皮膚科学会員がいるのですが、ヨーロッパに定期的に行く人は思ったよりも少ないのでしょうね・・・。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -