TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

フェルメール作「デルフトの眺望」が描かれた場所へ

デルフトは多くの運河があり、こじんまりとした美しい場所です。

フォトジェニックなスポットが沢山。

553

こちら東門ですが、目の前にハネ橋もあり、とてもきれいなところでした。

そしてもう一つ、デルフトで訪れたかった場所に向かいました。

この地にはフェルメールがあの「デルフトの眺望」を描いた場所があるのです。

ちょうどデフルトの中心広場から約3km位離れた場所。

そこまで車で行ってきました。

627

こちらがその場所にあたります。

525

17世紀のフェルメールが過ごしたデルフトとは建築物も変わりますが、中央の水路の上に新教会の塔が見られ、雰囲気はよくわかりますね。

624

そして縮尺も変えて描かれているのでしょうか。デルフトの眺望の絵よりも小さく見えました。

17世紀に、高価な画材を使用して、このような街を題材とした絵を描くフェルメールは、美術史上は異端な存在だったのでしょうね。

いずれにせよ、好きな画家が好んで絵を残したこの場所に来ることができて、嬉しかったですよ。

帰国便に間に合うように、午後1時半には帰路につきました。

629

フェルメールをめぐる一日半のオランダの旅を終えて、高速道路で約一時間半。

アムステルダムのスキポール空港に戻ります。

632

帰国便もKLMを利用しました。

スウェーデンのヨーテボリで開催されたヨーロッパ皮膚科学会本会の参加に加え、1日半のオランダ滞在でしたが、新国際学会周遊記、実り多きスウェーデン編とオランダ編はこれで終わります。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -