TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

韓国の光明で巨大な蟹を食す

会社訪問している間に夜が更けてしまい、カン社長が食事に誘ってくださいました。

ジェイシス社からから少し離れたこの場所は、光明(カンミョン)市という、ソウル市ベットタウンとも呼べる、隣りにある市。

077

話題に出たのが、地名だけだと「光明=光治療器」・・・つまりフォトフェイシャルを連想してしまうよね、と。レーザー業界関係者の性でしょうか(笑)。

019

外はあいにくの雨ですが、さらにこんなネオン街に一行は進んでいきます。

一体どこに行くのだろう??

しばらくして、

ここですよ

と、

022

こんな店の前で立ち止まりました。

021

目の前にある水槽をよくみたら凄い大きな蟹です。024

この水槽の中から蟹を選び、このおじさんの後ろにある蒸し器でボイルしてもらえるのです。

蟹に目がない僕。嬉しいな。

僕が選んだのは、この蟹。

025

あまりに大きいので、写真を撮ってもらいました。

僕の頭よりも明らかに大きいですね。

なんと4.8kgもありました。

026

出てきた蟹の、大きいこと。

4人で食べたのですが、あまりの量に食べきれませんでしたよ。

この蟹の店で長年働いている韓国のおばさんが、これは自分が今まで見た中で二番目に大きい蟹だと言っていました。

なんでも蟹は一年に100gづつしか大きくならないのだそう。

ということは、この蟹は48歳!!!

本当なんでしょうか? だれか知っている人がいたら教えてください(笑)。

夜遅くまでジンロとマッコリで盛り上がってしまい、ホテルにチェックインしたのは夜半過ぎの1時頃でした。

翌日は朝一番で講演が控えています。頑張らなければ。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -