TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

シンガポール・アジア レーザー&手術皮膚科学会(ADLSA)

148

この学会の正式名称は、「Dematologic Laser&Surgery in Asians」。

166

昨年から開催されている学会です。昨年に比べて、参加者が格段に増えたようです。

172

168

1691

実はこの学会の会長のNancy Tan医師から、アメリカのフェニックス滞在中に何度か講演依頼のメールを送って頂いていたらしいのです。

でも、丁度クリニックFのサーバーが落ちてしまう事件があった時で、メールが残っていません・・・。

会場でお会いした時

「先生には何度もメールを送ったのに」

と言われてしまい、平謝りでした(苦笑)。

1451

こちら、ソルタメディカル社の面々です。

1511

超音波を使用した「たるみ治療器」を開発したウルセラ社も機器を展示していました。

たるみに関してはクリニックFの場合、サーマクールCPTの評判が非常に良いので、この機器、クリニックFで導入するかについては正直迷っていますが、機器自体の評価は高いと思っています。

1531

サイノシュアの新しいアジアパシフィック・セールスディレクター Barry Rigbyです。

前任者のスティーブン・リムと僕はとてもウマが合って10ヵ国以上講演して回った仲です。そんな話もあってこの日も盛り上がりましたよ。

1491

ドイツのQUANTEL社アジアに努める、フランス人フランク・モナードとも久しぶりに再会しました。

彼はクラシックカーが大好きで、いつも車の話で盛り上がります。

昨年の南仏ニースに引き続いて、今回も二人で昼食を食べました。なんだか気が合うのです。

彼は今、タイ人の奥さんとチェンマイに住んでいるのです。奥さんはスパの講師をやっているのですが、タイ中のスパ施設を駆け回っているそうです。

フランクに、タイのテロの話を聞かされたのですが、タクシン派と反タクシン派の闘争は、相当根深いですね。タイにはレーザー学会関連で、何度も講演に行っているのですが、僕が以前に滞在したホテルなどが本当に爆破されてしまったそうで、聞いていて、それはそれは恐ろしかったです。

飛行機は夜だったので、ひとしきり講演を聞いた後にホテルに戻りました。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -