TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

フラクセル3DUALの招待講演

再び先月訪れたシンガポール出張記に戻ります。

今回御依頼を頂いたのは、フラクセル3DUALとサーマクールCPTについての講演でした。

076

会場となったのは、こちらセントーサ島にある「Hotel Capella」です。

0771

もともと英国軍の軍用寄宿舎を買い取って改装され、2008年にオープンしたそうで、リノベーション後のとても素晴らしい施設でした。

0791

078

このホテルの一角にあるコンベンションセンターの講演会場に向かいます。

0911

082_2

0891

会場です。2枚のスライドを表示できる部屋でした。

椅子やテーブルの並べ方など、センスがいいですね。

090

窓の外にはマラッカ海峡のタンカーがたくさん見えます。

088

打ち合わせをしているうちに、徐々にドクターたちが集まってきましたよ。

3dual

「フラクセル3DUAL」と「サーマクールCPT」の講演ですが、日本では他のアジアの国に比べて、これらの機器のデビューが2009年11月から12月と早かったのです。

Cpt

アジアの他の国々でも、いよいよ政府から正式に認可が下り始めたので、これから機器の知名度を広めて行く戦略として、この2機種のアジア人の肌への使用経験の報告は、非常に貴重だったのです。

098

僕はシンガポール在住のドクターたちに話をするのかと思っていたのですが、マレーシアやインドネシアから来てくださったドクターも沢山いましたね。

講演では、二つの機器の基本的なスペックに加えて、フラクセル3DUALとサーマクールCPTを組み合わせて照射するプログラムで、肌をメンテナンスする目的で定期的に照射を行う、「クリニックFプロトコール」を御紹介させていただきました。

特に、毛穴治療や、にきび痕治療の、20症例近い写真を供覧しましたが、治療前後の症例写真をたくさん並べたので、治療成績にはみな驚いていましたよ。

レーザー皮膚科という分野は、進化が速い分野です。特にフラクショナルレーザー機器が登場した2004年ぐらいからの情報ですと、医師になる過程でレーザー治療について学ぶことは出来ません。

最新のレーザー治療に関する知識の差は、同じ皮膚科を標榜している医師でも、専門家と素人ぐらいの開きがあるのです。中には「場違いな」質問をする先生もいましたよ。

ともあれ、皆新しい技術を知ろうと真剣です。

0991

ビュッフェスタイルで、みな食事をとりながらの講演になったのですが、

106

夜遅くまでディスカッションは続き、終了したときには夜も更けていました。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -