TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

パリの移動式観覧車

Img_5900_2

毎晩このコンコルド広場の移動式観覧車を見ているうちに、どうしても乗りたくなってしまい(笑)、パリ最終日の朝に行ってきました。 

というのも、パリの街には建築物の高さ制限があり、さらに遊覧飛行なども禁止されているので、高い位置からパリの街を見るのは実は難しいのです。

僕は航空機に乗るばかりではなくて、自分でセスナの免許を取得するぐらい、高いところが好きで、こうした機会は絶好のチャンス。

Img_5870_2

Img_5871

列に並んで観覧車がくるのを待ちます。ちなみにチケットは10ユーロ。

いよいよ搭乗。Img_5874

Img_5878どんどん上昇していきます。

思ったより高い位置まで行くようです。

Img_5883

このとおり、コンコルド広場のオベリスクを下に見て、シャンゼリゼ通りから凱旋門。

さらには学会が行われているポルトマイヨのコンベンションセンターまでが見渡せます。

同乗者は、フランス人のおとうさんと女の子。

Img_5873 ニットの帽子にハロー・キティがついていますね。

パリでは、背中に大きなキティのいる革ジャンを着た大人の女性とか、マフラーやバッグにキティがついている人とか何人も見かけました。

この手のものに疎い僕でもわかるくらいなので、たぶんかなりキティ人気が高いのだと思います。

さて、観覧車。

回る速度が結構速く、一周ではなく3周して止まりました。時間にして15分ぐらい乗っていたと思いますが、思ったよりもはるかに楽しかったですよ。冬場パリに行かれる際にはおすすめです。

Img_5895_2Img_5898_2観覧車に乗った後は、表の出店でクレープを買いました。ハムとチーズが入ったそば粉のクレープ。

こんな寒い日には最高。熱々で旨かったです。

Img_5892 観覧車の目の前の、チュイルリー公園も雪で埋まっていましたが、雪の積もる日がパリでも珍しいのか、散歩をしている人がたくさんいましたよ。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -