TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

ニース 5大陸レーザー医学会 2日目

027僕がニースに到着したのは、9月10日の夜でした。

001_32日目の11日から、実際に学会に参加することができました。

この日のセッションは

「アブレイティブ・フラクショナルレーザー」

「ノンアブレイティブ・フラクショナルレーザー」

「スキンタイトニング」

「ボツリヌストキシン」

「肌の色の違いによる美肌治療」

5大陸の名が示すとおり、それぞれの大陸からやってきた様々な国のドクターが話をされ、興味深く聞かせてもらいました。

114_2ブースに行くと、キャンデラ社の買収を発表したばかりのシネロン社 ルイス社長に会いました。

先日バンコクIMCASでの招待講演に呼んでいただいたばかり。

キャンデラ社の合併の話もしましたが、つい先日、クリニックFでトリニティの機器を買い換えた話で盛り上がりました。

111 大手のレーザー会社がブースを出していましたが、やはり気になるのはこの会社です。

この会社。いつもどんな学会にもブースを出しているのですが、ほとんど営業担当の人がいないのです。

僕のブログにも何度か登場していますが、米カルフォルニアのZeltiq(ゼルティック)社の機器は、クーリング(氷結)によって脂肪組織を減少させる機器。

あの「サーマクール」を作り上げた経営者と研究者グループが、約3年前にリユニオンして、新たに脂肪減少に効果がある新製品を開発してきたのです。

今年中にはいよいよ日本での製品販売も見込まれているようで、昨日今日と、横浜で行われている日本美容外科学会でも発表があったようです。

フラクショナルレーザー機器以来、美肌レーザー市場にしばらく新しいコンセプトの機器ががない中、業界に新しい風を吹き込んでくれるとよいと思っています。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -