TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

フラクセルとサーマクールの新機種デビュー

063 さて、学会内でソルタ・メディカル社の技術者であるレン博士に再会しました。

彼はレーザー工学医学会の中でも指折りの優秀な技術者。

以前のブログ、レーザー機器の進歩にかかわる重要人物でも彼のことを書きましたよね。

そもそもフラクセルの理論を作り上げたのは彼の功績なのです。

そんな彼がまた新しい技術を投入しましたよ。

065NEWフラクセルがリリースされたのです。

「Restore More(フラクセル・レストア・モア)」。

実はこのコントロバーシーズが、事実上この新しいフラクセル世界リリースの日。

フラクセルを扱う世界中のディストリビューターも、この日までリリースに関連する情報をほどんど誰も知らなかったようです。

「フラクショナル・レーザー・リサーフェシング」という理論がこの世に出たのは2004年のダラスの米国レーザー学会でした。

僕もその時会場にいたのですが、画期的な理論に会場がどよめいたのを覚えていますよ。

その後、多くのレーザー会社が追従してこのフラクショナル機能を付加しましたが、ソルタ・メディカル社が販売する「フラクセル」は、その名が示すとおり、誰がなんといってもフラクショナルレーザーの元祖です。

ここからレーザーの新しい章が始まったのですから。

064 NEWフラクセルの特徴は、今まで使用してきた1550nmの波長に加えて、1927nmの波長をDUALに使用できるようになったことです。

レーザー波長の水の吸収率を考えると、もう少し侵襲度が上がった感じでしょうか。

あちらでつくられるパラメーターは白人用ですので、そのまま日本人の肌に適応できるかどうかはわかりませんが、どんな反応が出るのか楽しみですね。

9月にアメリカで販売開始。

日本に来るのは数ヶ月後だと思います。

また新機種を買わなければならないのか…。

と一瞬目の前が暗くなりましたが、現行の機種をアップグレードすることが可能だとのこと。ちょっと安心しました。

クリニックFも、11月頃に向けて早速アップグレードの準備をしないと。

さらに同社サーマクールもCPTシステムという新しいエネルギー・デリバリー・アルゴリズムを開発し、痛みが少なく、さらに効果が高い機器の構想がほぼ固まったとの発表もありました。こちらはパンフレットは上がっていませんでしたが、非常に興味ありますね。

クリニックFでは、新しいレーザーを入れてから日本人に合ったパラメータを再度決定しますので、「フラクセル・レストア・モア」や「サーマクールCPT」の臨床デビューが決まりましたら、またこのブログでご報告しますね。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -