TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

ペテルゴーグ ピョートル大帝の夏の宮殿

さて、再びロシア・学会出張記に戻ります。

ピョートル大帝の夏宮殿、ペテルゴーグツアーにも参加してきました。

この宮殿は、フィンランド湾に面した地域に1714年に建設されたもの。

大宮殿と、下の公園、上の公園といわれる三つ巴がペテルゴーグと呼ばれるのです。

031_2特にこの夏の時期、離宮ツアーは大人気で、ロシア語を話すガイドがいなければ、個人客は中に入ることもできないそうです。

確かにこの人だかり。すごいですよね。

この宮殿は、第二次世界大戦でドイツ軍によって破壊されましたが、現在は見事に修復されて、ユネスコの世界遺産にも登録されています。

051

宮殿はフィンランド湾に面しています。

045_2

海と宮殿はこのように運河で繋がっています。

072

運河に沿って公園があります。

写真に写っている散歩道をまっすぐ進むと、宮殿に向かって大きな噴水が見えてきます。

040ピョートル大帝も設計に関わったというこの大噴水が、本当にすごかった。

041_2

この写真は庭の定番スポットで撮った写真ですが、

実はちょうど午前11時にこれらの噴水の蛇口が廻旋されます。

075 僕はちょうどその時間、宮殿の二階部分、真ん中の部屋にいたので、その噴水が始まる様を見ることができたのですが、こちらも素晴らしい光景でした。

   


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -