TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

ロシアへ

001_27月6日の成田は雨でしたが、JALでモスクワに向かいました。

抗酸化剤のひとつ=フラーレンの専門学会が、サンクトペテルブルグで開催されたのです。

すでに50ヵ国以上の国々を訪れている僕ですが、ロシアは16年前にモスクワでトランジットしただけ。

初めて訪れる地で、とても楽しみにしていました。

010 さて、11時間のフライトを経て、モスクワに降り立ってみると…。

012 国内線は、見たこともない航空会社の機体が沢山。

ちなみにサンクトペテルブルグ行きの飛行機もS7という会社のこんな黄緑色の機体でした。

飛行機の写真ばかりですみません。航空機オタクなもので(笑)。

018 夏のロシアは草原の国なのですね。

機上から見たロシアの都市は、森の中に突然現れる感じでした。

003_3 サンクトペテルブルグ空港につくと、国際フラーレン学会の担当者が待っていてくれました。

国際学会でスタッフが空港で出迎えてくれたのなんて、考えてみれば初めてです。

何故か理由を聞いてみると、なんでもロシアではタチの悪いタクシー運転手が多いため、外国から初めてロシアを訪れた人間が何も知らずにタクシーを使うと、必ずトラブルになるのだとか。

お国柄なんでしょう。

バスのような大きなタクシーに僕一人だけ乗り込みます。

どんなところなのかわくわくしますね。

007 街中を移動するまでは、このような草原の中を走るのですが、

010_2 街に入ると、いかにも旧ソ連の好みそうな建築物が沢山。

017街並みもほかの西洋の国とは違う気がします。

日本時間では朝に近い時間だったので、ホテルにチェックインしたらすぐに眠ってしまいました。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -