TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

■ASLMS 2012 in Orlando,Florida③ 帰国しました

昨日、アメリカはフロリダで開催されたASLMS 第32回米国レーザー医学会より帰国しました。

Img_6042

Img_6048

こちらホテルにある学会会場の地図です。

Img_6080

学会会場は、この様なドーム状の屋根があり、全天候型。

Img_6086

フロリダ州は、湖沼にワニが棲息していますが、この温室内部ではワニも飼われていました。

Img_6083

こちらはワニとカメの甲羅干しですかね(笑)。

Img_1573

さて、学会の話題に戻します。

学会では今年も多くの演題が発表されていました。

新しい機器として、今回話題になったのは、サイノシュア社の発表したピコ秒755nmのアレキサンドライトレーザー。

以前は50ナノ秒前後がほとんどでしたが、パルス幅を100分の一にした500ピコ秒前後のパルス幅の機器がデビューしたのです。

出力も4ジュールぐらい出ていましたので、単純計算でピークパワーは2桁上がったということ。

破壊度は増したと思います。

比較実験をしていた演題が数多く出ていましたので、興味深く見せて頂きました。

痩身についての機器は、いくつか発表もありましたが、こちらは去年とあまり変わらずといった感じでしたね。

Img_6052

今年は根本的な意味における新しい機器や新しいテクノロジーが開発/発表されませんでした。

レーザー医療機器の場合、まったく新たな機器を作り上げるためには、平均すると50億円以上の研究費がかかるといわれています。

米国のレーザー販売業績は、上位から

●1位 シネロン/キャンデラ (トリニティ、eマトリックス、ジェントルレース)

●2位 ソルタメディカル (サーマクールCRT、フラクセル3DUAL、アイソレイズ、リポソニックス)

●3位 サイノシュア (メドライトC6、アファームMPX、エリートMPX、レーザースタイリング) 

なのですが、リーマンショック以降、この規模の研究費を捻出できるレーザー企業は、残念ながらアメリカにはないようです。 

Img_1572

学会会場もこの通り、がらんとして人気が全くない時間もありました。

とはいえ、アメリカで見られた光景がどの国でも見られるかといえばそうではなく、アメリカのこの光景が嘘のように先週訪れたインドはものすごい活気でした。

ヨーロッパやオーストラリアなども、美容市場は非常に活気あふれています。

考えてみれば、美容やアンチエイジングの市場の中心は、アメリカから他国に移りつつあるということなのかもしれません。

Img_1574

こちらは僕の発表演題です。

Img_6068

この米国レーザー医学会での発表も10回を超えました。

常連と言えるようになったのでしょうか…。

4月下旬からわずか10日以内にインド、フロリダと二つの学会を回り、合計5つの講演をしてきましたが、なんとか頑張って全スケジュールを終えることができました。

こうしたチャンスを今年も引き続き僕に与えて下さり、ご協力くださった様々な方に感謝の気持ちで一杯です。

ありがとうございました!


■ASLMS 2012 in Orlando,Florida② 学会発表演題

昨日、米国レーザー医学会2012のすべてのスケジュールを終えました。

あと3時間で帰国のため、オーランド空港に向けて出発です。

318293_3843555855831_1486146253_342

今回の学会では二つの演題発表をしました。

ひとつ目は、ePOSTERの演題

Detection of the different reactive oxygen species induced oxidative stress in skin during 1550nm&1927nm Fractionated laser therapy

レーザー照射後の皮下の酸化を測定した基礎研究の演題です。

そして、口演の二つ目の演題。

Eyelid Skin Tightening for Asian skin : Comparison study of fractional laser devices

マドンナリフト(上まぶた挙上レーザー)の臨床研究の演題でした。

発表時のスクリーンの写真を撮って頂きました。

398247_3843559775929_1486146253_342

壇上での発表は、この口演枠のトップバッター。

543390_3843562776004_1486146253_342

壇上に上がった時、この学会独特の雰囲気にのまれてしまい、最初はちょっと焦りました(笑)が、後半は調子を取り戻し、落ち着いて口演出来たので、発表したかった事は上手く伝わったと思います。

528648_3843564216040_1486146253_342

こちらも壇上で質問を待つシーンです。

オーランドで開かれるこの学会に出席するのは、これで3回目。

発表日程の都合で、前回訪れたNASA宇宙センターや、ディズニーランドにも行きませんでしたが、空き時間にフロリダ会場近くでゴルフを楽しむことができました。

とてもリラックス出来ました。

561342_3843591736728_1486146253_342

本年の米国レーザー医学会での講演について、コメントは帰国後に書きますね。


■ASLMS 2012 in Orlando,Florida① フロリダ開催米国レーザー医学会2012 参加中

インドから帰国して3日間東京・四谷で外来をした後、ワシントン経由で今年のASLMS 米国レーザー医学会の開催地であるフロリダ州オーランドにやってきました。

現地時間の真夜中に着きましたが、翌朝見た朝日に心が洗われる思いでした。

150946_3822444768067_1486146253_341

オーランドの会場は、僕が記憶している限りでも米国レーザー医学会が3回開催されています。ドクターにとっても人気の場所なんでしょうね。僕自身にとっても、学会会場やその近辺も馴染みがある場所になりました。

それだけ長くこのレーザーという技術に関わっていられることに、感慨深かったですよ。

295197_3826032897768_1486146253_341

「WELCOME」と大きなGATEに迎えられ、ASLMS 2012がいよいよ幕を開けます。

僕もレジストレーションして名札をもらいます。

560568_3825995256827_1486146253_341

今年の学会では二つの発表があります。

ひとつは、eポスターでの発表。

フラクショナルレーザー(フラクセル3)を使用して、照射後の皮下の活性酸素をESRを使用して測定する基礎研究。

581975_3817299079428_1486146253_341

もうひとつは、口演発表。

クリニックFでも人気のある、DEKA社の眼瞼挙上レーザーの「マドンナアイリフト」を、全部で5社のフラクショナルレーザー機器を使用して実験し、パワーとパルス幅、カバレッジなどのパラメータを同一にした後に、皮膚の収縮能力を比較した演題です。

「Eyelid skin tightening for Asian skin -Comparison study of fractional laser devices」

575196_3826018297403_1486146253_341

日本とフロリダとの時差は13時間。

体力的にもちょっときついですが、頑張って最後の発表まで見届けたいと思います。


2008年04月17日(木)

Zeltiq社の開催による秘密のカクテルパーティ


2008年04月16日(水)

シネロン社マーク・テイガー医師

2008年04月08日(火)

サイノシュアのスティーブン・リム


2008年04月07日(月)

Thermage営業部のゲイリーがいました。

2008年04月06日(日)

ルートロニック社のヘイリャン社長


ダラス ハナイシュル メディカルスパ訪問

オーランドの学会の帰りにダラスのハナイシュル化粧品の本社に立ち寄ってきました。

Fi267_0e

ハナの化粧品をプロデュースしているミョンさんは、ハリウッドスターに信者を持つ、カリスマエステティシャンです。

Fi267_1e

部屋の奥にいくつか写真がありましたが、顧客の写真の中には、ほら、見たことのある写真も多いですね。

Fi267_2e_2

彼女がこのダラスの別の場所に、新しいメディカルスパを作ったので、その見学に行ったのです。美しい絵とリラックスできる空間の作り方、多彩な色を使っても上品さを保つというデザインが、とても参考になりました。いくつか写真をご紹介します。

Fi267_3e

どことなく東洋を思わせるインテリアです。ここでホットハチミツ茶をいただきました。

Fi267_4e

特に顔面形成外科の世界では一流紙に論文が掲載されています。
メディカルスパと同じデザイナーを使用したそうです。
でも、飾ってある絵はすべて彼が描いたのだとか。多才な、とても器用な人でした。


2005年オーランド米国レーザー学会(ASLMS)

3月にオーランドで行われた米国レーザー学会(ASLMS)で発表をして来ました。

Cimg0851_2

演題は
“Non-ablative Treatment of Melasma utilizing a Q-Switched Nd:YAG Laser peel assisted with a topical carbon photoenhancer lotion, and adjunctive treatment with 633 nm Red Led Light”
邦訳「カーボンアシストQスイッチ&ロングパルスNdYAGレーザーピーリングと赤色LEDの併用療法による肝斑治療ついて」
です。米国レーザー学会ASLMSはAmerican Society for Laser Medicine and Surgery の略です。

Fi265_1e

コロラドスプリングスホテルはディズニーワールドの中にあります。きっとフロリダのこの地域は沼地だったのでしょうが、地形を生かしてすばらしい保養所にしています。

Fi265_2e

人口の砂浜がありきれいなのですが、池の中にはワニがいて、残念ながら泳げません。

Fi265_3e

左はマックス社社長のヘイリャン氏。エ ール大学の機械工学科を卒業し、MBAも持つ、いわばメカが分かる社長ですね。

 
右が私の講演を聴いて、興味を持って質問してきたフランス人のDrです。名前は失念してしまいました。

Fi265_4e_4

彼はサーマクールを目の上に照射し、瞼の引き締めを計るという治験を行い、今回の学会で発表したミシガン大学のBrian Biesman医師です。
ちょうど私と同じレーザー(Spectra VRMマックスピールの機械)を持っていたので、その話題で盛り上がりました。
さまざまなレーザーが展示されます。

この中を歩いていると、数年先に出るレーザーの話題が手に入ります。

レーザー機器は非常に高価なので、購入する機械の選択は相当慎重に行います。
会場内を歩いているとどう考えても怪しいものもありますが、10のブースのうち1つは人だかりがあります。

そこでじっと話を聞いて、自分の医学知識に照らし合わせて考えて、“これは”というものを購入するのです。
今年も、昨年登場したフラクセルの話題が一人勝ちでした。

この機器は、レーザー治療の標準を塗り替えるような機器に成ると思いますよ。

 


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -