TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

世界の中心で愛をさけぶ

エアーズロックから帰国して、世界の中心で愛をさけぶをNetflixで観返しました。

主人公の2人はまさに僕と同年生まれの設定で、思わず感情移入してしまいました。

初めて観たのは機内でしたが、なんとも切ない物語ですよね。

映画

僕の幼稚園の時の同級生が、小学校に上がる前に小児白血病で亡くなったのを思い出しました。

僕が医者になる事を意識した一つのきっかけでした。


深夜便で一旦帰国します

再びシドニーに戻ってきました。

以前から訪れたかったエアーズロックですが、仕事のついでに立ち寄れて良かったです。

登山は2019年10月から出来なくなりますが、本当に生命の危機を感じますので、中途半端な気持ちでは登らない方がいいかもしれません。

帰国

昨年末も本年始めも海外はオーストラリア。

今年は縁があるのかもしれませんね。

深夜便で一旦帰国します。


世界最大の一枚岩

アボリジニの聖地であるこの場所は、実は写真が撮れない場所が沢山あるのです。

特にサンセットやサンライズでいつも見るビューの裏側は、写真は禁止されましたが、観たこともない地形が沢山並んでいました。

お見せできないのが残念です。

聖地_1

聖地_2

聖地_3

聖地_4

聖地_5

世界最大の一枚岩と言われていますが、一周すると3時間。

様々な紋様を見せてくれます。

地球の大きさを感じましたね。


日の出前のエアーズロック

日の出前のエアーズロック。

エアーズロックの開山は年平均3分の1。

特にこの季節は強風か37度以上の気温で閉山するため、月に4日ほどしか開かないそうなのですが、ちょうど昨日から気温が下がり、持ち前の運でワンチャンスを掴みました。

朝6時10分から7時50分までのみ開山になったのです。

中心_1

中心_2

中心_3

中心_4

中心_5

強風の中、ツルツル滑る45度以上の傾きの岩壁を登り、さらに鎖がない場所が3分の2以上。

これは相当危険ですね。

現にこの登山で命を落とした人が37名もいるのだそうです。

ビューは素晴らしいの一言です。

上ではあまりに強風のため恐怖で、世界の中心で愛を叫ぶ事なんてすっかり忘れていました。苦笑。


世界の中心が見えてきました

世界の中心が見えてきました!

アボリジニの生聖地であるエアーズロックは本年10月で入山禁止になってしまうのです。

アボリジニ

高さは東京タワーより15m高いのだそうです。

思ったより大きい。


カレドニアン倶楽部

メルボルンからの帰国の成田空港着陸時には馴染みのゴルフ場のカレドニアン倶楽部がよく見えました。

成田空港からスカイアクセス特急に乗り今度は羽田空港へ。

これから北に飛びます。

俺も何やってんだか。笑。

帰国_1

帰国_2

最近ファーストラウンジでは山崎12年が無くなってしまいましたね。

今日もマッカラン12年でした。


ユーレカタワー

メルボルン最後は南半球最高の高さを持つ展望台のユーレカタワーに来ました。

88階。

300m弱の高さですがメルボルンの街が一望ですね。

タワー_1

タワー_2

タワー_3

タワー_5

タワー_6

タワー_7

タワー_8

ユーレカは古代ギリシャ語で見つけた!という意味ですが、我々はアルキメデスの話しか知らないですよね。

実はオーストラリアでは金鉱が見つかるたびに、ユーレカの言葉を使っていたそうなのです。


グリーンクリスマス

グリーンクリスマス中のメルボルン。

イギリス風の街並みが続くので安心感があります。

確かに住みやすそうな街ですね。

教会でクリスマスの聖歌隊のコーラスも聴きました。

クリスマス_1

クリスマス_2

クリスマス_3

クリスマス_4

クリスマス_5

クリスマス_6

クリスマス_7

クリスマス_8

クリスマス_10

クリスマス_11

クリスマス_12

クリスマス_13

クリスマス_14

クリスマス_15

クリスマス_16

クリスマス_17

クリスマス_18

8時間の長めのトランジットしたので、街はほぼ全て回れました!


満開のジャカランダ

5月のギリシアで満開でしたが、再びメルボルンで満開のジャカランダに出会いました。

直ぐに散ってしまうので、北半球と南半球で桜に2度遭遇したようなもの。

今年はついているなあ。

花_1

花_2

花_3

花_4

花_5


メルボルンに着きました

メルボルンに着きました。

世界一暮らしやすいと言われる街を見てみたかったのです。

メルボルン

僕が1999年に書いた自律神経の英論文には、ロイヤルメルボルン大学から派遣された共著者がいたのですが、彼はどうしてるのでしょうね?


オークランド 最後の夜

オークランド 最後の夜。

ハーバーの先端にあるヒルトンが、周り一面海で本当に気持ちいいです。

良いところだなあ。

夜_1

夜_2

ニュージーランド限定のジーランスと南半球限定のペラップを沢山捕まえましたので、帰国したらポケモン交換しましょう。笑。

夜_3


工学系の学会

今回オークランドでの学会はレーザー医療の分野では無く 「EMN Meeting on Titanium-Oxides」という工学系の学会。

とってもニッチで地味なジャンルです。笑。

EMN は Energy Materials and Nanotechnologyの略なのだそうです。

EMN

今回はこのうち、酸化チタンに属する研究者が集まって講演するというもの。

一般的には酸化チタンは刺激の少ない紫外線反射剤として化粧品に使われるのですが、僕は工学博士研究の際に、レーザーの先端を酸化チタン加工する事で出力を数千倍にするという研究をして5報の論文(英文原著論文2報 英文プロシーディングス1報 日本語論文2報)を書きました。

学会_1

学会_2

さらに、この技術で特許申請にも関わりました。

特殊な技術だけに招待講演のお声がかかったんでしょうね。

展示会場もなく、医学の学会であれば、セッションに近いぐらいの規模でした。

写真も撮れなかったですね。

学会_3

学会_4

学会_5

学会_6

他の研究者のアブストラクトをみましたが、残念ながら自分の興味に合致するものはあまり無かったです。

まあこの学会が無ければニュージーランドにくる発想は無かったので良しとしましょう。

学会_7

学会_8

EMN aims to be a unique platform for leading scientists, researchers, scholars and engineers from academia, R&D laboratories and industry around the world to exchange, share and learn the most recent advancement on various aspects related to Titanium-Oxides.


ご当地ワインのVolcanic Hills

ワインの産地ニュージーランド。

ご当地ワインのVolcanic Hillsを一人飲み。

ワイン_1

ワイン_2

ワイン_3

ニュージーランドはブルゴーニュ地方に良く似た気候なのか、栽培の難しいピノ・ノワールの栽培にニューワールドでいち早く成功したのがニュージーランドなんだそうです。

なかなか美味しかった。

本当にワインは文化ですよね。

知れば知るほど奥が深く、五感も研ぎ澄まされる。

ニュージーランドは白の方が有名で赤の6倍作られているそうですが、上質のピノ・ノワールから造られる赤ワインは、「ニュージーランドのロマネ・コンティ」ともいわれるほど、国際的な評価も高いそうです。

こちらで得た知識の受け売りですが。笑。

ちなみに米国のレーザーメーカーのオーナーは株を売って引退すると皆、葡萄畑買ってワイン作り始めます。

僕も実践では各国で飲んでるんですが、一度系統だって学びたいですね。

でもきっと性格的にハマってしまうんだろうなあ〜。


世界のスパ10選

サマータイムが導入されたおかげで、ニュージーランドは日本より4時間も時間が早い地域になりました。

欧米やアジアなどの他の国ですと時間は日本の方が早いのが普通なので、なんだか不思議な感覚です。

NZ_1

NZ_2

NZ_3

こちらは世界のスパ10選にも選ばれた事のある由緒あるスパ。

湖の目の前の部屋で、マッドマッサージなるものを体験してみました。

NZ_4

NZ_5

NZ_6

NZ_7

この地域は温泉が多く、湯船に浸かりながら日本から持ち込んだ新書を3冊も読み切りました。

貴重な体験。

疲れた身体が復活しました。


12

新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -