TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

52nd Street

ニューヨーク最後は金融街のアポイントメント。
ny_01

ny_02

ny_03

有益な情報を色々聞くことができました。


ニューヨークでルギア

おー!ニューヨークでルギア捕まえました。

rugia

でもフリーザーは期間逃しました。

まだやってるのか!と突っ込まれそうですが、僕は遊びも仕事も全力投球がモットーで、

まだやってます。笑。


ロンドン経由アイスランドへ

本日夕方の飛行機で、ロンドン経由アイスランドに向かいます。

n

今回のニューヨークは3泊。
昼は仕事を入れていますので夜をどう過ごすかは1番の楽しみなのですが、
METオペラはシーズンオフ。

結局3晩すべてミュージカルを観ました。
ロンドンで観たばかりのアラジンを観ることも考えたのですが、
結局 CATS CHICAGO CATS という感じでCATSを二度観ることにしました。
CATSの完成度は素晴らしく、無駄な音も踊りも一つも無いですね。
観ていてまた新たな発見がありました。本当に飽きさせないです。


褒められたTOM FORD

 

それにしてもニューヨークはなんでこんなにゲイカップルが多いのでしょう?

サンフランシスコかニューヨークか、というかんじなのでしょうか。

美的センスへのこだわりが強すぎるので、マンハッタンに集まってしまうのでしょうか?

そんな僕も今回持って行ったこちらのバックがとても重宝しました。

ice_01

センス抜群だと色々な人に褒められました。

ice_03

ice_04

使い勝手も良いですよ。確かSALEで買ったものです。


by ZAHA HADID

ハドソンヤード前のハイライン(旧鉄道跡地の散歩道)に、日本の国立競技場をデザインしたZAHAさんデザインのマンションがありました。

20192118

近未来的ですね。


ハドソンヤード、Thomas Heatherwick

こちら、マンハッタンで過去最大規模の開発地であるハドソンヤード。

1110915

この規模の敷地の開発は、ロックフェラーセンターを超えるもので、初めてだそうです。

12

13

14

Thomas Heatherwickがデザインした高層ビル群が2期に分けて10棟以上も建つそうですが、ニューヨークの中心が変わるかもしれませんね。

投資家としてはこの物件は買いですね。凄く伸びそう。

誰か共同で会社作って一緒に買いませんか 笑?


3billionUSD

ニューヨークはSOHOにあるグーグルのビル前のレストランで会食。

76

5

このグーグル本社ビルは現在、3billionUSDもするそうです。

3,300億円ですよ!
これからマンハッタンで、今最も新しい開発地であるハドソンヤードを見に行きます。


ミュージカル CATS、NYでリバイバル

ミュージカルの名作「 CATS」 をご存知ない方はいないでしょう。

cats
僕はキャッツが大好きです。

 

劇団四季の公演は、日本語ながらも演出が本当に素晴らしくて、はまってしまいました。

 

横浜にキャッツシアターがあった際には6回も観に行きました。

 

思えば日本語から入ったミュージカルはこの作品しかなく、僕にとっては不思議な存在ですね。

アンドリュー・ロイド・ウェバーによるこの超人気ミュージカルが、ニューヨークブロードウェイで初演を迎えたのは、ロンドンウエストエンドに続く翌年1982年のことでした。

 

その後2000年に終演するまで実に約18年間のロングランとなり、「ライオンキング」に抜かれるまで、連続上演回数7485回という記録を持っていました。

 

実はそのキャッツ、今年年末まで、ニューヨークで現在リバイバル公演がなされているのです。

 

ちょうど一年前の2016年7月31日からニール・サイモン劇場で16年ぶりに上演が決まり、「もう一度あの舞台を!」という熱い観客で連日大賑わいなのだそうです。

 

cats_8

cats_7

僕がキャッツを知ったのは、2000年のニューヨーク公演終了の後。

ニューヨークで観たことがなく、今回はスケジュール上まさかキャッツを観られるとは思ってもいなかったのですが、うまくなんとか調整がつき時間を空けることができたので、早速券を手に入れて観に行ってきました。

 

cats_1

cats_4

細々と覚えている演出は日本版とはずいぶん違いましたが、懐かしいそれぞれの猫たちの独奏のメロディーと24匹の猫による合唱のハーモニーが本当に素晴らしく、さらにグリザベラがメモリーを歌うシーンは感動で目に涙が浮かびました。

ブロードウェイの劇場前では、子供達にキャッツの化粧をするサービスや舞台に上げてもらい、写真をとるサービスなどをしており、僕もついつい写真を撮って来てしまいました。

cats_3

cats_2

 

cats_6

cats_5

今年もニューヨークに来て、よかったなあ。

 

まさかのサプライズプレゼントとなりました。


2017 AAD Summer Meeting

2017 AAD Summer Meeting。

aad2017

 

蟄ヲ莨喟1

レーザーのセッションを聞き終えました。

米国皮膚科学会でもお馴染みのドクターで、僕のFB友達でもある Arisa Ortiz, Eric F. Bernstein, MD, Kimberly J. Butterwick, Neil S. Sadick, Robert A. Weissによるセションでした。

陝・スヲ闔ィ蝟・

学会_3

蟄ヲ莨喟2

議題は以下の6つ。

1)血管系疾患を最高効率で治療するにはどうしたら良いか?

2)フラクショナルレーザーによる観血もしくは非観血リサーフェシング施術を、Energy-Based Devices と組み合わせる施術。

3)色素斑をターゲットとした新しい戦術

4)スキンタイトニングの新製品。

5)非観血の脂肪溶解機器及びセルライトに対する新たな治療法

6)レーザー光治療機器をいかに安全にフィラーと組み合わせするか?

 

日本では少し廃れた感じのあるフラクショナルレーザー機器は、米国では未だに第一線の機種。

クリニックFでは、ヘイローやスマートサイドスクエア、フラクセル3デュアルなどの機種が一線で動いていることを考えると、日米の違いというよりも機器の使用方法の違いなのではないかと思います。

日本人の患者さんは、まだ肌質を若々しく入れ替える「リサーフェシング」という言葉にピンと来ていないのではないかと思います。

脂肪やセルライトによる痩身機器は、日本で評判の良い機器が必ずしも評価が高いとは言えないようで、人種差によるものもあるのでしょうね。

ただ、色素系レーザーと違って、この分野の治療法も治療機器も未だ完成したとは言えず、新たな機種がどんどん開発されているのも事実。

 

 

日本の学会であれば、この分野に臍帯血由来の幹細胞上澄液を加える話が出てきますし、クリニックFでもレーザーアシストのドラッグデリバリーは最も得意とする分野でもあるのですが、こちらは一部の商材しかFDAでは認可されておらず、ディスカッションには至りませんでした。

むしろアジアの方が進んでいる分野ですね。

 

陝・スヲ闔ィ蝟・

やはり、情報も機器も人も自分の足と目、耳、頭を使って取材するに限ると、当たり前のことですが改めて思いました。

 


Bryant Park

晴天のニューヨーク。

クリニックFのブログ国際学会周遊記で暫く背景にしていたほど好きな、ブライアントパークに来ています。

晴天_1

晴天_2

晴天_3

晴天_4

晴天_5

緑の中に大きなエンパイアステートビルディングが観られるのはこの公園特有なのです。

冬にはスケートリンクになります。


ハドソン川を越えてNew Jersey

ニューヨークに着き、最初に見に行ったのは、最近開発が盛んなニュージャージーの建物。

マンハッタン_1

マンハッタン_2

マンハッタン_3

マンハッタン_4

マンハッタン_5

マンハッタン_6

マンハッタン_7

マンハッタン_8

ハドソン川を越えてマンハッタンが見える景色が好きで、何度も訪れています。


AAD 米国皮膚科学会 夏季会

さて、着替えて

 

AAD_2

AAD_1

AAD米国皮膚科学会夏季会へ。

 

AAD_3

AAD_4

AAD_5

今年は薬学博士の学位審査があったため、10年以上通っていた3月の総会を欠席したのです。

半年遅れですが、世界のレーザー機器のトレンドを掴んでおこうと思います。


サイノシュア社「スカルプシュア」

今回のASLMS米国レーザー医学会では、1060nm波長のダイオードレーザーによる痩身機器、サイノシュア社の「スカルプシュア」が痩身セッションを賑わしました。

S1

本年のレーザー医学会会長のロバート・ワイス医師が開発に関わった機器です。

 

S5

このレーザー機器の理論と基礎実験が初めて公の場に登場したのは2年前、2014年のアリゾナ州フェニックスで開催された米国レーザー医学会でした。

僕も最も大きな会場でドラッグデリバリーの話を口演発表しましたので、記憶に残る学会でした。

S2S3S4

※※※

 

スカルプシュアは25分の痛み無いレーザー施術により、脂肪を減少させ、腹囲を減らすというもの。

 

皮下の過熱はラジオ波(RF)が主導してきましたが、今回は近赤外線のレーザーですので深達度は高いですし、熱による脂肪減少効果は確定的で、レーザーというエネルギーソースを使うのは楽しみです。

一方で5分以上、近赤外線を照射すると、コラーゲン減少と肌の老化を引き起こすという皮膚科分野の論文も多く登場しています。

さらに、欧米人の脂肪にとってとても効果的な機器が、アジア人では良い反応がない場合もあり、人種間にも違いがあると思います。今後の市場の判断が楽しみですね。


SAKURA PARK

コロンビア大学の近くにあるSAKURAパーク。

S1S6S3S2S4S5

100年の樹齢ですので木々も傷んでいますが、きれいな花を咲かせていましたよ。


COLUMBIA UNIVERSITY College of Physicians and Surgeons

NY滞在中は、マンハッタンの名門コロンビア大学を訪れました。

C1c2c3c4c5c6c7

College of Physicians and Surgeons が1767年につくられたこともあり、米国初のM.D.(Doctor of Medicine)学位はこの大学から授与されました。

いつかこういう大学で教鞭を執りたいなあ。


NYのお土産

さて、無事今朝からクリニックFの外来業務に復帰しています。

またよろしくお願いいたします。

 

1

こちらは、今回NYで買ってきたお土産です。

2

ニューヨーク図書館で買ったマグカップ。

34

ニューヨークの今昔の写真集。

56

そして街中でダンスしている写真集。

良い本が買えました。

受付に置いてありますので、良かったら見てみてくださいね。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -