TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

◆2013年8月ヨーロッパ出張⑩ ノイシュバンシュタイン城 ホーエンシュヴァンガウ城 リンダーホーフ城

おはようございます。

今日は8月27日(火)、クリニックFの診療日です。

今日は朝から来年度以降に開始する大学との研究の打ち合わせが一つあり、その後クリニックで診療、夕方より雑誌の取材と忙しい一日でした。

ようやくどちらもひと段落です。

14136_10201952772569358_169802468_2

こちらは、10月18日に開催される第36回日本美容外科学会総会のポスター。

東京工科大学応用生物学部光老化研究室の正木仁教授と共に、「新規ビタミンC誘導体の機能性」についてのランチョンセミナーの講師の話をいただきました。

今日パンフレットが送られてきましたので、ご興味ある方はご覧くださいね。

***********************

さて、僕のブログ国際学会周遊記は、先週滞在したドイツでのブログです。

ワーグナーを愛したバイエルン国王ルートヴィッヒ2世の足跡をたどる旅の続きです。

ミュンヘンでの打ち合わせの後、丸二日間レンタカーを借りることにしました。

朝、ミュンヘン中央駅で簡単な軽食を。

Img_5167

迷った末にこのようなお寿司にしました。海外で醤油のようなアミノ酸の味を味わえるのは寿司ブームのおかげですね。

東京でレンタカーの予約をしていたのですが、その時点でどんな車種になるかはわかりませんでした。

車を受け取りに行くと、なんと最新型メルセデスCLSシューティングブレイク。

Img_5488

俄然運転が楽しくなります。

この日のミュンヘンは快晴。

Img_5502

ちなみにこちらはナビの写真です。

ドイツの最新型のナビは、走行している道路の制限速度が表示されるのです。

左下に白黒の丸印が見えますか?

Img_5495

これが速度無制限のマークなのです。

この表示の時には、車も時速200㎞前後で順調に飛ばすことができます。

Img_5498

ドイツのアウトバーンは素晴らしいですね。

Img_5503

かなり距離が離れていても走行速度が速いので、目的地に早く到着できます。

Img_5183

まず一つ目に訪れたのは、リンダーホーフ城

Img_5202

こちらはルートヴィッヒ2世が最初に建てた城です。

Img_5210

内部の写真は禁止されていましたが調度品など細部のこだわりは相当なもので、ルートヴィッヒはきっと執着器質だったのだなあと改めてその後の彼の人生を考えてしまう局面もありました。

Img_5213

こちらの下は画集よりとりましたが、ワーグナーの「タンホイザー」の舞台を実現させるために作られた「ヴィーナスの洞窟」です。

Img_5217

この後、ノイシュバンシュタイン城に移動。

Dsc01986

観てください、このチケットの列。

日本で購入しておいてよかったです。

Dsc01991

丘の上にあるノイシュバンシュタイン城には徒歩で40分余りの登山が必要です。

途中見かけたのが、ルートヴィッヒが幼少時代を過ごしたホーエンシュヴァンガウ城です。

Img_5253

Dsc02040

ノイシュバンシュタイン城の麓にありますが、ルートヴィッヒが最後の城を作るときに幼少の時より慣れ親しんだこの場所を選んだのは、理解できる気がしました。

大汗をかきながら林の中を40分かけて登ります。

城が見渡せるマリエン橋まで行ってみることにしました。

Dsc02005

こちらも大混雑でしたが、観た景色は忘れられませんね。

Img_5264

Dsc02016

橋桁から下を観ると、この通りの高さです。

それにしても、ノイシュバンシュタイン城の周りを囲む環境は本当に素晴らしいですね。

Img_5265

風景を観ているだけで癒されます。

実際城に足を運びました。

Dsc02059

城の門をくぐるときは、ドキドキしましたね。

Dsc02071

内部のこの混雑ぶり。

15分おきにツアーが出ていて、このツアーの時間以外の入城はできません。

Dsc02076

城の内部は写真が禁止でしたので外観をを少しだけ。

Dsc02084

こちらがルートヴィッヒ2世です。

そして、内部から見たマリエン橋。

Dsc02073

岩壁の間にあることがわかりますね。

Dsc02093

僕はお土産にこのクッションカバーを買いました。

小学生の時にこちらの正面のビューのジグソーパズルを作ったことがあるのですが、こちらは空撮なのですね。


◆2013年8月ヨーロッパ出張③ ノイシュバンシュタイン城とルートヴィッヒ2世

おはようございます。

一昨日より48時間レンタカーを借りて、欧州を移動中です。

今回の旅の目的のひとつは、ワーグナー生誕200周年という記念すべき年に、ワーグナー芸術を理解し経済的にもサポートしたバイエルン王ルートヴィッヒ2世の人生をたどる事でした。

1845年に生まれて、1864年から1886年までバイエルン王在位にありましたので、ちょうど幕末から明治維新の頃の人。

プロイセンなどとのドイツ国内統合の争いという内的要因と、英仏などの列強との外的要因により、バイエルン国の存亡がかかっていた時代でしたよね。

芸術に現実逃避したとして「メルヒェン王」という名前もつけられたようですが、さぞかし大変な時代だったのでしょう。

こちらはルートヴィッヒの生まれたニンフェンブルグ城。

ミュンヘンの郊外にあります。

Img_6026

こちら、ノイシュバンシュタイン城。

20785_10201877551408876_1219857734_

バイエルン国王ルートヴィッヒ2世が渾身の力を込めて造り上げた最後の城。

城の中ワーグナーのオペラ「ローエングリン」「タンホイザー」「トリスタンとイゾルデ」さらに「パルジファル」をモチーフにした部屋を見学しました。

ルートヴィッヒ2世の「ワーグナー愛」がひしと感じられました。

彼の経済的援助がなければ、我々はワーグナー後半のオペラを楽しむ事が出来なかったのです。

一度この城に来てみたかったのですが、とうとう夢が叶いました。

555523_10201879488137293_991446903_

ノイシュバンシュタイン城を造り上げたわずか100日後、国家財政を破綻されるとして禁治産者に登録、さらにルートヴィヒはシュタインベルク湖湖畔のベルク城に送られ幽閉されます。

そして、1886年の6月13日にこの場所で、医師のフォン・グッデンと共に水死体となって発見され謎の死を遂げました。

レンタカーがないと来られない場所で、しかもかなり湖畔の森の中を歩きました。

ちょうど渡独中だった森鴎外も報道を知って衝撃を受け、この場所を訪れたのだとか。

そして、こちらがミュンヘン市内にあるミヒャエル教会。

Img_5112

こちらにはルートヴィッヒのお墓があります。

Img_5113

ちょうどミサをしていましたが、きれいな教会です。


◆2013年8月ヨーロッパ出張② ミュンヘン到着 ホーフブロイハウス

おはようございます。

ロンドンからミュンヘンに移動です。

Img_5091

ラウンジで見た記事。

ピアノのスタインウェイ&サンズが、投資会社に買われたのですね。

Img_5088

飛行機はドーバー海峡を超えて、

Img_5099

ミュンヘンまで2時間弱。

561548_10201855329733348_36929511_2

ヨーロッパは近いですよね。

Img_5106

ミュンヘン空港駅では、人工プールが特設されていました。

Img_5105

ミュンヘンへ空港から電車に乗り、約50分で中央駅へ到着。

見知った景色に出ます。

Img_5164

Img_5109

Img_5120

Img_5122

Img_5157

Img_5125

こちらでビジネスミーティングを無事終え、早速ビールを飲みにやってきました。

こちらの「ホーフブロイハウス」。

Img_5148

Img_5151

1005374_10201859259751596_113321166

Img_5140

仕事の後のビールは本当に美味しいですね。

僕は黒ビールの1リッタージョッキと白いソーセージを頼みました。

1185582_10201859263471689_115321559

Img_5145

Img_5146

違うビールも試してみました。

Img_5134

ドイツは何度も来ていますがミュンヘンには今まで縁がなく、この五月に初めて来たのです。

まさか、3ヶ月後にもう一度滞在する事になるとは、不思議なかんじです。

1173798_10201859269951851_211241598

細かい用事もすべて済みましたので、明日からはいよいよお楽しみの夏休み。朝からレンタカーを借りて各地を回ってみようと思います。

まずは、ミュンヘンからロマンティック街道を南下する予定。

ノイシュバンシュタイン城を経て、オーストリアのボーデン湖湖畔で夜に開催されるブルゲンヌ音楽祭に行ってきます。

ブログがアップ出来なくなるかもしれませんのでここでお伝えしておきますが、日本に帰国は19日朝の予定で、クリニックFの外来もその日からとなります。

それでは皆さんよい週末をお過ごしくださいね。


■2013年5月ドイツ出張㉕ ドイツからの帰国

おはようございます。

今日6月20日木曜日はクリニックFの僕の診療は休診です。

僕は工学部大学院に行って研究をしてきます。

クリニックのスタッフは出勤していますので、ご予約の変更や医薬化粧品の注文などがありましたらご連絡ください。

さて、今日のブログは先月滞在したドイツの最終日のブログです。

***********************

椿姫観劇の後。

ミュンヘンの街を、夜景を見ながら歩いて帰ります。

Img_3166

Img_3167

Img_3178

綺麗な街並ですね。

翌朝はミュンヘン空港からパリ経由の帰国となります。

Img_3189

小さな飛行機でパリ空港へ。

Img_3195

待っていたのは、偶然にもエアバスA380。

総二階建ての航空機です。

Img_3202

航空機ファンとしては、一回乗ってみたかったのですよね。

Img_3203

デッキの待合もこのようなデザイン。

スペースに余裕があっていいですね。

Img_3208

今回のイタリア往復もルフトハンザでしたが偶然にもこのA380でした。

何年も乗ることが出来なかったのに、このひと月で3度も搭乗することになるとは思いませんでしたよ(笑)。

Img_3211

ディレイがあったものの、無事に成田に到着し、クリニックFに直行しました。

ヨーロッパ帰国の場合、機内で一泊して、朝から診療というパターンが定着してきましたが、体も慣れてきますね。

Img_3215

長くなりましたが、これで2013年5月のドイツ出張記を終わります。

明日からイタリア出張記を始めますね。


■2013年5月ドイツ出張㉕ ミュンヘン バイエルン州立歌劇場 椿姫

おはようございます。

今日6月19日もクリニックFの診療日です。

昨日も朝から打ち合わせや取材、企業との打ち合せをこなしてきましたが、帰国の週はいつもばたばたしますね。

昨日は、一部の患者さんが取材の時間と重なってしまい、ご迷惑をおかけしました。

さて、僕のブログ国際学会周遊記は、まず先月書き残したドイツブログをまずは二つあげてしまおうと思います。

*******************

いよいよ、ミュンヘンのバイエルン州立歌劇場に入ります。

この日の公演はヴェルディの「椿姫」です。

今年は1813年のワーグナー生誕200周年であるとともに、同年生まれのヴェルディの生誕200周年でもありますので、ヨーロッパでは各所でヴェルディのオペラが公演されていますね。

同年生まれのワーグナーとヴェルディが後世に与えた影響を考えると、人生後半部分ではワーグナーに軍杯が上がるのでしょう。

ヴェルディはフリードリッヒ2世の庇護のもとのワーグナーの活躍に脅威を感じていたようです。

椿姫はいくつも登場する美しいメロディを含め、ヴェルディの円熟期の代表作品の一つと言えますよね。

Img_3107

動画を一つ見つけましたのでご覧ください。

椿姫は、このブログでも何度も登場していますので、ストーリーは割愛しますね。

ミュンヘンのバイエルン州立歌劇場。

初めて訪れましたがなかなか素敵です。

Img_3144

こちらが劇場二階中央の赤い天井の部屋。

Img_3116

左右にある青い天井の部屋。

Img_3118

装飾も美しいですね。

Img_3149

Img_3151

Img_3120

窓の外にはフラウエン教会の尖塔が見えます。

階下はラウンジとなっています。

Img_3106

Img_3105

劇場内で軽食を食べる人たちもいます。

そして劇場内。

Img_3123

Img_3134

劇場は赤と黄金色です。

色の対比が目のも鮮やかに飛び込んできます。

目でも耳でも酔わせる設備となっているのですね。

Img_3128

開演前には人がぎっしりとなりました。

Img_3140

Img_3141

椿姫は、世界で最も多く公演されるオペラだと言いますが、ストーリーの解りやすさも曲の美しさも格別ですね。

しっかりと堪能させていただきました。

Dsc00693


■2013年5月ドイツ出張㉔ ミュンヘン バイエルン州立歌劇場 ヴィッテルスバッハの宮殿レジデンツ 世界の痩身のための医療機器

おはようございます。

今日6月18日はクリニックFの診療日です。

朝9時より新しいクリニック計画のための早朝ミーティング。

現在のクリニックFは顔の肌質改善のためのレーザー専門クリニックですが、世界の最新機器を集めた痩身専門クリニックのプロデュースをする可能性が出てきました。

この計画が立ち上がった約3ヶ月前より、かなりの量の痩身機器に関わる英語の医学論文、工学論文も読み込み、準備をしてきました。

同じ英語の論文でも、質の開きがあります。

機器によっては大量の論文が通過していてFDAの認可が通っているものもありますが、根拠として測定されているデータが計測値や患者さんの主観(VAS visual analogue scale)のみであったりする場合、食事制限や運動療法などのほかの要素が併用された可能性もありますよね。

つまり、純粋な研究目的の論文と、機器や薬を売るために作られた論文があるということです。

ここはきちんと専門家の目から論文の妥当性を読み込みをして、機器を選別しなければなりません。

結論として、現在世界の市場で一定以上の認知を得て、しかも確実に効果があると認識されている痩身医療機器は

ウルトラシェイプ

クールスカルブティング

ヴェラシェイプ

ウルトラアクセント

AC BODY

リポソニックス

スムースシェイプ

スリムスペック

です。

HIFU RF 超音波 クライオ EMS IR 吸引+マッサージ 

などの技術の組み合わせで、それぞれの機能を持ちますが、現在これらの機器はどれもが相補的なものです。

国内のクリニックに複数導入されている場合もありますが、同じ痩身を目的にしても、患者さんにとってはそれぞれに適応があり、必要な機器が選択されていない可能性もあるのです。

これは消費者にとっては不利益ですよね。

秋頃には開業できそうですが、かなり大規模な面白い企画になりそうです。

またこのブログでもお知らせしますね。

さて、僕のブログ国際学会周遊記ですが、イタリアブログの前にドイツブログがあと三つ残っていました。

まずはそれを仕上げてしまおうと思います。

*********************

こちらがミュンヘンのバイエルン州立歌劇場です。

Img_2990001

この日の夜に予定されているオペラ「椿姫」の開演まで約1時間。

建物の左手にある、バイエルン王家ヴィッテルスバッハの居城、レジデンツとその宝物館を見学することにしました。

Img_3006

最初にこの建物に入るとき、受付の人が、僕の服装を見てこの後オペラの時間があると察したのでしょう。

「レジデンツは本当に大きいので、ゆっくり観ずに早歩きで見学したほうがいいよ。」

と教えてくれました。

Img_3003

確かに入ってみると本当に広く、建物の中を縦横無尽に、相当な距離を歩きましたよ。

Img_3043

Img_3046

Img_3047

宝物館の展示も見事なもの。

Img_2998

ほどよく歩き疲れた後、最後にオペラの前に軽食を食べます。

Img_3053

ビールとソーセージ。

Img_3063

そして豚肉、ジャガイモ。

Img_3055

美味しかったですね。

Img_3070

この場所から市庁舎まですぐです。

こちらの市庁舎の仕掛け時計(グロッケンシュピール)は、ドイツ最大規模なのだそうです。

Img_3071

こちらの人形たちは等身大なのだとか。

仕掛け時計が動くのを待っている人たち。

Img_3076

街中でコンサートをする人たち。

Img_3083

ミュンヘン名物の二つのネギ坊主頭のフラウエン教会。

Img_3086

Img_3093

このようなディスプレイもありました。

Img_3097

再度歌劇場へ。

いよいよ開場時間です。

Img_3096

続きを読む ■2013年5月ドイツ出張㉔ ミュンヘン バイエルン州立歌劇場 ヴィッテルスバッハの宮殿レジデンツ 世界の痩身のための医療機器


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -