TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

2011年7月ロシア出張・フラーレン国際学会33 モスクワにて天気一変 フライトディレイ

サンクトペテルブルグからモスクワへの旅も終わりに近づいています。

798

最終日はとても天気に恵まれて、観光日和でした。

ホテルから荷物を持ち出し、モスクワ空港行きの電車に乗り込んだ時のこと。

799

電車の出発前に、雲が移動する速度が随分速いなあ・・・と思っていたところ、

そのわずか数分後。

802

空模様が一変し大雨が降り出したのです。

あまりに急激な天気の変わり様にビックリ。緯度が高いとこういうことがあるのでしょうか?

さらに、ゴツゴツと何やら石が飛んでくるような音がしてきました。

800

写真でわかりますか?

隣のホームに落ちる雹(ヒョウ)です。

7月なのにも関わらず、大きさも一センチ大ぐらいの氷の粒がいきなり降って来たのです。

こんなに大きなヒョウを、僕は生まれて初めて見ました。

空港行きの電車に乗り込んでから5分も経過していませんので、まさに間一髪の出来事。

804

しかしながら、空港でもこの悪天候は変わらず。

悪天候のため2時間の出発ディレイを余儀なくされました。

帰国後はすぐにクリニックに向かったのですが、いくつか診察予約の変更をさせていただくことになりました。こちらのブログに続きます。

ともあれ、無事全日程を終えることが出来、帰国もできましたので感謝です。

国際フラーレン(ナノカーボン)学会発表で滞在したサンクトペテルブルグとモスクワの出張を終え、これで新国際学会周遊記ロシア編はおしまいです。


2011年7月ロシア出張・フラーレン国際学会32 ポクロフスキー聖堂(聖ワシリイ大聖堂)

モスクワ最後に訪れた場所は、ポクロフスキー聖堂。

聖ワシリイ大聖堂とも呼ばれています。

この聖堂は、クレムリンの壁外で、赤の広場の最も奥にあります。

7631_2

1560年にイワン大帝によって建築されたこの聖堂。

全部で9つの玉ねぎのような塔が合わさった独特な形。

ロシア文化を象徴した、「世界で最も美しい建築物の一つ」とも言われていますが、色彩の豊かさや、非対称の建築の独特の様式。

世界に類を見ないですよね。

7641_2

この玉ねぎの屋根をもつ塔の、一つ一つが教会なのだと聞いたことがあります。

7671

僕は、この建築物の写真を最初に見たときの、強烈な記憶を、とてもよく覚えています。

それは、1992年の冬に初めてロンドンに行った際に、モスクワ空港でトランジットしたときのこと。

寒い中、真夜中にターミナルで次の飛行機を待っていたのですが、モスクワの空港にこの聖堂の大きなポスターが貼ってあったのです。

とても独特な教会で、建築様式も目に焼き付いて離れない。

こんなに美しい建築物を、一度この目で見たいものだと当時は思いましたよ。

その次にこの建築物を観たときは、ゲームのテトリスのバックの写真だったでしょうか(笑)…。

7951

この場所を最後に、赤の広場を引き返し、ホテルで荷物をピックアップして、空港に向かいます。

今回は昔からの夢の一つが叶いましたので、感無量でしたね。

795


2011年7月ロシア出張・フラーレン国際学会31 モスクワ最大の百貨店 グム百貨店

この赤の広場には、1921年にレーニンの命によって建てられたグム百貨店があります。

754

内部は3つのアーケードが並んだ本当に巨大なもの。

日本ではここまでのインフラは整いませんよね。

757

車の展示

761

776

噴水

778

ダイソン掃除機の宣伝もあります。

779

この通り、アメリカの百貨店と変わりませんよね。

ブランドショップもありましたが、これは思ったよりも高額でした。

760

個人的にはちょうど内部に展示されていたスプートニック1号の模型展示に釘づけ(笑)。

1950年代後半に旧ソ連によって地球を回る軌道上に打ち上げられた、人類初の無人人工衛星スプートニク1号。

この衛星は、打ち上げ57日後、大気圏に再突入し消滅したのですが、世界各地でこの衛星から発せられる電波が受信され、特に冷戦中のアメリカでは「スプートニク・ショック」と呼ばれる現象がおきました。

地球上から水平に発射した物体を人工衛星にするためには第1宇宙速度以上の速度で発射することが必要です。

第一宇宙速度は、地球の地表すれすれに衛星として存在するために必要な速さで、約 7.9 km/s(時速28400km)。

この計算方法は、そういえば高校生の時の物理で習いました。

地球の重心を中心として速さvの等速円運動をした時に、質量 m の物体に働く遠心力と、その物体に働く地球の重力が等しいと仮定すると計算できるのです。

それにしても初速で時速28400kmの速度を出すには相当な技術が必要なはず。

まさか人工衛星の打ち上げ競争で、先を越されるとはNASAは思ってもいなかったのでしょうね。

ちなみに、第2宇宙速度とは、地球の重力を振り切るために必要な最小初速度の大きさ。

さらに、第3宇宙速度とは、地球表面から慣性飛行を行って、太陽の重力を振り切るために必要な最小初速度の大きさのことを指します。

これらもそれぞれ計算が出来るのですよ。

759

宇宙服の展示もありましたね。


2011年7月ロシア出張・フラーレン国際学会30 赤の広場にて

チャイコフスキー記念モスクワ音楽院から戻り、赤の広場へと向かいます。

747

こちらはロシア国立歴史博物館です。

その横の小道を通り抜けると。

750

赤の広場です。

右手に見えるのが先ほど訪れたクレムリン。

左手に見えるのがグム百貨店。

さらに奥に見えるのがモスクワのシンボル。ポクロフスキ-聖堂です。

751

右からクレムリン内部のスパスカヤ塔

中央がレーニンの遺体が安置されているレーニン廟

左手がポクロフスキー聖堂です。

753

こちらは赤の広場の一画に建つサガンの聖母教会です。

赤の広場の「赤」は共産圏の国々を連想させますが、ロシア語の「クラースナヤ(赤)」という言葉は、スラブ語で「美しい」という意味を持つ言葉だったのだそうです。

この広場の名前は社会主義とは関係がなく、「美しい広場」という意味だったのだそうですよ。


2011年7月ロシア出張・フラーレン国際学会29 チャイコフスキー記念モスクワ音楽院

モスクワ滞在中に是非訪れたいと思っていた場所がありました。

728

クレムリンの横のモスクワ大学旧館の角を曲がり、マーラヤ・ニキーツカヤ通りを北に向かってひたすら歩くこと15分。

740

チャイコフスキー記念モスクワ音楽院が見えてきましたよ。

1878年チャイコフスキーは同音楽院の作曲科教授を務めていたため、1940年チャイコフスキー生誕100周年を記念して現在の正式名称となりました。

737

この音楽院は、パリ高等音楽院、ニューヨークのジュリアード音楽院と並ぶ、世界3大音楽院と呼ばれるもののひとつで、ロシアでは最高の権威を持つ音楽院です。

この音楽院の創設者は、ニコライ・ルービンシュタインというピアニストでした。

彼はわずか31歳の時にこの音楽院を創設したのです。

ちょうどその4年前の1862年には、ニコライの兄アントンがサンクト・ペテルブルク音楽院を創設しているので、その影響を受けたのでしょう。

ロシアの音楽は、ルービンシュタイン兄弟なしでは語れないのです。

735

この音楽院の正面にはこのとおり、チャイコフスキーの銅像が建っています。

スクリャービンやラフマニノフ、リヒテルなど、数えきれない優秀な音楽家達を生み出しています。

729

音楽院に足を踏み入れた時から、どこからともなくピアノやバイオリンなど、学生が練習している楽器の音が聴こえてきます。

音楽好きにとってはたまらない場所です。

739

カフェがありましたので、立ち寄ろうとしましたが、残念ながら満席。

738

未来のリヒテルやラフマニノフがここから生まれるのでしょうか?

楽しみですね。


2011年7月ロシア出張・フラーレン国際学会28 ロシア最後の食事

今日8月6日は神宮花火大会の日ですね。

クリニックFも診療日で、少々ばたばたしていますが、ロシア帰国からそろそろ一月経ってしまいますので、頑張ってブログを上げようと思います。

夏休みの宿題のようになっています(苦笑)。

***************************

718

クレムリンから出てモスクワの街を少し歩きます。

軒先にチョウザメを飼っているロシア料理店を発見。

724

720

入店したのは昼前でしたが、このお店がお客さんでいっぱいになりました。

722

生野菜のサラダとロシア風スープを飲みながら一休みします。

721

夕方にフライトを控えていますので、考えてみれば、ロシアで食べられる料理はこれが最後です。

719

おいしかったですよ。


2011年7月ロシア出張・フラーレン国際学会27 クレムリン散策

ロシアの政治、宗教、文化の中心であるクレムリン。

実際に見てそのスケール感がはじめて分かりました(笑)。

714

かなり広大な敷地ですが、このような三角形に近い形の城壁に囲まれている土地を「クレムリン」といいます。

モスクワのクレムリンの原型となる城塞は12世紀に築かれたと考えられています。

外部からクレムリン内部に入る入口は二つだけ。

僕は最初に地図の写真で言うと左手城壁中央に見える、トロイツカヤ門から入りました。

667

この塔の下部がトロツカヤ門です。

まずトロツカヤ門をくぐると目の前に現れたのが、クレムリン大会宮殿。

本当に巨大な施設です。

662

664

このクレムリン大会宮殿の正面に見えるのがこちら。

668

ロシア連邦大統領府の国会議事堂とも言える元老院です。

669

元老院の右手には、

672

現在ちょうど修復中の大統領官邸があります。

ドミートリー・メドヴェージェフ大統領も、ウラジーミル・プーチン元大統領も、初代ボリス・エリツィン大統領この建物の中で執務を取ったと思うと、興味深いですね。

この大統領官邸の対面に、官邸に向かって大きな砲台が置かれています。

670

見学者の身長と比べてもらえればいかに巨大か分かります。目の前でみると見上げる様な高さです。

671

しかし、この砲台が官邸の方向に向かって設置されているのは、何か意味があるのでしょうかね(笑)。

684

さらに歩みを進めると、その横には高さ6m重さ200トンの世界最大級の鐘が展示されいます。

しかし、この写真の通り割れていて、一度も音が鳴らされたことがないのだそうです。

何でもこの鐘を鋳造製作中に火災が発生し、水をかけたため、壊れてしまったのだとか。

どんな音がするのか、一度、聴いてみたいですね。

さらにクレムリン内部を前に進みます。

クレムリン中央部には教会や聖堂がいくつも並んでいる広場がありました。

写真の中に小さく見える人の大きさを比較してもらえれば、この広場の広さが推測できますよね。

674_2

上の写真で中央に見えるのがイワン雷帝らの棺が置かれている1508年建立のアルハンゲルスキー聖堂。

675

その左手にちらっと見えている建物の影が、この写真の聖堂が1479年に再建されたウスペンスキー大聖堂。

こちらはロシア帝国の国教大聖堂です。

689

一番右奥に見えるこちら、皇帝の個人礼拝堂であった1489年建立のブラゴヴェシチェンスキー聖堂。

写真が撮れませんでしたが、内部の装飾は素晴らしかったですよ。

この三つの聖堂が三大聖堂と呼ばれています。

そして、この広場の写真の左に見えているのがこの鐘楼。

713

モスクワ・ロシアの初代ツァーリであった16世紀に活躍した1508年建立のイワン雷帝の鐘楼です。

この当時、モスクワにはこれ以上背が高い建物を造ることは禁じられていました。

この塔の内部では、クレムリンの歴史の映像ツアーがあったので、別料金を支払って参加してみました。

指定された時間にこの場所に行くと、最初に英語の音声ガイド機器を渡され、首にかけます。

698

塔の内部はこのように白く、この内側に映像を映写しながら、クレムリン設立の歴史の説明が加えられるのです。

697_2

一段落の説明が進むごとに、見学者は階段を登り階を上がってゆきます。

約一時間半にわたる説明の後、

705

最後に鐘楼の最上階で外に出られるのです。

700

上から聖堂を観る景色も素晴らしかったですね。

701

モスクワ河をバックに、スターリン・クラシック様式の芸術家アパートもよく見えました。

このツアーは別料金を支払う価値があると思いましたよ。

クレムリンを訪れる方は、お奨めします。

715

結局クレムリン内部には約3時間ぐらいいたでしょうか。

再び高い壁の外に出ました。


2011年7月ロシア出張・フラーレン国際学会26 クレムリンの城壁横のアレクサンドロフスキー公園

今日8月3日も、朝9時から工学部博士課程の必修講義が入っています。

講義に参加してからクリニックFに戻ります。

物理や医学の講義を英語で聞くのはなんとか理解できるのですが、昨日の化学の専門的な講義の英語はきつかった(苦笑)。レポートも沢山出ています。学生ってこんなだったなあ。

*******************

新国際学会周遊記ロシアブログを書いてしまいますね。

ロシア最終日。

チェックアウト後荷物をホテルに残し、クレムリンの見学に向かいました。

クレムリンという言葉はニュースで良く聞きますが、イメージが湧かないですよね。

クレムリンはロシアの政治、宗教、文化の中心であり、モスクワ最大の観光名所でもあります。

午後は入場口も非常に混雑するとのことで、朝一番で向かうことに。

651

左手の坂を上がるとかの有名な「赤の広場」なのですが、こちらは後回し。

まずはクレムリン城壁の外にあるアレクサンドロフスキー公園に入ります。

652

この公園を通り抜けてクレムリンの入口に向かいます。

657

743

744

この公園、思いのほか綺麗でした。

658

北方のロシアでは貴重な花も、夏の時期になると満開です。

654

反対側をみるとクレムリンの高い壁。

660

この城壁の内側がクレムリンになります。

661

いよいよチケット売り場につきました。この後ろが入口となるトロイツカヤ門。

こちらもチケットを買うために長い列に並びましたが、細かいセキュリティーチェックの後、いよいよクレムリンへの入場です。


2011年7月ロシア出張・フラーレン国際学会25 モスクワのデパート、ビュッフェ

観劇を終えた後、食事の場所を探します。626

まだまだ明るいのですが、すでに時間は夜10時半過ぎです。

ボリショイ劇場を傍目に食事ができる場所を探します。627

ボリショイ劇場のちょうど右横には、ツム百貨店というデパートがあります。

中を少しのぞいてみましたが、まだ開業中ですね。

628

ここ10年で飛躍的に経済が進歩したロシア。

ヨーロッパブランドのお店が並んでいて、日本の百貨店となんら変わりはありません。

こちらのお店に展示してあった車にふと目を向けると

638

日本の名車GT-Rでした。

637

この辺りはおしゃれなスポットらしく、

640

641

街を行き交う人もセンスが良かったです。

635

こちら、おしゃれなカフェだなあと眺めていると

VOGUE CAFEと名前がついていました(笑)。

636

しばらく街を散策した後、“ヨールキ・カパールキ”というブッフェ形式で食べられるロシア料理店に入ります。

633

日本で言うとファミリーレストランの様な風情でしたが

631

いろいろな味付けのロシア料理を楽しめました。

634

ロシアのお土産マトリョーシカも売られていましたよ。

156

食事を終えると日没でした。

明日の夜には帰国便に乗りますが、明日はこの写真のクレムリンを訪れようと思います。


2011年7月ロシア出張・フラーレン国際学会24 ロシア青年劇場で観た「くるみ割り人形」

今日は朝から大学院の講義ですが、午後にはクリニックFに戻る予定です。

新国際学会周遊記、先月訪れたロシアブログの最後の幾つかをアップしてしまいますね。

**********************

ノヴォデヴィチ修道院を見学したこの日、今回のロシア出張最後の夜。

ボリショイ劇場横にあるロシア青年劇場で、チャイコフスキーの三大バレエのひとつ「くるみ割り人形」のチケットを取っていました。

613

今回のロシア滞在5日間に、チャイコフスキーの三大バレエすべてをロシアの劇場で観ることができたことになるのです。

なかなかこんなチャンスはないですよね。

劇場に足を踏み入れるとこんな光景が。

614

この劇場は、ロシア青年劇場というその名の通り、子供を含む若者用の劇場だったようです。

ここで技術を磨いた後に、ボリショイ劇場でデビューを飾るのでしょう。

623

舞台袖には劇団員の写真が貼ってあります。

619

618

617

バレエ「くるみ割り人形」ですが、この演目は何度となく観ています。

620

昨年だけでも二回。

年末には来日したレニングラード国立バレエ団のものを観ましたし。

年初にはフランスのオペラバスティーユでも観ました(笑)。

チャイコフスキーの美しい旋律が好きなのもありますが、バレエの場合毎回演出が変わるので、同じ演目でも飽きることなく、何時どこで観ても楽しめるのです。

621

622

今回は、ロシア正統派のクラシックな演出でした。

624

かなり観客がいたのですが、おそらく家族や親族、友人が出演していた人もいたのではないでしょうか?

そういったことを思わせる、温かくアットホームな雰囲気でした。


2011年7月ロシア出張・フラーレン国際学会23 ショスタコービッチのお墓参り

この修道院の隣には、ノヴォデヴィチ墓地があります。

この場所に眠るのは、作家のチェーホフ、ゴーゴリ、作曲家のスクリャービン、ショスタコービッチ、エリツィン大統領などなど。

609

日本人から考えるとちょっと不思議ですが、墓地そのものがモスクワの観光スポットになっているようで、大型バスが次々と停まります。

6101

594_2

595

整地された墓地から

601

ショスタコーヴィッチのものを見つけました。

以前にサンクトペテルブルグで訪れたチャイコフスキーのものに比較すると質素ですね。

ロシアのお墓は、生前の故人を偲ばせるいろいろな彫刻があって、興味深く見せてもらいました。

5991_2

6061

バレリーナですね。

603

軍人さんなのでしょうか?

605

もっと大きなものもありました。

この墓地を出ると、高名なモスクワ大学が見えました。

611

共産圏でモデルにされたスターリン・クラシック様式の建築物ですね。

モスクワ市内には、この様式のビルが8つ(ただしその1つは建築中に資金難で頓挫)あるのだそうです。


2011年7月ロシア出張・フラーレン国際学会22 ヴォデヴィチ修道院と白鳥の湖

モスクワに移動した日の午後、500年近い歴史を持つユネスコの世界遺産、ノヴォデヴィチ修道院に見学に行きました。

1524年にスモレンスクがモスクワ大公国に併合された時に作られたこの修道院。

かなり広い敷地なのですが、周りがすべて高い壁に囲まれています。

579

612

モスクワの観光地で、なぜこの場所を最初に選んだのかというと、この修道院の横にある湖で、チャイコフスキーが白鳥の湖の構想を練ったといわれているからです。

577

修道院に入る前にまず湖に行ってみました。

574

まあ湖というよりは沼に近い感じ。

573

こんな「泳ぐな」の看板もあり。

ちょっと期待外れだったかなと思ったのですが

580_2

確かに美しい湖に見えるような写真も撮れるようです。

568

この修道院のシンボルであるスモレンスキー聖堂は、1524年の建築です。

581

内部のイコンとフレスコ画は確かに見ごたえがありましたよ。

582

585

588

修道院の横にはウスベンスカヤ教会。

591

内部も見事でした。


2011年7月ロシア出張・フラーレン国際学会21 サンクトペテルブルグからモスクワへ

さて、翌朝、サンクトペテルブルグの空港に向かいます。

550

こちらその朝に配達された新聞。

554

空港までの途中は観光地図もないので名前はわからないのですが、のようなブランデンブルグ門みたいな門もありました。

何かの凱旋門なのでしょうか?

556

空港につき、モスクワ便を待ちます。

558

559

機内でThe  Moscow Timesを読みましたが、こちらはノルウェイとの領土問題の話。

560

ノルウェイとロシア国境の海上で油田が発見され、その線引きが問題になっているのです。

日本は島国で、陸続きの国境を守った経験がないので、国境は常に攻めることで均衡を保つという、国際外交的概念が育ってこなかったんでしょうか。

いろいろと思うことがありましたよ。

028

モスクワ空港からはまた鉄道を使い、市内に移動します。

564

ちょうど5日前に訪れた、モスクワの駅に着きました。


2011年7月ロシア出張・フラーレン国際学会⑤ ボリショイ劇場新館で観た現代バレエ

急いでやってきた場所は、ロシア屈指の劇場であるボリショイ劇場です。

066

この巨大な旧劇場は約5年間再建工事に入っていましたが、今年の秋にいよいよ再開することになります。

072

0731

今回はこの劇場の左手奥にある、ボリショイ新館に向かいました。

057

モスクワ到着が遅れたのもあり、開始時間20分後に劇場に到着したのですが、幕は一幕しかありません。

クロークでトランクを預け、

054

交渉をしたら、二階席の自由席ならば劇中でも入っても良いとこと。

044

皆が観劇中で、誰もいない劇場の二階に向かいます。

048

新館とはいえ、旧館の内装が移動してきているのでしょう。

049

大きさも小さくて、どの席からも楽しめる、素晴らしい劇場だと思いました。

047

最後は世界平和を望むパフォーマンスだったのでしょうか?

演者が流し台で国旗を洗い、それを舞台に広げてゆくパフォーマンスをしたのです。

日本の国旗も最初に舞台に登場した5枚の国旗のうちの一枚にありました。

出てきた国旗の順番に理由があるのかわかりませんが、ロシアでもこういった表現ができるようになったのですね。

053

どの劇場もそうですが、観劇後、楽しそうに皆帰ってゆきましたよ。

043

劇場外観。

この日は、そのままホテルに向かい、ぐっすり眠ってしまいました。

翌朝早くに起きて、学会会場のあるサンクトペテルブルグに向かいます。


2011年7月ロシア出張・フラーレン国際学会④ 一路モスクワへ

おはようございます。今日も暑くなりそうですね。

今日は朝から夜ぎりぎりまで四谷で診療を行い、その後深夜シンガポールに向かう予定です。連休明けに戻りますが、その前にロシア出張記を早めに終わらせたいと思います(笑)。

こちらもまたしばしおつきあいください。

***************************

004

成田空港で利用したのは、エアロフロートロシア航空。

スカイチームのアライアンスなので、今まではあまり利用することがありませんでした。

014

006

ロシア上空は山脈あり、平原ありでさまざまですが、本当に広大な土地ですね。

008

ウラル山脈には残雪もあります。

011

緯度が高く、移動距離も長いので、天気も本当によく変わります。

015

022

モスクワ近くでは川に船が浮かんでいるのがわかります。

024

さて、到着したのはロシア・モスクワは新しくなったばかりのシュレメチェヴォ国際空港。

10時間余りの飛行時間です。

ヨーロッパにしては飛行時間が短い印象がありますよね。

025

この空港にはモスクワ市内に向かう鉄道があるのです。

028

前回はモスクワでトランジットしてしまいましたので、モスクワは初めて。

楽しみです。

030

エアポート特急はこんな感じの景色が続きます。

033

約35分でモスクワ北部の駅に到着です。

037

ロシアの文字は、慣れるまで時間がかかりますが、しばらくすると読めるようになりますよ。

038

039

モスクワの駅からは地下鉄を利用します。モスクワの地下鉄はこの路線図の通りかなり充実しているのですよ。

080

ロシアや東欧の街でタクシーを拾うと言葉も通じないこともあり、法外な値段を請求されることもあるのですが、空港からエアポート特急と地下鉄でモスクワ市内に行けるとなると安心ですね。

040

地中深くまでエレベーターが続きます。

041

こんな地下鉄が走っています。

075_2

モスクワ空港に到着してから、トランクを持ったままたどり着いた先はこちら。

どこだかわかりますか?


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -