TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

●2013年9月 ドイツ・イタリア出張⑫ リゴレットの舞台 マントヴァにて

おはようございます。

今日は9月30日(月)。クリニックFの診療日です。

朝から晴れ渡っている都心部。今日の日差しは暑いぐらいですね。

明日からはもう10月。

学会シーズンです。

僕も

◎第一週、トルコはイスタンブールで開催される欧州皮膚科学会(EADV)演題発表。

◎第二週、日本肥満学会にて学会発表。

◎第三週、日本美容外科学会にてランチョンセミナーの招待講演。

◎第四週、大阪の読売新聞主催の市民セミナーの講師。

◎第五週、株式会社JMEC主催のトータルアンチエイジングセミナーの招待講演。

など、ほぼ毎週学会やセミナーの講演発表が続く予定です。

そして、工学博士号取得のために通っていました工学部大学院の在籍期間は今日で終了。

今後は、工学部の研究室に研究員として身分を残し、次の研究を続けてゆく予定でいます。

137

そういえば、僕は医工学にまたがる次の仕事に必要なため、こんな本で勉強を始めました。

工学の知識がないと解読に時間がかかったこれらの本も、今ではずいぶん早く理解できるようになりました。

最近は勉強と研究が自分の趣味のようになってしまっていますが、このレーザー医工学の分野では、まだまだ勉強しなければならないことはたくさんあります。

引き続き、知識と経験を蓄えてゆこうと思います。

さて、引き続き、僕のブログ、国際学会周遊記は今月滞在したイタリアはマントヴァについて。

※※※※※

Img_6368

マントヴァは、ミラノからヴェネツィアに向かう路線にある小さな街。

しかしながらこの街は、北イタリアにおけるルネッサンスの中心となった街でもあるのです。

特に隣国のフェッラーラからゴンザーガー一族に嫁いだイザヴェッラ・デステ侯爵夫人によって芸術的隆盛がなされたのです。

そして、音楽ファンとしては今年生誕200周年を迎えたヴェルディの中期オペラの代表作であるリゴレットの舞台としても知られています。

Img_6369

駅を降りてすぐ目に入ったのが、このリゴレットという名前のホテル。

Img_6372

街並みはこの通り。

Img_6376

こちらがサンタンドレア教会。

Img_6378

Img_6385

Img_6386

少し歩みを進めると、リゴレットの家というものもありました。

もちろん空想の人物ですのでこちらに住んでいたわけではありませんが

Img_6395

有名な衣装を着たリゴレットの像もありましたよ。

Img_6388

Img_6389

路地を進むと

Img_6424

サンジョルジョ城

Img_6391

そしてドゥカーレ宮殿が現れます。

Img_6428

こちらは小さなマントヴァには巨大すぎる立派な宮殿。

ゴンザーガ家の経済力と、芸術に対する深い理解が、現在の文化的価値を作り上げたということですよね。

Img_6432

Img_6433

他の宮殿と違い、写真を自由に撮れるのがうれしかったですね。

こちらは星座の描かれた宇宙の間です。

Img_6437

さらに、夏の離宮として利用されてきたテ離宮にも行ってきました。

Img_6414

Img_6416

こちらの内部の写真は撮れませんでしたが、庭園が素晴らしかったですよ。

Img_6413


●2013年9月 ドイツ・イタリア出張④イタリアはマントヴァに着きました 

おはようございます。

僕は昨日ミラノでビジネスミーティングを終え、宿を取ったイタリアはマントヴァに電車で移動してきました。

1170664_10202006254946384_161364629

マントヴァの街は古くは紀元前6世紀にエトルリア人により築かれ、紀元前3世紀にはローマ帝国に編入されたとても古い街です。

1328年に芸術に理解のあるゴンザーガ家が支配を始めたため、盛期ルネッサンスにはミラノ、フェラーラと並ぶ北イタリアの三大文化都市となりました。

街並みはローマ時代の遺跡に加え、バロック、ルネサンス様式が彩りを加え、美しい景観を作り出しています。

この土地は画家のマンティーニャの出身地である事で知られています。

ゴンザーカ家の宮廷画家も勤めており、フレスコ画が沢山ありました。

そして、今年生誕200周年を迎えたヴェルディ中期の傑作オペラ「リゴレット」の舞台のとされる街なのです。

街を歩くと、ゴンザーガ家の造り上げた宮殿と、その離宮。

現在の田舎町には、ふさわしくない立派なファサードを持った大聖堂。

見所が沢山ありました。

「リゴレットの家」なるものもありました。

もちろんリゴレットは空想の人物ですので実際ここに住んでいた訳ではありませんが、昨年二度も観たリゴレットの舞台を、この街のイメージと重ねて想像するだけでわくわくしてきます。

欧州にいると、文化と芸術が街と密接しているのが感じられるのが良いですね。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -