TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

DEAD POETS SOCIETYを久しぶりに観ました

昨夜21時半ジャカルタ発のANA便に乗り、今朝無事羽田に到着しました。

Photo_9

機内では久しぶりにこんな映画を。

Photo_10

Photo_11

ロビン・ウィリアムス主演の映画「いまを生きる」。

懐かしい作品を久しぶりに観て、温かい気持ちになりました。

明日はまた宮崎へ出張。

日本肥満学会での発表です。

まずは今日一日の診療に集中したいと思います。


アヴェンタドール

夕方までになんとか今回の仕事をすべて終わらせ、空港に向かう前に荷物の引き上げと夕食をとろうとホテルに戻ると、ちょうど友人が僕に車を見せに来てくれていました。

Photo_4

ゴールドのアヴェンタドール。

Photo_3

Photo_5

一緒にレース場に行こうと何度も誘ってもらっているのですが、どうしても時間の余裕がなくなかなか実現しません。

今回は、ちょっと街中だけでも走ってみたら? ということでわずか10分ばかりのドライブを楽しませてもらいました。


ヘアメイクさんを伴って治療に来る患者さん

こちらは僕がインドネシアに来る度に何かと気にかけてくれるバリ島Wホテルのオーナー Magda。

1380768_10205253974537344_782601461

Magda3

 

いつもこうして場を明るくしてくれます。

成功者ですが苦労人でもあります。

クリニックで施術をされるときにはこうして専属のスタイリストがスタンバイ。

Magda2

施術終了後髪とメイクを整えてからクリニックを出られます。

運転手付きはもちろんですが、こうしたヘアスタイリストやシェフ、マッサージセラピストを専属で雇うことはあまり珍しい事でもないのだそうです。

富裕層に属している事はもちろんですが、日本とは人件費が違うという事なのでしょうね。

続きを読む ヘアメイクさんを伴って治療に来る患者さん


INDONESIA TATLER

引き続きジャカルタにいます。

僕自身は日中ほとんどクリニックの外に出られませんが、滞在中は代わりに様々な方が僕を訪問してくれます。

前々回の訪問で取材を受けた現地の富裕層向けの雑誌を発行されている雑誌社のオーナーが、今回は会いに来てくれました。

1471741_10205247299010460_1912526_2

Tatler3

1901821_10205247298370444_494498446

僕を取り上げて頂いた記事です。


白衣の採寸

今回はクリニックに新しくウルセラが導入され、そちらのトレーニングと注入療法についての指導がメインの仕事でしたが、合間に新しい白衣を作ることになりました。こちらで僕用に保管しておいてくれるそうです。

ボトルキープならぬ白衣キープですね。

採寸の様子。

 

Photo

Photo_2
10374510_10205247309450721_15770716

昔剣道をしていたせいか、僕は身体に対して手が長く、左右で手の長さも異なりますので、こうして細かく採寸を計ってもらえるととても助かります。

続きを読む 白衣の採寸


ジャワニーズ・アフタヌーンティー  

 

ジャカルタのグランドハイアットにて打ち合わせがありました。10155170_10205247295930383_54866326

10368190_10205247295650376_28895239

 

At3

イングリッシュ・アフタヌーンティーかジャワニーズ・アフタヌーンティーかの選択肢があり、せっかくなのでジャワニーズ・アフタヌーンティーを頂きました。

甘すぎて食べられないスイーツもありましたが(笑)、サンドウィッチ代わりの揚げ物など美味しかったですよ。

 


ダイアモンド商 

引き続きインドネシアはジャカルタにいます。

10402782_10205242007998188_32998559

こちらは、顧客担当のベンソンさんとピーターさん。

ピーターさんはダイアモンド商と不動産業を営んでおり、普段パリ在住ですが、ニューヨーク、ブリュッセル、テルアビブ、アブダビ、ペナン・・・と飛び回っています。

今回彼には接客技術含めやいくつかの考え方など様々なことを教わりました。

 


大統領就任式の日に 

昨晩の深夜便でジャカルタに飛んできました。現地時間で早朝6時に到着です。

Img_3326

今日は折しもインドネシア大統領就任式。

ASEAN諸国のトップが、続々とジャカルタに入っています。

街もいつもとは違った雰囲気です。

Police_1

Jkt

Jkt2

Jkt3

Jkt4

City

先導してくれたインドネシアの白バイの方と写真をとりました。

Img_3338

Mercedes

ホテルにはメルセデスと運転手さんたち。

荷物を置き、シャワーを浴びたら早速クリニックでドクターのトレーニングに入ります。


TYPO

短時間ですがこれを買いにお店に連れて行ってもらいました。

Keyboard2

Keyboard3

Keyboard

これ、iphoneにつけるblackberry様のキーボード TYPOです。

カバーとして取り付け、ブルートゥース接続です。

さが1cmほど長くなりますが、これは超便利です。

iphone6に買い替えられなくなりますね。


Kempinskiのスパ 

ジャカルタ滞在中はクリニックに朝から夜までずっと缶詰なので、中2日だけ途中ホテルのスパに連れて行ってもらいました。

最初がグランドハイアット。次がKempinski Hotelです。

ジャカルタのホテルはどこも入口の警備が厳重です。

Security1

Security

Hotel_front

ホテルを入ってすぐにインドネシア独立塔のモニュメントがありました。

Photo

 

Photo_2

Photo_3

よく見ると色とりどりのマカロンがぎっしり敷き詰められていました。

Spa

スパのフロント。施術は弱めの圧でお願いしたアロマセラピートリートメント。個人的には施設はグランドハイアットの方が好きでしたが、技術はこちらの方が上かもしれません。


TWG EMPEROR SENCHA

インドネシアでの滞在中は、基本的にホテルとクリニックの往復で、すべて車での移動となりますので、外気や気温、湿度を感じる暇もないようなかんじです。

室内がまた冷房が効いているので、半袖では時々寒いくらい。

クリニックに入ると毎日このTWGのお茶ばかり飲んでいましたね。

Tea

EMPEROR SENCHAがおいしかったですよ。


インドネシアより戻り外来はじめました

今朝がたインドネシアはジャカルタより羽田空港に戻り、四ツ谷で診療を再開しました。10626876_10204688116831255_75227148

機体は写真の787。

今回の日程は事実上6泊7日で、内2泊は機中泊の深夜便でした。空港到着後行きも帰りもそのまま外来やトレーニングと言うスケジュールでしたので、飛行機はビジネスクラスを予約していました。

機内で確実に寝て、身体に疲労を残さずそのまますぐ120%の集中力でもって業務や交渉に当たることがことができるように・・・との思いからだったのですが。

しかし、行きはガルーダのフルフラットで目論見通り熟睡できたものの、帰りのANA便は機体こそフレッシュでしたが、肝心のシートは残念、フラットにならない構造になっていました。

少しの角度の違いでこれだけ身体への影響が変わるのか、と驚くほどに睡眠の摂れ方が異なりました。最終日は本当に疲れ果てていたのでそのまま復路はぐっすり寝られるはずが、うまく眠れませんでしたね。


ボルボドゥールを諦めて

滞在の最終日が日曜日でしたので、本当は一日オフをとってジョグジャカルタに飛び、ボルボドゥール遺跡でも見に行こうと計画していたのですが、バリWホテルのオーナーの方に夕食をご招待頂き、急遽キャンセルすることになりました。

Img_0438001

急ぎスーツを着てレストランにお伺いしたのですが、アルゼンチン大使夫妻にノルウェー大使夫妻、ドイツ銀行の支社長など、招かれているのは現地のVIPばかり。

10344806_10204679586097992_14789747

10387217_10204679585537978_81866250

海外赴任者ならではの楽しい話題で盛り上がりました。

レーザー医療に興味を持ってくださる方も多かったですね。

10574435_10204679586538003_67611379

47階の窓からは、ジャカルタの景色が。

10547574_10204679587458026_81026310

10563034_10204679587658031_90998426

2億4千万人の人口を擁するインドネシアの首都。

大都会ですね。

沢山の出逢いに恵まれた、忙しいお盆となりました。


ジャカルタで実践中 10時間ダイエット

こちらでの日々は朝食を食べてから夜までノンストップで業務が続きますので、お昼を食べる時間はありません。

2

図らずも僕の提唱する「10時間ダイエット」を目下実践中です(笑)。

一昨夜はジャカルタ在住の日本人駐在員の方々と何人かお会いし、美味しいワインを頂きました。

様々なビジネスチャンスを見ながら、多くの日本企業がこちらに来ているのですね。

とても刺激を受けましたよ。

10590445_10204671675180224_12769218

また、日中も連日こちらの様々なビジネスシーンで活躍されている方がクリニックを訪問してくれます。

合間にお茶を飲みながらたわいもない話をしていると、思いがけない過去の苦労話を聞く事が多くあります。

平坦な人生というのはなかなかないものなのでしょうね。

 


ジャカルタで取材を受けています

引き続き僕はジャカルタにいます。

こちらの時差は日本から2時間遅れですので、朝は早くに目が覚めて楽ですが夜は会食中から少々眠くなりますね(笑)。

昨夜は、ドクターの指導や取材、打ち合わせなどを終えた後、夜の会食を兼ねたプレゼンテーション前にグランドハイアットのスパでマッサージを受けました。

途中完全に寝落ちしていましたが、指圧を中心に組み立てられたオイルマッサージは気持ちよかったです。

こちらでは、業務の合間にいくつもの日本語資料をその場で英語に訳し、プリントアウトしていくという作業もありますので、朝から夜まであまり息つく暇もありません。

ホテルとクリニックとの往復はすべて車で関係者と一緒ですから、外気に触れる事もほとんどありません。

出張の最後の方は集中力との勝負になってきますので、こうしたマッサージなどで途中リフレッシュ出来ると助かりますね。

取材風景などをすこしご紹介しましょう。

10357457_10204668269935095_528439_5

10620614_10204668270455108_62493428

10603390_10204668270935120_68752412

ウェディング雑誌や、富裕層向けの専門誌など。

これまでジャカルタの富裕層はこうした治療を受けたければシンガポールに行くしかなかったようです。

インドネシア〜シンガポール間を飛ぶシンガポール航空は、大家族に加えお手伝いさんやベビーシッター、時にはマッサージセラピストも同行させるインドネシアの富裕層で座席が一杯なのだとか。

政治や経済の状況が不安定な事で過去に辛酸を舐めた経験から、ある程度の富もシンガポールに移動させてあるようですね。

ジャカルタ〜シンガポールは飛行機で2時間弱ですから、沖縄や北海道から東京に来る、というような感覚なのでしょう。

とはいえ、それも負担が全くない訳ではありませんから、ジャカルタ市内にこうしたレーザークリニックが出来た事は歓迎されている一面が確かにあるようです。

それを見てここにも、と考えるマレーシアなどの国もあるようですね。

環太平洋という視点で経済を見ることは、日本国内にいるとなかなか叶わない現状がありますので、ここで様々な人に会ったり話を聞いたりする事は大変勉強になります。

実際昨夜も新しいビジネスのプレゼンを行なってきましたが、日本に会社を興す意味はどこにあるのか? という議論から発展して様々な意見を聞く機会を持つ事が出来ました。

医療/工学/経営という僕自身が興味を持ち勉強している分野を繋ぎ合わせて、様々な模索を行なっています。


GLOBE ASIA

10時からドクターのトレーニングや取材、クライアントへの対応などが控えています。

トレーニングでは様々な質問が医師たちから飛びます。

例えばサーマクールについて。シンガポールで施術を受けたクライアントは900ショット打ってもらってると言う。ショット数の違いを聞かれたらどう答えるべきなのか。

クライアントのどこを見て、パワーや打ち方を変えているのか。

レーザー照射後にフィラーを足す場合、何をどう見て判断すべきなのか。

フラクショナルCO2についても同様に様々な質問が出てきます。

怪我の傷跡が残る患者さんへの照射の仕方や、施術後の仕上げ方、薬の内服や、クマの判断の仕方・・・などなど。

また、ドクターも含めたスタッフのクライアントへの対応についても、相談にひとつひとつ応じて行きます。

クライアントの迎え方、カウンセリングでの応じ方、施術に満足感を感じられないと言われた場合にはどう対応すべきなのか、ドクターとしての立ち位置など、細かく話をしていくのです。

話をしたり、技術を指導していくうちに、だんだんとドクター達が自信をもったり、安心して行く様子が目の前でクリアにわかっていくので、僕としても非常にやりがいを感じる仕事になっています。

これも僕なりの大事な国際交流ですね。

以前来たときに取材を受けたものが、今回は記事になっていました。

1554631_10204656922411414_171994367

10358126_10204656910611119_59712502

土曜日までここで過ごします。また状況をアップしていきますね。


いつものKERATON HOTEL

チェックインしたのは、いつものKERATON HOTEL。

こちらで生けられてる花を見て、いつも気持ちがリフレッシュします。

10616071_10204654595433241_157632_2

10574367_10204654595273237_52160066

7時にホテルに入り、アンパックをして軽くシャワーを浴びた後は、ブレックファストミーティングを経て早速現地のクリニックに向かいます。


日本車の街 ジャカルタに来ています

12日の診療を終えた後羽田空港に向かい、日付が13日になった深夜インドネシアはジャカルタに向かいました。10543650_10204651285830503_612491_2

2_21

3_2

10577116_10204654595833251_118866_2

10542875_10204654595673247_10363936

2ヶ月ぶりのスカルノハッタ空港。今回も陽が昇る時刻に到着です。空が綺麗。

空港から市内までは、また現地の警察車両が先導してくれます。

10616695_10204654596273262_51731693

しかし、インドネシアは本当に日本車が多い国です。

乗用車とバイク、どちらも90%は日本のものではないでしょうか?  

タクシーはスカイブルーに塗られたトヨタ車。警察の車両もトヨタ車とヤマハ。日産、スズキ、三菱、ホンダ、マツダ・・・とちょっと圧巻なほど、右も左も日本車だらけです。

海外出張の多い僕ですが、こんな国を見る事はなかなかないかもしれません。

大統領選が終わったばかりのインドネシア。この日も朝からデモが行なわれていました。


バナナのお菓子

収録後、スタッフの方に勧められてインドネシアの軽食を頂きました。

P6190385

どうやら僕のためにわざわざ用意していてくれたようです。

445

バナナと米粉でできた、粘度の軽いういろうのような、ほんのりと甘いお菓子。

包んである緑色の葉もバナナのものです。

ちょっと疲れが癒されました。

午後はいよいよ施術指導。クリスタルクリニックに戻ります。


撮影現場

撮影現場です。

P6190285

インドネシア語・英語・日本語の通訳の方に隣に座ってもらうかどうか、

少し試しましたが結局通訳なしに。

キャスターの女性とDr.エディがインドネシア語でやり取りするパートのあとに、

僕が入って3人で英語でディスカッションする、という構成になりました。

P6190291

P6190320

本番中は会話をすることができませんし、

Dr.エディとキャスターの会話はインドネシア語のため、

話の流れが今一つわからないのがちょっと不安…(汗)

二人だけのパートの収録が終わり、すぐに三人での収録にうつります。

Img_2560

グリーンバックのスタジオでカメラチェック。

このグリーンバックに、スタイリッシュな背景が合成されます。

Img_2559

Img_2557

Img_2556

「この10年でレーザー治療器はどのような変化を遂げたのか?」

「ドクターショッピングをすることについてどう思うか?」

などの、質問に対して僕の見解をお答えしていきました。

撮影は30分ぐらい続いたでしょうか?

P6190378

P6190295

P6190380

無事に終わってホッと一息。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -