TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

アウトリガーカヌークラブ 幸せの白ウナギ

ハワイ最後の夕食はこちらで頂きました。

2351

会員制のアウトリガーカヌークラブですが、東京アメリカンクラブの会員だと使えるのだそうです。知りませんでした。

夜にはこの海に見る事が出来たら幸運になるという白ウナギが現れるそうなのですが、、、。

4

実はこの後その白ウナギを見ることができたのです! 嬉しかったなあ。


ハワイ史上最高額のコンドミニアム Park Lane Ala Moana

お友達の北紺さんが滞在しているパークレーンを見学させて頂きました。

k2k3k4k5

ハワイ史上最高額のコンドミニアム。

アラモアナセンターの真横に完成したばかりですが、木材をふんだんに使った贅沢な作りに感動しました。

 

k1北紺さんありがとうございました!


今日の僕の職場

今日の僕の職場。

出張が長いので、クラッシュする可能性を考え、Mac Book Air, Surface Pro 4, i Pad Pro12.9inchをそれぞれキーボード付きで持って来たのですが、研究、医療、経営とそれぞれ目的を変えて使えますので、マルチタスクで仕事をする僕にはぴったりでした。

PC

今度からこのパターンにしよう。

どの機種も一長一短ありますものね。


サーフィン

30年ぶりぐらいにテイクオフしました(笑)。

 

繧オ繝シ繝輔ぅ繝ウ_3

 

ダイヤモンドヘッドを背に立ち上がった写真を撮ってもらいましたが、いい記念になりました。

サーフィン_1

サーフィン_2

 

体重も重くなっていたので心配でミドルボードを選択したのですが、二度目のトライでちゃんと波に乗れるようになり、かなりのロングライドも楽しみました。

昔体が覚えたことは、なんとかなるものですね。


オアフ島に入りました

全米皮膚科学会の夏季会が開催されるニューヨークに入る前に、オアフ島に一度入りました。

今関わっているビジネスでこちらの銀行と弁護士さんとの打ち合わせがあったのです。

 

o2o4

 

空き時間にバケーションでこちらに来ている何人かの関係者とも、打ち合わせできました。流石に暑くてゴルフはやる気になりませんが、普段と違いハワイ独特なリラックスムードの中、良い打ち合わせが出来ています。

 

沢山の読書も。

 

まだ海には入っていませんが、明日は久しぶりにサーフィンでもやろうかと、個人レッスンコーチを予約してみました。こういう時間も大切ですね。

 

o1
今年は僕にとって大きなターニングポイントとなりそうです。

 

僕は30歳ぐらいの頃から、MD(医師)、PhD(研究者)、MBA(ビジネス)の三つの学位を意識して、自分なりに”人格”を演じ分けそれぞれの目標設定をしてきたつもりですが、ここ数年割としんどい思いをしてきました。

 

それが、ここへ来てようやく長く暗かったトンネルの先に光が見えてきたと言いますか、先の道筋に対して輪郭をはっきり思い描けるようになったと言いますか、頑張ってきた日々は正しかったと思えるようになったのです。

 

たとえば医師、そして一医院の院長としては、模索しながらクリニックFを10年作ってきて、途中悩み迷う日々もありました。

 

ですが、健康な人に提供・提案する新しい医療「レーザーアンチエイジング」のみに焦点を当て、さらにそこから僕のアンテナに引っ掛かるものだけを残すことで、患者層がより一層クリアとなり、治療に必要な医師の技量と特性、レベルも明確になりました。

 

その物差しに準ずる若く優秀なドクターが参加してくれるようになりましたので、クリニックF自体がレーザー医療を教え、その後それぞれの進路になんらかのきっかけを与える「後続指導のインキュベーター」としても存続・成長する形が見えてきました。

 

研究者としては無事に薬学博士が取得でき、目標としていた大三元(医学 工学 薬学 または 生物学 物理学 化学の理系三部門の博士号)が揃いました。

 

すでに役満確定ですかね(笑)。

 

そして、長く関わってきていよいよ3月に上場を迎える企業や、一部上場企業のヘルスケア事業への参謀の依頼などなど、ビジネスでも新しい流れの道筋が見えてきて、ここでもやはり辛かった日々が無駄にはならないことを実感しています。

 

こちらでお会いしている方々には顔出しNGの方もいらっしゃいますが、写真を少し載せておきます。

 

 

o3o5

有名な方もいらっしゃいます(笑)。


「アクアセリア」の講演依頼

来年3月にハワイで開催される酸化チタンの学会で招待講演のインビテーションを受けました。

今年の9月のスイスで発表したブルーライトから赤外線を遮断する酸化セリウム「アクアセリア」の講演依頼だと思います。

ちょうどこの時期、ワシントンDCで開催される全米皮膚科学会で渡米予定で、時間が合えば是非参加したいと思います。

ハワイ

Dear Dr. Fujimoto,

On behalf of the conference chair and committees, it is our great pleasure to invite you to deliver an invited talk for the EMN Meeting on Titanium-Oxides taking place from Hawaii, USA from March 27th to 31st, 2016 (http://emnmeeting.org/Titanium-Oxides/).

The EMN meeting began in 2008 as a small workshop held at a traditional villa in Orlando, Florida. Since then the conference series have grown beyond the traditional villa setting and become global events with a general theme on Energy, Materials and Nanotechnology. The number of EMN conference sites has expanded with annual locations all over the world, including Orlando, Las Vegas, and Houston, Cancun, Chengdu, Beijing, Hong Kong, Phuket and Istanbul.

Please tell me a tentative title of your presentation and you are welcome to recommend new workshops if you could accept our invitation.

We are sure that your contribution can add an important dimension to the topics of this conference again and we are looking forward to hearing from you soon.

Best regards,
Conference Assistant of EMN Meeting on Titanium-Oxides 2016


ホノルルから帰りました  

ハワイはホノルルより帰国しました。

10463888_10204427583678089_90327011

オアフ島にいたというのに、ビーチに出ることが出来た時間は最終日の早朝、わずか15分。

Img_0328

朝食のコーヒーを持って、停めてあったカヌーの上にカメラを載せて、セルフタイマー撮影です。

7月12日の夕方に成田空港に到着。

さらにその足で、まずはクリニックFへ。

患者さんを診たのちに、薬学部大学院に講義レポートを提出に。

こちらも、締め切りギリギリだったのです。

一日が長いですが、まだまだ続きます。

夜は20時から医師会に参加しました。その模様は次のブログで。


ホノルル Dr. Ferguson とのサーミRFトレーニング

昨日はハワイ州はホノルルのコーラルのあるDr. Fergusonのクリニックに行き、サーミRFのトレーニングをして頂きました。

10513291_10204398842119568_81817247 

ドクターファーガソンのクリニックはこちらの場所に移動して5年になるのだそうですが、同じ場所に1971年から開業していた先生がいらっしゃるそうで、とても歴史のあるクリニックでした。

Img_2682

Img_2680

窓からのハーバービューが美しく、海をバックにした手術室はインパクトがありましたよ。

Img_2681

10527908_10204398841119543_22775730

10525372_10204398841359549_18280619

Img_2688

ハワイ州のデザイナーが描いてくれたVI(ヴィジュアルアイデンティティ)だそうです。綺麗ですね。

米国でとても話題になっているサーミRF。

Img_2684

RF針を体に刺して、脂肪を溶解させたり皮膚組織を縮めたりするのですが、今回はナーブスティムレーター(神経刺激装置)を利用して、ボトックスの様に目の周りの神経を止めてしまう方法を伝授して頂きました。

ボトックスのような毒素ではなく、神経を直接焼きますので、長時間効果が持続します。

神経を焼く部位も、目の周りであわせて10カ所ぐらい。

10516764_10204398842759584_55862472

ファーガソン先生の言葉を借りると、決して派手な手術ではないけれど、手技の上達には工夫のしがいがあるよ、とのこと。

神経を焼き切ってしまうという考えが日本人の感性に合うかは分かりませんが、米国ではサーミRFを用いた学会検討発表が多いのもよくわかりました。

さて、僕はこれから数時間後に日本へ。帰国便に乗ります。

帰国後、銀座のブルガリビルで開催される関東美容医師の会に出席し、翌日は浦安のディズニーワールドで開催されている日本美容皮膚科学会で、朝からスポンサードの招待講演です。

帰国したら、また全力で走りますね。

本当はもうひとつ、美容ではない病気を治す医療関係の仕事もしてきました。

このブログにはまだしばらく書けないのですが、時期を見て公表したいと思います。


美容医療を共有智に

医学の分野は、元々腕の良い医師の独自の理論と技術によって進化してきたいわば職人技術でした。

こうした理論は、90年代より統計学と英文論文という手段によって、「共有智」となりました。

しかしながら、美容医療の分野は、学会といえども個人の経験値の発表に終始しており、いまだ残念ながら共有智にはなり得ていないという現状を否めません。

10325561_10204393228659235_16622889

現在、日本の美容関連医師の中で、定期的に英文論文を発表している医師は僕を含めて4名。

限られた時間の中、研究し、英文論文を書く作業は大変な労力と時間を伴いますが、医師として研究者として、僕はここだけは譲れない価値観であり、どんな事があっても努力を続けてゆきたい作業だと思っています。

世界の一流の理論と技術を自信を持って自分の患者さんに提供したい。

そんなことをオアフの解放感ある空気の中で考えていました。

10489860_10204393228099221_19148151

他人にどう評価されるかという事は全く気にしていませんが、果たして自分が世界の同じ分野の中でどこまで通用するのかには興味があります。

自分の能力との戦いですね。

今年もあと6ヶ月になってしまいました。

時間は限られています。僕の出来る事をひとつひとつ、マイペースで積み上げてゆきたいと思います。


オアフ島より 

ハワイのワイキキビーチにやってきました。

日本は金曜日になったところでしょうか?

10394789_10204393227539207_84430407

日本は台風が上陸する予定があるようですが、こちらは素晴らしい天候に恵まれました。

季節的にもノースショアよりこちらの方が波も良く、多くのサーファーが水飛沫を上げています。日本とは違う海とダイアモンドヘッドの姿に心癒されますね。

米国時間で昨日に予定されていたアポイントが、先方の先生の都合で今日の午前中に移動となり、昨日が全くのオフになりました。

10445582_10204393227699211_49176077

僕は読まなければならなかった英文論文を一気に読み込みましたよ。

美しい海を見ながら、大変集中する事が出来ました。

10489903_10204393227859215_65187032


ハワイからの帰国とマイケル・サンデル教授

108

火山島であるハワイは、パワースポットだといわれていますが、この穏やかな海を毎日見ていると確かに癒されますね。心も身体も緩んで仕事に復帰できなくなりそうです(笑)。

短い滞在でしたが、アラモアナショッピングモールにも行ってきました。

276

ちょうどハワイ大学の吹奏楽団がモールの中心で生演奏をしていましたよ。

チューバが10本ぐらい並んでいる真横で見えたので、迫力ありました。

約30分ぐらいの演奏でしたが、子供からお年寄りまで人が集まって大変でした。文化度が高いですよね。

158

ワイキキビーチから離れて、こんなところにも行きました。

ハワイに行きなれている人は、どこだか分りますよね(笑)。

294

298

昼過ぎからクリニックFの外来を開けるために、最終日の早朝にホノルルを出たのですが、遠ざかってゆくダイヤモンドヘッドが寂しかったですね。

本当にリラックスできる時間でした。

300

今回の機内では、この本を一気に読破しました。

NHKの教育テレビで放映された、ハーバード大学史上最多の履修生を誇るマイケル・サンデル教授の哲学講義である「ハーバード白熱教室」の日本語版です。

とある大学教授にご推薦を受けて、僕も毎週観るようになったのですが、さすが世界のハーバード大学。大学生の時にこんな魅力的な講義を受けることができたら刺激的ですよね。

お勧めします。


オアフ島の本屋さんで

海外に行ったときの楽しみは、地元の本屋さんに行くこと。

156

今回オアフ島で立ち寄った本屋さんでは円高の影響もあって、医学書が本当に安い! 本をかなり買いこんでしまい、そのためにかばんをひとつ買うはめになりました。

155

ダイエット本もたくさんありましたが、僕が気になったのはこれ。

154

最近は日本のORIGAMIの英語の本がたくさん出てますよね。

もう20年前にヨーロッパを旅行しているときに、ローマからアムステルダムに向かうアリタリア航空の飛行機で、隣のオランダ人と話が盛り上がって、じゃあ記念に日本らしいものをプレゼントするよと、「折り鶴」を折ったことがあります。

これを見ていたCAさんが、「すごい!」と大騒ぎ。

たくさんの紙を持ってきて、折ってくれと頼まれました。

時間もあって手持無沙汰だったんで、CAさん全員分を折ったのを思い出しましたよ。

そういえば成田空港で、ちょうど折り紙のコーナーがありました。

これがどれも本当に秀逸で、しばし足を止めて見とれてしまいましたよ。

0021

002

少しご紹介しますが、日本の素晴らしい文化の一つですよね。

006

一つ見つけたのがこのお雛さま。全部一枚紙なんですよ。

感動しました。


ドルフィンクエスト

102

カハラにも行ってきました。

090

カハラは高級住宅街として知られていますが、そこで有名なザ カハラ ホテル&リゾートです。

044

宿泊が目的ではなく、向かった場所はこちら。ドルフィンラグーン。

047

083

子どもから大人まで幅広い年齢層を対象としたその名も「ドルフィン・クエスト」に参加できます。

046

僕も一度参加してみたいなあ・・・と常々思っていたのですが(笑)、今回は参加できましたよ。

049

イルカに触るなんて、もう30年も前ですが、地元の江の島水族館での夏休み特別企画、小学生限定の水族館探検プログラム以来。

硬くて、やわらかいプラスチックのような「つるっとした感触」を思い出しましたよ。

ほんとは小笠原や御蔵島で野生のイルカを見たいなあ・・・と思いながら、東京にいると忙しい毎日に流されてなかなか機会がないんですよね。(小笠原は竹芝桟橋から片道25時間半もかかると言うんですから!)

オアフ滞在中気軽に行ける、という点でドルフィンクエストは良かったですが、やっぱり野生のイルカを一度見てみたいですね。


ハワイの運転免許を取得する

今回のハワイ。プライベートの時間をとったひとつの目的は、運転免許の取得でした。

ハワイ州の運転免許を取得すると、ハワイに住む人々(ロコ)の現地割引料金(カマアイナレート)で、ハワイを楽しめるのです。

ちなみにゴルフは約1/3の価格。

ハマナウベイなどのハワイ州立の観光施設は基本的に無料。

ホテルも安く泊まれます。

通常アメリカでは、社会保障番号(ソーシャルセキュリティナンバー)がないと免許が取れないのですが、ハワイ州だけは、ハワイに住所のない日本人も現状では免許を取得できるシステムになっています。ただ、法改正がいつ行われるかわからないそうです。

年間300人程度の日本人が免許を取得しているようですよ。

こうした日本人免許取得サポートを請け負う会社がハワイに8社あるそうなのですが、僕が紹介され、お願いした方は、このサービスを約10年前に、ハワイで最初に始めた方でした。

164

初日の朝早くに、ソーシャルセキュリティ番号がないことを証明する書類を連邦局にもらいに行きます。

166

これが書類です。ハワイで仕事をしていないことを証明するものです。

その足で免許センターに向かい、学科試験です。

167

免許の取得をお願いすると、運転免許の学科問題集がメールで送られてきます。

英語の問題が約170問。これを行きの飛行機で読んでいきました。

実際の学科試験は30問のマークシート。英語での表記しかないので完成するまで何時間でも考えていいと言われました。過去、2時間以上時間をかけた方もいらっしゃったようです。僕もけっこう時間がかかるのかな・・・と覚悟していきましたが、あっさり10分で終了してしまいました。ちょっと自分でも拍子抜けしましたよ。その場で採点してもらったところ、満点でした。

ちなみに30問中29問は問題集で見た問題そのもので、残りの1問はチャイルドシートの問題でした。予習復習をするまじめな日本人で、英語がある程度わかればきっと皆満点ですね。

この日はこれで仮免許証が発行され終了です。

翌日は朝5時半から実地の試験の練習。実地の試験はハワイでの交通教則に沿っての運転を、教官を乗せて10分程度行いますが、その同じコースを約2時間ぐらいでしょうか。練習させていただきました。

実地試験の合格率は9割程度だそうです。でも、横断歩道に歩行者がいるときに交差点に進入したり、中央線を踏むなど、一発試験停止のトラップがいくつかあり、練習していかないと落ちる可能性もありますね。

なんだかんだで緊張はするので、無事に合格したときは嬉しかったですよ。

001

その日の午前中の内に免許を取得できました。プライバシーで画像をすこし曖昧にしていますが、下が仮免許証、上が本免許です。

虹のマークがハワイらしくていいですね。

有効期限は8年有効だそうですよ。免許を取られる方はお早めに。


ハナウマベイ

久しぶりにハワイに来たので、ハナウマベイへ。

ここは昔の火山の噴火口、つまりカルデラに海が入り込んだ湾です。

198

僕は1989年にPADIのダイビング免許を取ったのですが、最近は潜りに行く時間もありません・・・(悲しい)。

192

そこで、今回はシュノーケルをしてみました。去年のバミューダ諸島で行われたコントロバーシーズ以来、約一年ぶり。約一時間ぐらいでしたが、魚が本当に綺麗でしたよ。

ハナウマベイは、塩水がとても純粋でリラックスできる感覚があり、好きなんですよね。

ミネラルがとても豊富に含まれているのだと思います。

ところで、よく女性誌等でも出てくる「ミネラル」ってきちんと理解されていますか?

ミネラルとは5大栄養素に含まれる、体内で多くの酵素に影響を与える“微量金属成分”です。日本においては厚生労働省によって 12 成分(亜鉛・カリウム・カルシウム・クロム・セレン・鉄・ナトリウム・マグネシウム・マンガン・ヨウ素・リン)が示されており、食品の栄養表示基準となっています。

クリニックFに勤務しているスタッフが、陰陽五行説の話をよくするのですが、五行の「相生」という考え方はミネラルを考えるときしっくり来ますね。「金生水」。金と水はお互いに欠かせない間柄で、相性が良いのです。

スパ等に行く時間はありませんでしたが、こうして純度の高い海水に身体を浸していると、「タラソテラピー」効果で、心身がほぐれていくのがわかります。

188

タラソセラピーは海という意味を持つギリシャ語のthalassa(タラサ)に由来しています。

フランスでは処方箋があれば、保険診療の一部に適応され、モナコの世界アンチエイジング学会に参加した時にも、タラソセラピーを行っているスパが沢山ありました。またタラソセラピーについては別の機会に触れようと思いますが、日本も海洋王国のはずですから、温泉療法と組み合わせてこうした試みを国で検討してもいいはずですよね。

187

皆、思い思いにバカンスを楽しんでいました。


ハワイのレーザークリニック

さて、ハワイ・オアフ島滞在記に戻ります。

今回ハワイに来た理由の1つは、ハワイのレーザークリニックを見学することでした。

実はある企業からハワイにレーザークリニックを開く価値があるかどうか、リサーチしてもらえないかと依頼を受けたのです。

数年前の景気の良い時は、ワイキキにも多く存在したレーザー皮膚科クリニックですが、ここ数年は不景気で、多くが廃業してしまったのだそうです。

そうなると、定期的にレーザー施術を行っていた患者さんが施術をする先がなくなってしまっている現状がある。はたして、ここに商機があるのかどうか???

当初はBessinger Dermatologyというホノルルのクリニックを訪問する予定だったのですが、時間が合わず断念。

117

ワイキキより、高速道路で約一時間のカポレイにあるDr.Nancy Chenのクリニックに向かいます。

153

高速道路は片側6車線もある道路もあります。

今回もネバーロストというアメリカ用のナビを使って向かいます。

132

クリニックの場所はカポレイの高速道路を下りてからすぐ、ドライブインの中にありました。

車社会ですからこういった立地もありなのですね。

129

訪問したDr.チェンは、もともと眼科医なのです。

レーザー治療は、レーシックのエキシマレーザー手術から入ったのだとか。

現在は眼科を中心に診療はしているのですが、特に目の周りのたるみや、しわなどに特化してレーザー皮膚治療も始めているのだそうです。

クリニックに入ると、看護婦さんの服装をまとったスタッフが何人かいるので、クリニックだとわかりますが、内装はメガネ屋さんの中そのもの。

138

この奥にクリニックスペースがあります。

136

施術室に置かれたいたのは、サイトン社のBBL+ ST with TRL と ProF XC。

137

実はこの日、偶然にもこのサイトンの電源がどうしても立ち上がらないとのこと。サービスを呼んだそうなのですが間に合わず、残念ながら、施術を見学することはできなかったのですが、Dr.チェンが今までに施術した患者さんの山のような症例写真を見せていただくことができました。

目の下のたるみ(アイバック)や首のしわなど、他のレーザー機器では治療が難しい症例に効果がありそうで、非常に興味深かったですよ。


ワイキキビーチにて

さて、国際学会周遊記のハワイ編を始めますね。

011

今回はデルタ航空を使いました。

オアフ島にやってきたのはもう20年近く前になるでしょうか。

270

カメハメハ大王像と宮殿も通りました。

この街の日本人観光客の多さや、夜になると現れる実弾射撃の呼び込みの人たち、そして大道芸人も沢山いて、昔と変わらない景色にちょっと驚きました。

022

久しぶりに見た(泊まってません 笑)ロイヤルハワイアン

026

ウェスティンのモアナサーフライダー

前に来た時には、次はここに泊まろうと念じていたのを思い出しました。

結局、僕はビジネスでいつも利用するHYATTに宿泊。

112

ワイキキビーチに似合わない、スーツ姿でレンタカーに乗り込みます。


オアフ島から

Photo

すっかり御無沙汰してしまいました。

実は今週ハワイ・オアフ島に行っていたのです。

今日お昼に帰国。さきほどクリニックに到着しました。

今回は半分仕事、半分プライベート。ハワイは本当に久しぶりです。

仕事では、サイトン社のレーザーを使用するDr.Nancy Chenのクリニックを訪問して、ディスカッションを行いました。本当は違うクリニックの訪問予定もあったのですが、お互い予定が上手く合わず、こちらは断念することになりました。

Dr.チェンとは、サイトン社のフラクショナルレーザーについて、良いディスカッションができました。首のたるみやしわ、“アイバック”といわれる目の下の脂肪のふくらみなどの治療にも使用されていましたね。

これについては来週ブログにアップしますね。

そして、プライベートでは、ハワイ州の運転免許を取得してきました。

学科と実地の試験を受けると実質二日でアメリカの運転免許が取れるのです。

なんでハワイの免許が必要なの??

・・・と言われるのですが、ハワイの運転免許があると、ハワイのホテルやゴルフ場、さまざまな観光のアトラクションがハワイの人の価格(約半額)で楽しめるという特典があるのです。

というのは建前で(笑)、今までも

○国内A級ライセンス

○大型二輪の免許

○一級船舶免許

そして

○自家用操縦士(飛行機)免許

・・・などを取得してきた自称「免許マニア」としては、乗り物の免許で取れるものはできれば全部欲しくなってしまうんですよね(笑)

英語の交通教則の試験には緊張しましたが、無事にハワイ州の運転免許を取得してきましたよ。

今回は、

「ハワイに行く」

とは、仕事もあるとはいえ、ちょっと患者さんにも言いづらく(笑)

「あれ? 先生来週お休みって・・・どこに行かれるんですか?」

と、何度も聞かれたのですが

その度

「・・・いえ、あの・・・アメリカです・・・(声小さく)」

と答えていました。すみません、アメリカはアメリカですが、オアフ島でした(笑)。

次の国際学会参加は8月の中旬に、サンディエゴで開催される、ハーバード・コントロバーシーです。お盆前後にアメリカに行く予定ですが、それまではおりますので、また今日からどうぞよろしくお願い致します。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -