TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

マイエン教会

医師として大先輩であり、文学家としても著名な森鴎外こと森林太郎は、陸軍軍医としてこの地に赴任しベルリンで四年間過ごしましたが、小説の舞姫で登場人物が出会う場所としてこのマイエン教会を使ったと言われています。

当時はこの裏手にはテレビ塔は無かったでしょう笑が、絵になるので写真3連写です。

ベルリンにて_01

ベルリンにて_02

ベルリンにて_03

当時二大国民病であった脚気と結核のうち、脚気の原因がビタミンB1であるという説を森は認めず、海軍に比べて、陸軍は多くの脚気の犠牲者を出した事は医師の間ではよく知られています。

脚気ぐらいでと思うかもしれませんが、現に13代将軍徳川家定は、脚気が原因で死亡したともいわれています。

医師としての実力はわかりませんが、作家としての森鴎外の作品は大好きで、高校生の時によく読みました。

医学の世界は常識外の事がよく起こりますが、どんな些細な事でも先入観を持たずに冷静に推測する事が大切ですよね。


ベルリン街歩き

朝からベルリン街歩き。

ベルリン街歩き_01

ベルリン街歩き_02

ベルリン街歩き_03

ベルリン街歩き_04

ベルリン街歩き_05

ベルリン街歩き_06

東ベルリン領域からブランデンブルク門を超えてかつての西ベルリンへ。

ベルリン街歩き_07

ベルリン街歩き_08

ベルリン街歩き_11

ベルリン街歩き_12

ベルリン街歩き_13

ベルリン街歩き_14

ベルリン街歩き_15

ベルリン街歩き_16

ベルリン街歩き_17

第二次世界大戦前には多くの日本人がこの地に渡り、素晴らしい建物に息を飲んだのでしょう。

戦中に東京の街と同じ様にこれらの建物が完全に破壊されたわけですが、心中察しますね。

ベルリンが再統一されて30年。

いまだに開発が続き、ベルリンは姿を変えています。

ちなみにニベアの本社はこちらのリンデン通りにあるのですよ。

ベルリン街歩き_10

ベルリン街歩き_09


Tegel Airport, Berlin, Germany

コンサートと打ち合わせを終え、ベルリンの街にちょっとタッチした後、今日はミュンヘン経由でチェコはプラハへ。

ベルリンにはもう一度戻ってきます。

コンサート_1

コンサート_2

こちらのベルリンテーゲル空港はベルリンの壁があった時に陸の孤島となった西ベルリンに物資を運ぶため、急遽作られた空港だそうです。

そろそろ南に新空港が出来ると来るたびに聞いているのですが、もうちょっと使われるみたいですね。

ドイツ4番目に発着が多い空港ですが小ぢんまりです。

コンサート_3

コンサート_4

ドイツ語の新聞を読むとパリのノートルダム寺院の再建の記事でした。


Staatsoper Unter den Linden

荷物をホテルに置いて、僕はベルリン国立歌劇場へ。

ダニエルバレンボイム指揮ラフマニノフピアノ協奏曲第3番の演奏会に行ってきました。

この曲も思い入れが深いです。

ホテル_1

ホテル_2

ホテル_3

ホテル_4

ホテル_5

ホテル_6

ホテル_7

ホテル_8

ピアニストは30歳イスラエル人のラハフ・シャニ(Lahav Shani)。ダニエルバレンボイムはニューヨークカーネギーホールでも指揮もピアノも聴きましたし、一回だけ聴きに行ったウィーンニューイヤーコンサートでも指揮を振っていました。

憧れの指揮者カルロスクライバーの指揮は実際には見られませんでしたが、バレンボイムは僕にとっては現実に観ることができる憧れの指揮者の一人なんですよね。


飛行機遅延でカップラーメン

ベルリンテーゲル発の飛行機が大幅に遅れフランクフルトに着いたのは、ボローニャ行きの飛行機が飛んだ後でした…。

ミュンヘン経由で再度真夜中にボローニャに入るルートを提案され、5時間遅れ到着予定となりました。涙。

germany_14

On Request でカップラーメンが頼めるとの事だったので、ビジネスラウンジでこちらを注文。

嗚呼 煙 (水蒸気?)が目にしみるぜ。でも食べてみたら日本のグルタミン酸の味にうっとりです。


ダンケからグラッチェへ

今朝はこちら時間の真夜中1時半から3時半にかけて、日本の会社の取締役会にSkypeにて参加。

germany_11

ちょっと眠いですが、これからダンケからグラッチェの国に移動します。

germany_12

今回、訪れたベルリンの壁。冷戦の終わりを遂げた奇跡的な出来事でしたが、

germany_13

今だから、北の問題も同じ時期に解決出来なかったのかなあと思いますよね。


シューベルトのピアノ五重奏曲「ます」が素晴らしかった

夜もチケットが取れたので、再びベルリンフィルの本拠地へ。

2135

シューベルトのピアノ五重奏曲「ます」が素晴らしかったです。

おそらくStradivariusですが、弦楽器の響きが全く違いますね。

4

耳が肥えました。


ドイツの低温大気圧プラズマ医療とは

プラズマという名前がついた機器は沢山ありますよね。

プラズマでイメージするものは「超高温の光る球体」と言ったものでしょうか。

実は宇宙空間の中で見ることのできるものの98%はプラズマです。

 

Plasmaで医学論文を検索すると、血清(こちらも全く同じスペルのPlasma)が出てきてしまいますので、混乱します。

僕も正直、プラズマの医療機器って

熱作用によるバーナーじゃないのか?

という意識が数年前までありました。
ところが過去10年で低温大気圧プラズマの医療機器が開発され、ここ数年は特に日本とドイツを中心に多くの臨床研究が始まっている状況です。

 

p1p2

低温大気圧プラズマには

1)電子とイオン

2)熱刺激

3)電磁波

4)可視光線

5)紫外線

などを発生する素因がありますが、

医学利用としては

6)酸化物質と化学物質

による影響が最も大きいと考えられています。

なぜなら、これが加齢とガンに関わる大きな要素である活性酸素の酸化還元反応に直結するからです。
プラズマにより空気中から作成された一酸化窒素(NO)は生体に対して多くの影響を与えますが、現在ドイツの臨床で注目されているのは、まずこれらには遺伝子に対する害がないという点と作用として大きく以下の3つ:

1)抗生物質以外の、抗菌抗ウイルス作用

2)ガンの異常細胞のみを取り除く、抗がん作用

3)傷を治る速度を加速する作用

という点にあると言えます。
今回僕たちは、この低温大気圧プラズマの生体変性作用を美容医療目的に使用できないかと考えていて、その第一弾の打ち合わせに行ってきたというわけです。

多くは帰国後に開催されるいくつかのプラズマ関連の講演でも話すつもりですが、どこまでが可能で、どこまでが不可能かということが今回のディスカッションでわかったと思います。
日本時間の明日の朝には取締役会です。

上場直前期の取締役会は欠席できませんので、僕は電話参加なのですが、ドイツ時間の朝1時半から3時までの開催。

頑張らないとなあ。笑。


ドイツの風力発電

ベルリンより北のドイツには風力発電が沢山あります。

w1w2w3

3・11以降、ドイツにあるすべての原子力発電が止められたそうですが、風力発電で国土の10%の電力をまかなっているのだそうです。


Plasma Medicine in Cardiac Surgery

実際にアルゴンプラズマ医療機器が使用されている病院にも見学に行きました。

 

h9h1h2h8

h4

2名の心臓外科医に使用経験を聞きました。

体内から出ているカテーテルの殺菌に利用しているそうで、MRSAなどの感染にも非常によく効くと言っていました。

h3h5h6h7

ドイツでは、術後のプラズマ医療機器利用が当たり前になりつつありますね。

興味深かったです。


at Leibniz-Institute for Plasma Science and Technology in Greifswald,Germany

プラズマ医療の細かい機序の内容を薬学博士のThomas von Woedtke教授とディスカッションできました。

ap7ap14ap12ap8ap9ap10ap11ap13

どこまでが明らかで、どこからが予想の理論なのか、よくわかりました。

ap6

様々なプラズマの名前がついた機器はありますが、現状で大気圧低温プラズマに相当する機種は美容市場ではキンペンとネオジェンだけです。

ap1ap5

今後の展開が楽しみです。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -