TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

■2014年3月 第72回AAD American Academy of Dermatology⑪ 帰国 インドネシア人ドクターへのトレーニング ビザ

おはようございます。

今日は4月30日(水)。クリニックFの診療日です。

祝日を挟んだこの3日間、インドネシアはジャカルタから来日したDr. Eddy Kartadjukardiに、レーザーの技術指導を行っています。

Img_2713

この3日間はずっと英語での説明なので、英語がスムーズに出るようになりました。

インドネシアのマルチプルビザも発行されましたので、いよいよ僕も6月から定期的にジャカルタに出張し、レーザー技術指導医としてあちらの皮膚科学会の先生方を教育することになりました。

Img_2718

国際交流も含めて、日本人として誇りを持てる仕事ができるよう頑張ります。

さて、僕のブログはデンバーからの帰国について。

***********************

デンバー空港へ向かいます。

空港の入口にある、青い馬の不思議なモニュメント。

コンベンションセンターの青い熊を彷彿させますが、こちらもかなり巨大です。

Img_1708

空港にはコロラド州出身の宇宙飛行士の像が。

Img_1709

Img_1711

この日は2時間以上出発のディレイがあったのですが、787の機体で無事帰国しました。

Img_1720

これで2014年コロラド州デンバー開催の米国皮膚科学会の出張記を終わりますね。


■2014年3月 第72回AAD American Academy of Dermatology⑨ I see what you mean ピコ秒レーザー enlightenTM

おはようございます。

今日は4月26日(土)。クリニックFの診療日です。

 

 

 

ブログのほうは引き続き、アメリカはコロラド州デンバーで開催されたAAD米国皮膚科学会 2014年度の報告です。

************

こちら、朝起きたときにホテルから眺めたビュー。

Img_1644

ロッキー山脈が美しいですね。

コンベンションセンターに向かいます。

Img_1535

Img_1537

こちらの青い熊。コロラドに拠点を置くアーティスト ローレンス・アージェントによるもので、体長40フィート。I see what you mean という意味が込められているのだとか。

何度観ても、ツボにはまります(笑)。愛嬌があるんですよ。

 

Img_1538

Img_1600

広い会場に入ると

Img_1556

展示会場には人がいっぱいです。

Img_1653

ポスター用プレゼンテーションルームはこちら。

今年のトピックの一つは、米国キュテラ社のQスイッチピコレーザーがいよいよ発売になった事。

Img_1553

Img_1571

ディスプレイの通り1064nmおよび532nmの二つの波長が選択でき、

さらにパルス幅も750ピコ秒と、2ナノ秒を選択できます。

Img_1569

先行しているサイノシュアのピコシュアよりも性能が良いとのことですが、今後の臨床使用結果が待たれますね。

こちらはエンディメッド社。

開発のIdo Frankです。

Img_1567

Img_1565

3DEEPと呼ばれる6極のRFシステムを利用したたるみ治療機器ですが、そのほぼ同じ能力を持った、家庭用たるみ治療機器 newa リフト が発売されました。

詳細について詳しい打合せ。

Img_1576

氷結による痩身機器。

Img_1579001

クルスカですが、こちらも米国の痩身機器市場では最も多い販売数を誇り、毎年市場を大きくしています。

Img_1580

今年は新たなアプリケーターが登場しました。

こちらはイタリアのレーザーメーカーBios社。

Img_1593

セールスマネージャーのSimone Savoiaです。

こちらも日本未上場。

Img_1658

VIORA社のVPsales Shy Zyman。

AADでは会場に車を持ち込んでいるメーカーも多く、こちらはイタリアのQUANTA社

Img_1614

F430です。やっぱりかっこいいですね。

こちらは古いアメ車。

Img_1665

会場では、レーザー治療に必要なこのようなアプリケーターも多数売っています。

Img_1546

細かい治療には便利なので、僕も少しづつ買い集めています。

こちら会場の雑感。

Img_1596

Img_1597

またしても青い熊ですが、インパクトあります(笑)。

 


■2014年3月 第72回AAD American Academy of Dermatology⑦ ヴィーナスコンセプト Sadick Dermatology Dr. Neil Sadick

おはようございます。

今日は4月22日(火)。クリニックFの診療日です。

今日の都内は暖かいですね。木々の色が青々としてきました。

良い季節ですね。

昨日は、僕の2014年3つ目(英語1報 日本語2報)となる論文が掲載された本が送られてきました。

1901896_10203756221654458_479487956

先日プレスリリースに同席させていただいた、家庭用たるみ機器の、newa。

こちらの医学臨床的な評価の論文です。

今年も出来る仕事をひとつずつ、してゆこうと思います。

さて、僕のブログは約ひと月遡って、三月下旬にアメリカはコロラド州デンバーで開催されたAAD米国皮膚科学会のお話。

*****

Img_1497

この学会では、夜な夜な各企業が医師を招待するパーティーが開催されます。

そんな中、ニューヨークシティのアッパーウエストでSadick Dermatologyを開業するDr. Neil Sadickにお会いしました。

彼も皮膚科医としてこの業界でその名を知らぬ人はいない、とても有名なドクターです。

2008年には僕も、NYの彼のクリニックに訪問させていただきました。

Img_1500

この日はイスラエル ヴィーナスコンセプト社の新製品「レガシー」の発表パーティが開催され、サディック医師はその講演をするために来ているとのこと。 Img_1505

Img_1502

Img_1510

楽しいパーティでした。

Img_1508

こちら、VenusConcept社 CEOのDomenic Serafinoです。

Img_1526

夜のデンバーの街並み。

米国の夜景はどの街でも独特の良さがありますね。

続きを読む ■2014年3月 第72回AAD American Academy of Dermatology⑦ ヴィーナスコンセプト Sadick Dermatology Dr. Neil Sadick


■2014年3月 第72回AAD American Academy of Dermatology⑥ デンバーへ

おはようございます。

今日は4月18日。クリニックFの診療日です。

東京は小雨も降り、肌寒い天気ですね。

252

こちらの写真は、フラクセル3DUALのプロダクトマネージャーを長く務めたソルタメディカル社のブラッドと。

先週の米国フェニックスレーザー医学会のブースでの話です。

223

現在は先日、ソルタメディカルを買収した買収先のバリアント社(コンタクトレンズのボシュロム社や、化粧品のオバジ社も傘下です)のマーケティングスタッフとして働いているそうです。彼とは気が合うんですよね。

コロラド州デンバー(全米皮膚科学会)、アリゾナ州フェニックス(全米レーザー医学会)、そして長崎(日本形成外科学会)と春の大きな学会を終え、クリニックで診療に集中していますが、少しづつブログで報告記を上げてゆきたいと思います。

**********************

今回米国皮膚科学会が開催されたデンバーには成田からダイレクトフライトがあります。

ロッキー山脈麓のアメリカ中部の都市。

標高がほぼ約1マイル(約1609.344メートル)に位置することからThe Mile-High Cityと呼ばれています。

Img_1260

空港に降り立つとロッキー山脈が見えます。

Img_1262

これは爽快感がありますね。

Img_1264

空港からダウンタウンまでは砂漠の中を走る、このような風景が続きます。

Img_1269

Img_1273

Img_1274

ホテルに到着しました。

Img_1279

この時期のデンバーは、米国の富裕層がヴェイルやアスペンなどのスキーリゾートに行く宿泊地とします。

Img_1286

Img_1287

街中をみてもいわゆる高級車が沢山。

まずは学会会場に向かいました。

Img_1291

途中に見えたデンバー美術館。

残念ながら滞在中には訪れることが出来ませんでした。

デザインはいいですね。

Img_1298

Img_1312

そして、こちらが学会会場。開催前日です。

Img_1297

Img_1299

この会場は、こちらの青い熊が特徴的です。

Img_1300

ホテルでハーバード大学のウェルマン研究所のロックス・アンダソン先生を御見受けしましたが、すぐ車に乗ってしまいました。

Img_1314

この日はホテルに帰り、歩いてすぐの寿司レストラン「HAPA」に。

Img_1333

思ったよりもはるかに本格的な寿司が出てきましたよ。

Img_1328

また、ウニがおいしいこと。

カルフォルニア沖で取れたのだそうです。

Img_1334

デンバーに行かれるならお勧めです。


■2014年3月 第72回AAD American Academy of Dermatology④ 帰国しました ボーイング787の秘密

おはようございます。

今日は3月26日(水)。昨日AAD米国皮膚科学会が開催されていたコロラド州デンバーから帰国し、クリニックFの外来を再開しています。

Img_1256_2

今回の出張は、ユナイテッドエアラインの直通便でした。

行き帰り、どちらも787の機体です。

787は国内線ではあまりわからないかもしれませんが、国際線に乗ると明らかに疲労感が違うことを体で感じます。

これには2つの理由があるのをご存知ですか?

○機内の気圧

○機内の湿度

がより快適に設定されているのです。

今までの航空機は、巡航高度の飛行中の飛行機の内圧を高度約2400メートルに設定しています。

一方で、高度約2100メートルに相当する気圧を境に多くの人が不快感を感じるとのデータがあります。

787の機体は、過去の機体に比べ約3分の2の高さに相当するように、この飛行内圧を上げているのです。

以前、コンコルドのブログで書いたことがありますが、高速で飛行する飛行機の機体は思った以上に変形します。

空調によって飛行機の内圧を上げると、飛行中の体の負担が減るのは事実ですが、内圧を上げすぎると、機体がバラバラになる可能性もあり、想像するよりもはるかに難しい技術が必要なのです。

そしてもう一つは、機内の湿度です。

航空機は数十年の単位で使用しますので、湿度による腐食はなるべく避けたいもの。

腐食に強い炭素複合材を用いたB787は、機内の湿度を上げてもよくなりました。

新しい機体は、いろいろと問題が発生しますし、それに対する対処も必要ですが、航空機は確実に進化していますよね。

さて、せっかく日本に帰国しましたが、一週間後の4月2日には米国レーザー医学会発表のために出張が控えています。

時差を日米、どちらに合わせるか思案どころですね(笑)。


■2014年3月 第72回AAD American Academy of Dermatology③ BTL社ヴァンキッシュ バクテリアフローラ測定機器 

おはようございます。

現在デンバーの空港で帰国便を待っています。

今年のAAD全米皮膚科学会参加後、本日一日早めに帰国。

木曜日に国内で開催される家庭用美容機器の記者会見に備えます。

学会会場では、非接触RF痩身機器のヴァンキッシュを販売するBTL社CEOのMarcel Besseと、来月の長崎の日本形成外科学会でのイブニングセミナー講演についてディスカッションの機会を得ました。

1557716_10203552508601759_208361010

個人的にツボだったのは、彼のデスクトップが車の「ヴァンキッシュ」の写真であった事。

1488813_10203552526242200_134890562

Marcelは

「これ、ボクの車なんだけどね」

Img_1631001

とジョークを飛ばしながらプレゼンをスタートしました。

門外不出のいくつかのプレゼンテーションや論文を直接頂くことができましたので、より良い講演が出来そうです。

それにしてもヴァンキッシュは美しい車ですよね。

僕も大好きです。

※※※

本日朝8時からは朝食を兼ねた早朝ミーティングがありました。

初顔合わせのDANA HOSSEINIと。

10150663_10203556121732085_19679446

皮膚のバクテリアフローラの測定機器を販売するベンチャーを一年前に立ち上げたのだそうです。

アメリカには新しいアイディアがたくさんありますね。

良い話ができました。

短い滞在でしたが、アップ出来なかった記事もありますので、また帰国後にあげますね。

 


■2014年3月 第72回AAD American Academy of Dermatology② 学会参加中です

おはようございます。

今日は3月23日(日)。

日本時間では日曜日の夜を迎えている頃かと思います。

僕は現在米国のコロラド州デンバーにて開催されているAAD全米皮膚科学会に参加しています。

明日の午後便で帰国する予定ですので、クリニックFの僕の外来は、26日水曜日より再開する予定です。

僕の出張中、スタッフは通常通り出勤していますので、ご予約やご質問はお電話かメールでお願いいたします。

◎クリニックF 03ー3221-6461

※※※

1522220_10203544256955473_153978486

デンバーは「1マイルシティ(つまり標高1,600m)」と言われています。

美しいロッキー山脈の麓に広がる高原地帯です。

1538733_10203537611309336_148889262

この土地で、米国皮膚科学会が開催された事は僕が参加するようになったこの10年で初めてのこと。

アクセスのせいか、例年より参加医師人数が3,000人も少ないのだそうです。

1743451_10203542228544764_168061674

ブースも一見盛況に見えますが、南米やアジアの医師達は少ない様な気がしますね。

1976987_10203542237944999_1667611_2

ふと端に目をそらすとこのように閑散とした場所もあります。

例年より展示も数にして半分ぐらいに減ったイメージでしょうか?

とはいえ、日本のドクターにも数名ですがお会いしました。

※※※

レーザーに関連する新情報としては

1912338_10203542099861547_170712872

まず、昨年より噂があったCUTERA社のピコ秒レーザーが正式にデビューしました。

こちら、直前までカバーがかかっていたのですが、それがオープンされた瞬間の写真。

色々と細かい工学的な話も聞いてきましたので、帰国したらもう少し細かいスペックをブログにアップしようと思います。

1795471_10203544277795994_155231434

そして、サイトン社。

いよいよ1470+2940nm 世界初のハイブリッドフラクショナルレーザー「halo」を発表です。

これは期待出来るかもしれません。

その他、クールタッチ社がシネロンキャンデラ社にMAされたりと、いくつか情報を得てきましたよ。

こちら、デンバーコンベンションセンターで有名な青い熊のモニュメント。

1184932_10203544182873621_119158246

よく見るとなかなかかわいらしいのです。

1978882_10203544312676866_407475629

雪が降り始めました。

3月のコロラド州は寒いです。

会場で米国のドクター達に

この辺りでどこかおすすめの観光地はあるの?

と聞くと、

この季節にデンバーに来たら、スキー以外には無いだろう。

との答え。

アスペンとヴェイルが有名ですが、飛行機を使わなければならないアスペンと比較すると、ヴェイルまでは日帰り出来そうです。

ちょっと往復してみようかな?


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -