TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

■ASLMS 2013 in Boston⑧ 再びシカゴへ JALでモスバーガー

おはようございます。

今日は4月13日(土)。クリニックFの診療日です。

一昨日帰国して、昨日から診療を再開しています。

昨晩は診療後、雑誌の取材で記者さんからお声掛け頂きました。撮影含め夜11時過ぎまでかかりました。

僕も自分のことをワーカホリックだと思う時がありますが、こうした現場の方々にはいつも頭が下がります。

医師や病院の取材は、診療後ということも多いですし、医師が二人も三人も必要な撮影となれば、それぞれの時間調整も必要となります。

カメラマンさん含め時間的にも大変ですよね。

今回は、日頃から僕が尊敬する先輩のクリニックで撮影が行われ、その方のあり方含め改めて勉強になりましたし、刺激も受けました。

また記事が出ましたら、ご報告させて頂きますね。

さて、ブログ「新国際学会周遊記」では、先日訪れたボストンブログを再開したいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回のフライトはJALを選択しました。

僕が予約した時には、JALの787 ボストン直行便が開通したばかり。

ボストンに住む友人も、長年の夢が叶った、ととても喜んでいたのです。

Img_1322

ところが787の機体が使えなくなってしまったため、4月5日に出発予定だった僕の便は休便に。

シカゴ経由の飛行となりました。

過去何度も出張を繰り返して得た知恵なのですが、僕はいつも到着後の生活を考えて機内食は極力食べないようにしています。

機内で何も食べずに、到着後軽食を入れたほうが、時差の改善につながるのです。

今回もそのつもりでいたのですが・・・シカゴ到着前になんだかやけにおいしそうな匂いが…。

Img_1323

Img_1324

匂いの正体はこちら。到着前の軽食に、なんとモスバーガーが出てきたのです。

しかも、自分でバーガーを組み立てて、照り焼きソースとマヨネーズを付けるもの。

これは見送るわけにいかず・・・久しぶりにハンバーガーを食べました(笑)。

美味しかったですよ。

Img_1325

約ひと月前にマイアミの全米皮膚科学会の帰りで立ち寄ったシカゴは大雪でした。

今回は気温が摂氏3度とのアナウンスがありましたが、晴れていました。

Img_1326

Img_1327

シカゴの空港というと、この国旗が並んだ場所が好きです。

Img_1329

Img_1330

一番奥に大きなアメリカの国旗があるのです。

Img_1327_2

ボストン行きのアメリカンエアラインを待ちます。



再びシカゴトランジット中です

マイアミ帰りでシカゴにトランジットしましたが、今回も偶然シカゴ経由のボストン行き。

ひと月前は大雪でしたが、今回も外気温3度の寒さです。

本当はボストン直通便チケットを取っていたのですが、残念ながら787の件で今日のダイレクトフライトはキャンセル。

シカゴ経由となったのでした。

ボストンに着いたらまたブログをアップしますね。


 

 


CLEO:2011 ボルチモア23 シカゴからの帰国

ニューヨーク~ボルチモア~シカゴと移動して来た今回の出張でしたが、いよいよ帰国となります。

055

前日に本屋で大量に買った音楽の本や画集。

お店の人には「もしかし音楽の先生ですか? でしたら“教師割引”が効きますよ。」

と言われてしまいました。

音楽の先生になれるのなら、一度なってみたいものです(笑)。

624

朝刊は、地元が誇るMBAの名門 シカゴブルズの話。そういえば、今回の出張記はナンバリングしてますが、このブログで23。懐かしいマイケル・ジョーダンの背番号ですね。

スポーツの試合を見るチャンスはなかなかないのですが、NBAは一度試合を現地で見る機会があったらいいな、と思うスポーツのひとつです。

299

シカゴのウォータータワーを横目に帰ります。シカゴに高層ビルがなかったころは、このビルが最も高いものだったのだそうです。

622

帰国便は成田まで直行。アメリカンエアライン。

623

ラウンジにはすでに見慣れたこのような看板もたっていました。

625

空港にもブルズのT-シャツやパーカがたくさん売っていました。

さて、帰国から時間が経ってしまいましたが、これでボルチモアで開催された工学系レーザー学会CLEOの演題発表と、打ち合わせで立ち寄ったシカゴの国際学会周遊記を終わります。

次は、軽く香港出張記をご報告した後、6月に訪れる予定のイタリア出張記へと続く予定です。


CLEO:2011 ボルチモア22 Chicago Andy’s Jazz

夜の11時にシカゴの夜景を見た後、この日がシカゴ最後の夜でしたので、そのままジャズバーに向かいました。

前日にブルースを見たので、今度はジャズにしようと思って、ホテルのコンシェルジュにお勧めのお店をいくつか聞いておいたのです。

ここもちょっと地域的には怖い場所だったのですが…。

614

中は大盛り上がりでした。

603

ようやく空いたバーのカウンターで、一人で飲みながら音楽を聴いていると、毎週このバーに来ているという隣の黒人男性が声をかけてきました。

日本から来たと言ったらビールを一本おごってくれました。

610

612

609

真夜中まですごい盛り上がりでした。

あとで聞いてみると地元ではかなり有名なお店だったらしいです。


CLEO:2011 ボルチモア21 世界で最も美しいシカゴの夜景

さて、今日も四谷で診療をしている僕ですが、今月も今日でおしまい。今日中に、GW期間からまるで宿題に追われているかのように続いている(笑)アメリカ出張記を仕上げてしまいたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シカゴの夜景は、世界で最も美しい夜景のひとつだと言われているそうです。

578

430

もちろん夜の街歩きも楽しいのですが、やはり「高いところ好き」な僕としては、高層ビルから見降ろしてみたい。

シカゴ市内北部にある1969年に建てられた100階建ての超高層ビルであるジョン・ハンコック・センターの展望台の最終受付は10時半。

ちょうどその時刻は、ミュージカルを見終わってからすぐに移動して間に合うかどうか、ぎりぎりのタイミングです。

300

昼間に観るとこんな建物なのです。

019

左手の背の高い黒い建物ですが、

566

このシカゴの北から街を見た立体模型を見るとわかるでしょうか? このハンコックセンターは、シカゴのビル群の中でも最も北部にあり、シカゴのビルを見渡せる立地なのです。

ミュージカルを見た後に急いで移動してみたところ、入館規制の数分前に到着することができました。

エレベーターを昇って閉館まで15分間でしたが…。

581

この夜景、聞きしに勝る美しさ。

589

思わず息をのみました。

593

596

15分だけでも見ることができて良かったです。これを観ずにシカゴを離れたら後悔しただろうなと思いましたよ。


CLEO:2011 ボルチモア⑳ ミュージカル「Spring Awakening」

ミュージカル「Spring Awakening(スプリング・アウェイクニング)」は、2007年の第61回トニー賞ミュージカル部門で、作品賞、演出賞を含む最多8部門を受賞した作品です。

2009年1月にNYブロードウェイでの公演は、終わってしまいました。

話題作でしたので、ぜひ見たいと思っていたことろ、シカゴ滞在期間になんと422

一週間期間限定で開催されていることが判明。

420

しかもその場所は、ホテル近くのオリエンタル劇場。

421

街を歩いていて偶然ポスターを見つけ、その晩にWEBでチケットを探したところ、うまく翌日夜のS席1席のチケットを買うことができました。

ラッキーでした。

オリエンタル劇場は、シカゴ劇場と並ぶ、古い映画館なのですが423

426内装はこの通りかなり立派なものでした。

424

スプリング・アウェイクニングの邦訳は「春の目覚め」

010_2

舞台を理解するにはちょっと英語力が必要かもしれません。

要約すると、約100年前のドイツの学校を舞台にした、思春期の10代の学生の性への目覚めの物語です。

保守的な親と厳格な学校の管理下にあり、様々な社会的なストレスを溜めている男女の主人公たち。

当時の学生は、男女別の学校に通っていますが、幼なじみのメルキオールとウェンドラは、偶然道で出逢ってから、相手に惹かれていることに次第に気づきます。

お互いの学校で体験する、虐待、体罰、放校、自殺、そして妊娠という社会的経験。

演出が素晴らしいと思ったのですが、次々に起こる事件に翻弄される主人公たちが、等身大で問題に対応していく姿があたかも自分の過去に起こったことかのように、非常に共感して、感情移入してしまうのです。

そして、最後に巻き起きるミュージカルとは思えない悲しい結末。

あるちょっとした踏み違いによって引き起こされる出来事によって、メルキオールとウェンドラは永久に会えなくなってしまうのです。

このミュージカルはロックをベースにした音楽で、しかも多人数のコーラスが入りますので本当に聴きごたえがありました。


CLEO:2011 ボルチモア⑲ Grant Park, Chicago

シカゴで最も有名な公園は毎年6月にシカゴ・ブルース・フェスティバルが開催されるグラントパークです。

ミレニアムパークもこの公園の中に含まれます。

413

チューリップ満開の季節。

347

海に面した大きな公園なのですが、滞在日程の中日に行ってきました。

でも、残念ながら滞在中この日だけ曇り空だったんですよね。

349

この公園には、バッキンガム噴水と呼ばれる大きな噴水があります。

352

415

晴れた空できれいに写真を撮りたかったので、残念です。

さらにこの南のディストリクトにはアドラー・プラネタリウムやフィールド自然史博物館、シェッド水族館といった、ミュージアム・キャンパスと呼ばれる地域になります。

337

この地域はこの通り、多くのスクールバスが停まっています。児童たちが博物館に吸い込まれていくようです。

水族館好きな僕は、駆け足で水族館だけを見学しました。

320

325

334

クラゲのパビリオンがオープンしたばかりだったのですが、 こんなダースべーダーの兜のようなクラゲも。

生命体の神秘ですね。


CLEO:2011 ボルチモア⑱ ウィリスタワーの空中回廊

ウィリスタワー(旧シアーズタワー)は、シカゴにある世界第四位、米国第一位の高さを持つ超高層ビルです。

018

508

2009年7月より、103階展望室の西側外面に、床を含めて全面ガラス張りの展望台「ザ・レッジ」(The Ledge)が設置されているのです。

014

望遠で地上から見ると、壁にガラスの箱がついているのが分かりますか?

飛行機の操縦免許を取るぐらい高いところが好きな僕としては、シカゴに来たら必ず行ってみたいと思っていた場所。

545

549

北東に海のようなミシガン湖を高層ビルの先に臨むシカゴの雄大な景色を眺めた後、西側にあるその場所に行ってみました。

022

551

この通り、建物を飛び出すバルコニーのような形でガラスのボックスがあるのです。

555

皆面白がって写真を撮っていますが、

550

実際に足を踏み出してみると。

これほんとうに怖いですね。

慣れるまでは足がすくんで前に出なくなりました。

628

とはいえ、しっかり記念写真を撮ってきましたよ。


CLEO:2011 ボルチモア⑯ Blue Chicago

シカゴの夜は、長いのです。

今年の全米皮膚科学会が開催されたニューオリンズ発祥のブルース。

ニューオリンズで、メープルリーフバーというお店に行ったのはご報告しましたよね。

これが第2次世界大戦時を頂点としてたアフリカ系アメリカ人の大移動の流れを受け、1930年代から50年代にかけて多くのブルース・ミュージシャンが移住し、南部の州からシカゴに舞台を移しました。

こうして1950年ごろにシカゴ・ブルースが誕生したのです。

街の中の北部はちょっと危険な場所と言われていますが、その地には多くのジャズバーやブルースバーがあるのです。

初日の夜にはブルーシカゴという店に行ってきました。

432

中に入ると

434

こんなバーカウンターがあり、その裏にステージがあります。

439

こういったバーは、遅い時間になればなるほど盛り上がるんですよね。

僕がこの店についたのは夜10時半ごろ。

440

徐々にメンバーが入れ替わり

442

ボーカルの女性が入ったころには店は大興奮でした。

聞き入っているうちに夜も更けてしまい、ちょっと怖いのですぐにタクシーを拾って帰りましたよ。


CLEO:2011 ボルチモア⑮ Navy Pier

さて、時間がどんどん経ってしまいますので、2011年GW期間中に訪れたアメリカ出張記を仕上げてしまいますね。

現在東京にいる僕ですが、出張記では最後の逗留地シカゴにいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シカゴ建築物クルーズの後に向かったのはNavy Pier

522

明るくてとてもいい場所でした。

529

532

533

536

537

539

541

空を見てみると、セスナ機が空にこんな広告を書いていました。

COUPONCABIN’S GOT...。

残念ながら雲に隠れてしまいました。


CLEO:2011 ボルチモア⑭ リバークルーズでシカゴの建築観光

シカゴの街は多彩な建築物があることで知られています。

それらの建築物を回る90分ぐらいの船ツアーがあると聞き、行ってきました。

452

ホテルの前からスタートして船の発着場を目指して歩いていると、通りすがりの黒人の女性から突然話かけられました。

「あなた観光客なの? こんな天気のいい日ならあそこから降りて、“リヴァーウォーク”しなさいよ。すごく気持ちがいいから。」

と勧めてくれます。

460

“リヴァーウォーク”は、その名の通り、川沿いの遊歩道だったんですね。写真を一枚撮ってもらいました。

確かに気持ちの良い道です。

462

朝日を浴びながら歩いていると、船の発着場がだんだんと見えてきます。

516

こんな二階建ての船に乗り込んで川を上ってゆきます。

468

471

まずシカゴ川を上がり最初に見えてきたのは、The Wrigley Building です。

472

その横、シカゴの新聞社のThe Tribune Tower。

こちらはシカゴの記念碑的な建物のようで、ピラミッドやパルテノン神殿の石を使って建設されたといっていました。

474

The Trump International Hotel and Tower

476

そして特徴的なMarina City 多くの映画で使われていますよね。

479

Marina City川沿いは、船が係留してありました。

266

振り返るとトランプタワーが見えます。

483

手前のReid, Murdoch & Co. Buildingと世界最大の敷地面積を持ったビルと説明されたMerchandise Mart

484

Merchandise Mart は二区画分をすべてビルにしたのだそうで、本当に巨大でした。

486

487

492

493

こちらの鏡張りのビルは、333 Wacker Drive です。西側には225 W Wacker 南側には191 N Wacker Drive という三つの鏡張りのビルが並んでいます。

494

高層ビルの間を高架橋の鉄道が通る、シカゴ独自の景色。

051

左の後ろに見える背の高い黒いビルはWillis Tower です。

512

この後、ツアーは川を下り、NAVY PIERまで戻りました。

すっかり楽しんでしまいました。シカゴを訪れる際には、お勧めします。


CLEO:2011 ボルチモア⑬ The Art Institute of Chicago

さて、僕は四谷のクリニックFで診療中ですが、連休中に訪問したシカゴの国際学会周遊記に戻りますね。明日から香港の出張なので早く書き上げなければ(笑)。

シカゴ美術館。

The Art Institute of Chicagoの訳語は本来ならば「シカゴ美術館」ではなくて、「シカゴ美術研究所」、「シカゴ・アート・インスティテュート」のような気もするのですが、この美術館はニューヨークのメトロポリタン美術館、ボストン市にあるボストン美術館とともにアメリカの三大美術館の1つに数えられます。

411

このシカゴ美術館で僕が観たいと思っていたのは、修復作業が終わったばかりのシャガールのステンドグラス「アメリカの窓」でした。

シャガールは僕の好きな画家の一人です。ニースの5大陸レーザー学会に参加した時も、ニースシャガール美術館に行ったことはご報告しましたよね。

385

244 x 978 cmと、この通り、とても大きなものです。

America Windowsは1977の作品で、シャガールがアメリカについての年代別の印象を6枚のステンドグラスに表現したものです。

384

左から年代を追って6つの窓が展示されています。

382

3つ目と4つ目の窓

3821

最後の5枚目と6枚目の窓は、アメリカのバレエやオペラなどの文化を描いたステンドグラスです。

また、事前に調べていた情報では、この美術館にはゴッホの作品が豊富にあるということでした。

確かにゴッホの作品は充実していて、昨年アムステルダムのゴッホ美術館で観た時よりも、もしかしたら多かったかもしれません。

389

自画像

390

アルルのゴッホの寝室

など、日本に来たら長蛇の列になるような作品が、目の前で見えましたのでとてもよかったですよ。

もう一つ、僕が気に入ったのは、モネの描いた霧の中のロンドン

391

ロンドンに架かる橋を描いた3つの秀作

393

395

397

このブログでもよく出てきますが、ロンドンやパリに架かる橋の写真を撮るのが好きな僕は、橋を絵の題材にしたくなったモネの気持ちが、よくわかるんですよね(笑)。

399

ニューヨークのMETとMOMAを足した様な、とても感じの良い美術館でしたよ。


CLEO:2011 ボルチモア⑫ 統合失調症をテーマにしたミュージカル「next to normal」

シカゴに入った初日は移動日で特に予定を入れていませんでした。

街を歩いていると、昼の二時にぞろぞろと劇場に入る人たちが。

なにをやっているんだろう、と看板に目をやると

288

next to nomal と書いてあるではないですか。

劇場の受付で、当日券はありますか? と聞くと、運よく真ん中あたりの席がありましたので、そのまま観ることに。

290

このミュージカル「next to normal」は今年の1月にNYC ブロードウェイでの公演が終わった作品で、ちょっととした話題作でした。僕はブロードウェイでは観ることができなかったんですよね。

ミュージカルはたいてい明るい話題が多いのですが、これはちょっと暗い医学の話。

それも、統合失調症の話なのです。

父のダン、母のダイアナ、兄ゲイブと妹のナタリー、4人の家族が過ごすある朝の光景でミュージカルは始まります。

いかにも幸せそうな家族に見えるのですが、舞台の上で少しづつ、ダイアナは幻覚を見たり、挙動がおかしくなり、しまいには自殺未遂をおかします。

そのうち、ダイアナが赤ん坊の時に病気で子供(ゲイブ)を失ってから精神が分裂し、彼女は死んだ息子の幻影とともに生きているということがわかる台詞があり、観客が皆、息をのむのです。会場の雰囲気ががらりと変わったのが分かりましたよ。

この演出が素晴らしかった。確かに開幕から劇の舞台上で、ゲイブが父のダンや妹のナタリーと話すシーンは無かっのですよね。

ゲイブはダイアナの心の中では大きく成長し、大学生ぐらいになっています。

ダイアナはこの病気に立ち向かおうと、精神科医にかかりますが、薬を使った療法もあまり効果が出ずに、ドクターショッピングした挙句、とうとう夫のダンとともに、ECT(Electroconvulsive therapy 電気痙攣療法)を選択する決心をします。

その結果、それまでの記憶を失ってしまい、自分の娘が誰かもわからなくなってしまうのです。

アーネスト・ヘミングウェイは、1961年 メニンガークリニックでECTの直後に、記憶を失ったことを苦に自殺したと言われています。

また、僕が好きな怪優ジャック・ニコルソンが演じた『カッコーの巣の上で』のランドル・パトリック・マクマーフィーも、刑務所に入リたくないがために、精神病患者のふりをして精神病院に入院し、薬の療法は拒否できたものの、このECT療法を期に、最終的にロボトミー手術を受けさせられて廃人になってしまいました。

ECT療法の適応については諸説ありますが、これに代わる強力な療法が存在しないのも事実です。僕も都立病院の麻酔科にいた時に、修正型ECT療法(筋肉弛緩剤を使用して麻酔をかけた後にECTをかけ、実際に痙攣をおこさないようにする方法)の麻酔を担当したことがありました。予後はとても良かったと精神科の先生から聞きましたよ。

劇中ではダイアナは少しづつ記憶を取り戻しますが、それと同時にゲイブの存在も思い出します。

一見すると、綺麗で明るいアメリカ家庭の主婦であるダイアナの next to nomal の物語。

009

途中4人の家族と、ナタリーの彼と精神科医のわずか6人の劇でしたが、それぞれが織りなすコーラスが本当に素晴らしくて、会場は総立ちのオヴェーションで応えていました。


CLEO:2011 ボルチモア⑪ シカゴへ

さて、再びアメリカ出張記です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボルチモアからシカゴに移動してきました。

1時間の時差があり、3時間余りのフライト。

621

このシカゴオヘア空港は、米国のハブ空港のひとつですので、僕も本当によく使います。

アメリカ合衆国イリノイ州の大都市であり、ミシガン湖の南西岸に位置する街 シカゴ。

かつてはニューヨークに次ぐ人口を持つ大都市だったのが、ロサンゼルスの台頭と五大湖近辺の地位低下によって米国第3位の都市となってしまいます。

とはいえ、2010年、シカゴはForeign Policyフォーリンポリシーによる“世界都市格付け”において、ニューヨーク、ロンドン、東京、パリ、香港に次ぐ世界第6位。さらに都市の経済規模(GDP)では東京、ニューヨーク、ロサンゼルスに次いで第4位というデータがあります。

271

こちら、シカゴ ダウンタウンの地図です。

Chicagoの名前で僕がすぐに連想するのは、やはりアメリカのロックバンド。ピーター・セテラやジェイソン・シェフのボーカルのころが僕の中高のアメリカンロックの全盛期。2008年の来日コンサートも思わず行ってしまいましたし、聴き込みましたね。

次にはブロードウェイミュージカルの「Chicago」でしょうか。これもNYに行くたびに何度となく見ています。

中規模のホテルを多く擁するシカゴは、医学系の学会が開催される土地でもあり、僕も所属する全米皮膚科学会の夏季会はよくこの都市で開催されます。

今回は一つ打ち合わせがあったため立ち寄ったのですが、晴天に恵まれて快適に過ごすことができました。

273

274

シカゴといえば、ミレニアムパーク。

276

そしてこのシルバービーンが有名ですよね。

277

ブルースジャズフェスティバルが開催されるこの野外コンサートホール。

280

そして独特な建築様式の高層ビル群

286

なぜか都市の真ん中を走る古い高架電車

292

そして数多くある劇場。

シカゴ独特の雰囲気で、僕はとても好きですね。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -