TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

■2013年7月 IMCAS ASIA㉑ アマンサラのホスピタリティ

約一日半と短いカンボジア滞在だったですが、充実したアンコール遺跡群の探索ができました。

Img_4220

チェックアウト後アマンサラのスタッフに空港まで送ってもらうことに。

Img_4218

Img_4227

アンコールワットを観ながら、空港に向かいます。

Img_4222

こちらカンボジア・シェムリアップ空港です。

Img_4233

ところが、空港到着後シンガポール行きの航空機に2時間のディレイが発生していることが判明したのです。

この時、同行してくれた担当者さんの言葉に驚きました。

「空港でこのままお待ちいただくのも退屈でしょうから、アマンサラに一度戻ってお待ちになりませんか? またチェックインの時間に合わせてここまでお送りしますよ。」

素晴らしいホスピタリティですよね。

何度も旅をしていますが、こんな申し出は初めてです。

そんな嬉しいオファーに対し、僕はこんなお願いをしてみました。

「アマンサラに戻るのも大変魅力的ですが、この次はいつカンボジアにまた来られるかわかりません。もしもでしたら、あの大変感動したアンコールワットの遺跡で今一度下ろしてもらい、もう一度最後に観光ができたら嬉しいのですが」

もちろん喜んで。

遺跡のガイドも引き受けましょう、と快諾して頂き、改めて感激しました。

602

ちなみに、こちらで購入した遺跡をめぐる写真付きのアンコールパスを、僕は空港ですでにチェックインしたトランクに入れてしまっていたのですが、こちらも、アマンサラのスタッフさんが機転を利かせて交渉してくれました。

ちょうどこのアンコールワットの入口の場所に戻ったのが5時20分。

受付のアンコールワットのスタッフの勤務時間は5時30分まで。

10分待てば入口スタッフが帰宅するので、再びアンコールワットに入ることができることが分かったのです。

嬉しい誤算でした。

前日は朝日の下。

この日は夕日の下、アンコールワットを見学することになりました。

Img_4240

Img_4243

圧倒的に見学者が少なかったですが、初日に見ることができなかった場所の見学もできましたよ。

Img_4257

Img_4259

Img_4266

Img_4270

Img_4271

Img_4248

約一時間の見学後、再び空港へ。

アマンサラのスタッフには改めてお礼の言葉を伝え、握手の後ゲートに向かいます。

Img_4289

空港で、シンガポールのホテルパンパシフィックに、航空機ディレイにより、到着が遅れるけれど、チェックインの意志があるあるからとメールを打ちます。

外国はこういう点も気を付けておかないと、いつの間にか予約していた部屋がなくなっていたりしますからね(苦笑)。

Img_4293

ディレイで待っていた人たちに続き、航空機へ。

Img_4294

機内で阿部首相の記事も読みました。

ちょうどお隣のマレーシアに滞在していたのですね。

Img_4297

約2時間の飛行を経て、シンガポール空港です。

Img_4303

夜も12時近くでした。


■2013年7月 IMCAS ASIA⑳ カンボジア博物館

カンボジア最終日。

アマンサラの目の前にあるカンボジア博物館にも行ってきました。

Img_4196

中はほとんど写真が撮れませんでしたが、展示物は充実していて良い博物館だと思いました。

Img_4197

Img_4198

ちょっと気になったのが、展示されていたこちらの絵画たち。

Img_4200

Img_4201

Img_4202

アンコール遺跡群の壁を飾るデバター(女神)を描いたものですが、中には目を見張る絵画もありましたよ。

Img_4203

アンコール神殿の説明の模型。

Img_4204

クメール文字が描かれた石版など。

Img_4207

Img_4208

楽しめましたよ。


■2013年7月 IMCAS ASIA⑲バンテアイ・スレイ 東洋のモナリザに会いに

おはようございます。

今日は8月12日。

クリニックFにスタッフは出勤していますが、僕の外来は19日まで休診です。

今日は、成田からロイヤルベビー誕生に湧くイギリスはロンドンに向かいます。

僕のブログ国際学会周遊記ですが、今回は次の出張までに前回の出張ブログが上げきれませんでした。

先月末に滞在したカンボジアのブログです。

***********************

さて、翌朝のカンボジア滞在最終日。

この日の夜の便でシンガポールに移動予定なので、早朝に一度ツアーに行くことができます。

レーザー医療界の大先輩の宮田成章先生にfacebookで教えてもらい、郊外のバンテアイ・スレイに行ってみることにしました。

距離もシェムリアップの中心街より、60km近くある場所なので、車で移動です。

Img_4074

途中沢山の旗を持った人たちとすれ違いました。

Img_4076

なんでも翌日選挙があり、最後の選挙活動がなされていたようです。

Img_4170

バンテアイ・スレイ は967年にジャヤーヴァルマン5世が建立した寺院だそうです。

アンコールワットやアンコールトムよりも300年ばかり古い遺跡です。

Img_4079

途中の田舎道がまた素敵で、朝日に照らされたいくつかの遺跡を横目に移動します。

Img_4083

Img_4087

景色は日本の水田のような田園風景。

Img_4090

牛を使った農業がなされています。

Img_4092

ところどころに見える、カンボジアの人々の住まい。

Img_4094

1時間近くかかったでしょうか?

Img_4102

Img_0573

こちらの遺跡にたどり着きました。

Img_4103

Img_0583

他の遺跡と違って、赤色砂岩の色が美しいですね。

Img_4108

Img_4111

Img_0640

1004906_10201723398555151_140465357

こちら、カンボジアの警察官。

遺跡の警備をやっているのだそうです。

Img_4161

Img_0618

396978_10201723420395697_1473306305

970286_10201751800265176_696259210_

ふと地面を観たら、観たことのない蟻がいました。

Img_0642

Img_0626

Img_4123

Img_0580

要所にクメール文字が残されています。

Img_4135

Img_0578

こちらの祠堂の横に彫られたデバター像の彫刻、何体かあるのですが、これが「東洋のモナリザ」として有名な彫刻。

Img_4133

フランス人作家で、ド・ゴール政権で長く文化相を務めたアンドレ・マルローが若かりし頃、あまりの美しさにこのレリーフを盗み出してしまいます。

1924年プノンペンで逮捕され、3年の禁固刑の判決を受けました。

仏柬(柬埔寨:カンボジア)の国際問題に発展したのですよね。

この話は彼の小説「王道」の題材になりました。

Img_4130

彫の深い、いわば黄金律に合致した美しい顔立ちですね。

Img_0604


■2013年7月 IMCAS ASIA⑱ カンボジアのレーザークリニック ナイトマーケット

カンボジアの夜。

シェムリアップの街に出てみることにしました。

トゥクトゥクに乗って15分のナイトマーケットまで。

Img_4019

Img_4037

色々なものが売られています。

Img_4029

Img_4038

Img_4058

Img_4059

中でも驚いたのは、こちらの瓶。

Img_4034

コブラがサソリを噛んでいる状態で、そのまま瓶に入ってアルコール入りで売られているのです。

翌日ガイドさんに聞くと、精力剤になるのだそうです。金額は日本円で8,000円ぐらい。

このまま持ってゆくには少し気持ち悪く、僕はちょっと手が出ませんでした。

細い瓶の口からどうやってコブラとサソリを入れたのか、不明です。

東南アジアでよく見かける、フィッシュマッサージのお店も沢山出ていました。

Img_4060

そのまま歩いていくと、レーザースキンクリニックを見つけました。

Img_4016

Img_4052

これは是非見学したい!

Img_4046

さっそく受付の人にその旨掛け合い、英語の話せるスタッフに来ていただきました。

日本から来たレーザー医師だけれど、偶然こちらを通りかかって非常に興味がある。

是非とも中を見学させてもらえないか?

と話をしたのです。

夜の8時過ぎですでにドクターはいなかったのですが、内部の見学はさせて頂けることになりました。

Img_4049

Img_4047

カンボジアのシェムリアップには、レーザークリニックが4院あるそうです。

レーザー機器はほとんどがタイ製のもの。

施術の希望はやはり脱毛が多いのだとか。

ボトックスの施術もやっていましたね。

Img_4053

Img_4055

Img_4050

考えてみれば、以前イタリアのレーザーメーカーのアジア支店長がアメリカ出身のカンボジア人でした。

再びアマンサラに帰宅。

綺麗な花が出迎えてくれました。

Img_4061

この花は、自然の植物を使ってすべて作られているのですよ。

世界のアマンリゾートのパンフレット。

Img_4062

次に行く機会はあるのでしょうか(笑)?


■2013年7月 IMCAS ASIA⑰ カンボジア アマンサラ クメール人ディナー

おはようございます。

今日8月10日(土)はクリニックFの診療日です。

診療終了後、本日夜の最終便で神戸へ向かいます。KITANO CLUBでの有志の先生方との会食に合流予定し、明日は日本美容皮膚科学会に参加および講演を行う予定です。

翌日12日からは再び欧州出張となります。イギリス、ドイツ、スイス、オーストリア、リヒテンシュタイン・・・と5カ国を、ビジネスミーティング兼ねて廻ってきますが、今回のお楽しみは、オーストリアはブレゲンツ音楽祭( Bregenzer Festspiele)で開催される湖上オペラの観劇です。

この湖上オペラは、数ヶ月かけて湖上に舞台を造るため、毎年演題が変わります。

今年はモーツァルトのオペラ「魔笛」が開催されるのです。

チケットが取れた時は嬉しかったですね。

帰国は19日朝になりますので、19日からクリニックFの僕の診療を再開させていただきます。

さて、僕のブログ「新国際学会周遊記」は先月訪れたカンボジアの話が続きます。

***********************

アマンサラに戻り、ほどなく夕食の時間となりました。

Img_4003

僕は“クメール人ディナー”を選択。

Img_3990

Img_3997_2

Img_3998_2

Img_3999_2

なかなかおいしかったですよ。

日本人の口にも合いますね。

Img_4001_2

夜も更けてゆきます。

静寂と闇に支配されます。

美しいです。

Img_4009

Img_4010

Img_4013

カンボジアに来てからほとんど街を歩いていませんので、これから街に出ることにしました。


■2013年7月 IMCAS ASIA⑯ アンコール・トム バイヨン Bayon 観世音菩薩 猿の大群 そして象

タプロームの次に、数キロ離れたアンコール・トムへ。

アンコール・トムはこのような背の高い城壁に囲まれています。

周囲は12km。

「大きな町」という意味なのだそうです。

Img_0488

門には象の鼻をモチーフにした彫像があります。

Img_0495

このアンコール・トムの中にはいくつもの寺院があるのですが、12世紀に建てられた中心のバイヨン寺院に向かいます。

カンボジアのアンコール遺跡を形成するヒンドゥー・仏教混交の寺院跡です。

こちらもアンコールワットと同じように、須弥山をモチーフとしていますが、笑みを浮かべた観世音菩薩の彫刻が沢山あるのです。

Img_0504

Img_0518

顔のモチーフが沢山ある場所に身を置くのは、どこからか常に視線を感じるようで不思議な感じです。

イースター島のモアイ像を観に行った時のことを思い出しました。

Img_0527

中でも、こちらのモチーフはバイヨンで最も笑顔のものだそう。

Img_3931

僕も、笑顔で対抗?してみました(笑)。

Img_0529

Img_3950

Img_0534

それにしても、神秘的な佇まいです。

Img_0537

Img_3955

バイヨンからアマンサラに戻る途中。

Img_0559

サルの大群にあったり、

Img_3961

象を見かけたりしました。

Img_0557

12世紀の東南アジア、クメール(アンコール)王朝。

日本は鎌倉時代。

いったいどのような王朝だったのでしょうね。


■2013年7月 IMCAS ASIA⑮ タ・プロームへ Knowledge leads to the thirst for more knowledge

おはようございます。

今日は8月9日(金)、クリニックFの診療日です。

昨日の休診日は今週日曜日に神戸にて開催される日本美容皮膚科学会の招待講演の準備をしていました。

夕方からは工学部大学院の研究室に行き、次回の研究についてディスカッションに行ってきました。

僕は研修医の時に配属された大学病院の外来でレーザーによる痛み治療機器に触れて感銘を受けてから、約20年近くこのレーザー医療領域に関わってきました。

レーザーの理論は遡れば1917年にアインシュタインが発表した理論が発端となります。

こちらは講演で使用したプレゼンテーションの資料から。レーザーを作り上げるにあたって必要であった理論構築をまとめてみました。

Photo

工学的に機器の組み上げがなされたのは1960年のこととなります。

Photo_3

わずか50年前です。

その後多くの分野への応用が進み、「近代科学史上最も大きな発明のひとつは人工の光レーザーである」と言われるようになります。

Photo_4

医療やレーザーの研究を始めると本当に奥が深いことに日々気づかされることとなり、益々魅了されていきます。

***********************

Knowledge leads to the thirst for more knowledge.

If something is half known then the academic seeks to complete that knowledge.

という言葉があります。

勉強というと少々つらいようなイメージがあります。日本にいるといわゆる受験勉強の詰め込み勉強をつい思い出してしまうのですが、勉強と研究は全く違います。

こうしたレーザーや医療などの新しい分野は世界的にもまだまだわかっていないことが多く、知識を持てば持つほどもっと研究して極めたくなるのです。

僕自身は

「皮膚の免疫指令細胞マストセル」の研究で医学の博士号を

「電磁気学・量子エレクトロニクス・光学」 の研究で工学の博士号を

取得するに至りましたが、まだまだやりたい研究があります。

今後もレーザーの医療応用の研究を、より極めてゆけるよう努力していきたいと思います。

さて、僕のブログ「新国際学会周遊記」は、先日滞在したカンボジアの話が続きます。

***********************

夕方のツアーはタ・プロームへ。

クメール人の王朝、アンコール朝の王ジャヤーヴァルマン7世により12世紀末に創建された仏教寺院。

後にヒンドゥー教寺院に改修された遺跡です。

Img_3830

道すがら、多くのトゥクトゥクとすれ違います。

Img_3842

Img_3843

Img_3846

こちらの崩れ去った寺院。

Img_3851

さらに歩みを進めると、古い寺院に熱帯雨林の木々が侵食したのが原因で、崩れさっている様子がわかります。

Img_3858

写真でわかるでしょうか。

巨大な根が長い年月をかけて寺院を作り上げている石を移動させているのです。

Img_0427

Img_0431

「盛者必衰の理あり」ということなのでしょう。

人間の作り上げた物は、所詮自然には勝てないことを肌で感じることが出来る場所。

これは衝撃的ですね。

Img_3868

Img_0423

Img_0419

木々の中に埋もれてしまった仏像もあります。

Img_0420

Img_0435

Img_0442

Img_0450

Img_0458

Img_3889

Img_0424

Img_0416

Img_3884

Img_0468

Img_0473

Img_3898

Img_3872

建物を覆う苔に、日本人の僕はまた魅了されてしまいます。

Img_3878

Img_0466

Img_0465

Img_3900

自然に浸食され、滅びつつある旧き王朝。

アンコール遺跡群が、同じく仏教文化圏の日本人に好まれる理由が少しわかったような気がしましたよ。


■2013年7月 IMCAS ASIA⑭ アマンでの朝食 

トゥクトゥクツアーが終わると、アマンサラでは朝食です。

Img_3794

たっぷりのフルーツ。

Img_3796

スクランブルエッグ

Img_3797

クメール風スープなどをいただきます。

Img_3798

ホテルが綺麗だと、滞在が楽ですね。

Img_3799

Img_3801

Img_3803

Img_3806

Img_3815

昼は暑すぎて動けませんので、また夕方のツアーまで一休みです。

Img_3824

アマンサラの鍵。可愛いですよね。


■2013年7月 IMCAS ASIA⑬ バルーンに乗ってアンコールワットを空中散策

おはようございます。

今日は8月7日。クリニックFの診療日です。

今週末に神戸で開催される日本美容皮膚科学会。

僕は土曜日はクリニックの外来で、日曜日だけの参加になりますが、二つの招待講演を依頼されており、今、頑張ってプレゼンを作っています。

一つはイタリアのレーザー機器メーカーDEKA社の講演。

「各種フラクショナルレーザーによるレーザーリサーフェシングを検証する」

11日日曜日、朝10時からのハンズオンセミナーで話をさせて頂きます。

2013

さらに12時10分からは

株式会社JMECのランチョンセミナーで、「フラクショナルRF + 光 + レーザー +バイポーラーRFの複合美容皮膚治療器「ePlus」 を用いた治療経験
についての講演です。

Img_4692

どちらの機器も非常に効果的な臨床結果を残し、海外でも話題の機器。

海外の最新情報を含めて講演させていただこうと思っています。

***********************

さて、僕のブログ、国際学会周遊記は、先週滞在したカンボジアについて。

アンコールワットからトゥクトゥクで5分。

Img_3767

アンコールバルーン乗り場までやってきました。

Img_3784

Img_3783

Img_3774

Img_0400

こんなバルーンに乗って高さ150mまで。

すると、このようにアンコールワットが鳥瞰出来ます。

Img_0397

Img_0390

Img_0386

あたりはこのような水田地帯。

Img_0393

Img_0397

北東の方角にはアンコールトムのバイヨン遺跡が見えます。

Img_0411

ほんの15分ぐらいの空中散歩。

でも楽しめましたよ。

Img_3780

3時間のツアーを経て、アマンサラに戻ります。

Img_3788


■2013年7月 IMCAS ASIA⑫ アンコールワット第三回廊

さらに第三回廊に上がります。

この回廊の急な階段が写真でわかるでしょうか?

Img_0316

Img_0320

まるで崖のよう。

唯一登ることのできた、新しい階段で第三回廊まで登ります。

Img_0323

目の前の景色はジャングルです。

Img_0329

このアンコールワットが深いジャングルの中にあることがわかりますよね。

Img_0330

最も高い第三回廊から見た5つの塔堂の一つ。

Img_0337

神々しくもあります。

Img_0339

Img_0340

Img_0344

Img_0345

朝日も上がってきました。

Img_0351

Img_0353

こちらは崩れてきた石。

細かい彫刻の芸術性も高いです。

Img_0354

Img_0322

回廊から南の空を眺めてみました。

Img_0326

観光用のバルーンが飛んでいます。

Img_0332

これに乗ってアンコールワット遺跡群を鳥瞰してみようと思い立ち、家路に戻ります。

Img_0355

Img_0359

Img_0364

Img_0365

吠えるライオンを真似している女の子がいました。

Img_0367

Img_0371

Img_0372

Img_0374

もうすっかり日も登りアンコールワットの途上にいた人たちも、ほとんどいなくなりました。


■2013年7月 IMCAS ASIA⑪ アンコールワット第一回廊 祇園精舎 ラーマーヤナ マハーバーラタ

おはようございます。

今日は8月6日(火)。クリニックFの診療日です。

早朝より新規痩身クリニックのための朝食会議に出席し、その後クリニックに出勤してきました。

今晩は、新たに始まった国内機器メーカーとの新規機器の評価実験と報告会議もあります。

今週末には、神戸で開催される日本美容皮膚科学会での招待講演を二つ引き受けています。

診療後に悩みながらプレゼンを作っていますが、なんとか終わりそうな見通しが立ってきました。

忙しい日々が続きますね。ありがたいことです。

さて、僕のブログは、先週滞在したカンボジア・ブログの続きです。

**********************

こちらは案内してくれたガイドさん。

なんと前職はお坊さんだったのだとか。10年間修業したのだそうです。

1005776_10201724176854608_395974205

実際アンコールワットの中に歩みを進めてみます。

Img_0285

近くに寄れば寄るほど巨大な施設であることに気づきますね。

アンコールワットには第一、第二、第三と三つの高さの回廊があります。

こちら、第一回廊です。

Img_0289

Img_3704

第一回廊の階段を登ります。

Img_3706

Img_3709

回廊の周りには、一面に石の彫刻が。

Img_3711

Img_0293

古くからこの東南アジアのヒントゥー教徒たちに伝わる、神々の物語としての「マハーバーラタ」さらに、人間のラーマ王の物語としての「ラーマーヤナ」。

ヒンドゥーの二大叙事詩の彫刻があるのです。

これら二つの叙事詩は東南アジア諸国とインドの宗教・思想・文化の歴史に巨大な足跡を残しました。 

Img_0296

Img_0297

Img_0298

戦闘シーンが細かく描写されていますが、それらの説明をガイドさんに聞きます。

Img_0302

Img_0304

さらに階段を登り、第二回廊へ。

Img_0307

Img_0311

こちらには1632年にアンコールワットを訪れて、落書きを残した森本 右近太夫という武士の落書きも残っています。

こちらの柱にありました。

Img_0309

当時の日本人の間ではアンコールワットが祇園精舎であると伝えられていたので、彼は祇園精舎を参詣する目的でアンコールワットを訪れたわけです。

平家物語のフレーズでも有名ですが、この祇園精舎とは、釈迦が説法を行ったとされる寺院です。

本物はインドにあるのですよね。

Img_0310001

確かに日本の文字が見えますね。

回廊から空を見るとこの通りなのですが、建物に焦点を合わせるとカメラの絞りが合わなくて、建物が映らなくなってしまいます。

Img_3724

Img_3732

熱帯雨林に囲まれたジャングルの中にある景色。絶景ですね。


■2013年7月 IMCAS ASIA⑩ アンコールワットへの道 トゥクトゥク 蓮の花を摘む人は

おはようございます。

今日は8月5日(月)クリニックFの診療日です。

今週は10日土曜日までは通常診療です。

土曜日の夜より神戸に飛び、日曜日の日本美容外科学会で招待講演を二つこなし、12日月曜日からイギリスとドイツの出張を控えています。

クリニックFのお盆休みは14日から18日となります。

僕の帰国は19日朝。

いつものようにそのままクリニックに来て外来をする予定です。

さて、僕のブログ国際学会周遊記は先週滞在したカンボジアについてです。

**********************

早朝ツアー前に、フルーツ盛りが出てきました。Img_3642

東南アジアならではの色鮮やかな果物。

5時台の出発なのでお腹が空くでしょうという心遣い。

素晴らしいホスピタリティですね。

アマンの横には、このようなトゥクトゥクの駐車場があります。

Img_0571

こちらに乗り込み、出発です。

Img_0572

早朝からアンコールワットへ向かう参道。

アンコールワットは5基の塔堂が見えるのが特徴ですが、これは世界の中心である須弥山を表しているのだそうです。

基軸道路は東西南北に和まれており、周壁がヒマラヤの霊峰を、さらに周濠は無限の大海を象徴しているのだそうです。

つまり、クメール的な宇宙観を地上に具現化したのですよね。

Img_3646

前日雨が降ったためか、あたりは湿っています。

こちらの道の横には大海を示す、周濠です。

Img_3649

Img_3650

さらに、先に見える周壁がヒマラヤの霊峰というわけです。

ガイドさんに率いられて、周壁の正面の門をくぐります。

Img_3652

一瞬真っ暗な先に、5基の塔堂を持つアンコールワットの遺跡が見えてきました。

Img_3653

Img_3654

こちらです。

Img_3656

アンコールワットへ続く、一本の道。

これは感動しますね。

Img_0256

Img_3658

Img_3659

Img_3660

Img_3662

アンコールワットの遺跡は一部修復中。

Img_3678

しかしながら、こちらの池から見た遺跡は息をのむほど美しいものでした。

Img_0258

水面に映る5基の塔堂。

さらにちょうど蓮の花が満開。

Img_0259

Img_0276

雨季とは言え、独特の雲が新鮮ですね。

Img_3691

Img_3680

Img_0281

ちなみにこの場所は絶好のサンライズスポットだったらしく、これだけの人が見学に来ていました。

Img_0284

ふと蓮池に目を落とすと、人が動いています。

Img_3694

蓮の花を摘んでいるんですね。

Img_3695

Img_3697


■2013年7月 IMCAS ASIA⑨ カンボジア アマンサラ シアヌーク殿下 1963年のメルセデス

おはようございます。

今日は8月3日土曜日。クリニックFの診療日です。

先週の土曜日はお休みをいただいてしまったので、朝からたくさんの患者さんにご予約を頂戴しています。

夜には九州でご開業されているドクターがクリニックFに寄って下さる予定もあります。

気持ちを引き締めて、頑張っていこうと思います。

さて、僕のブログは、カンボジアはアンコール遺跡群、シェムリアップの話。

***********************

シンガポール入りする前にアンコールワットへ寄っていこうと思い立ったはいいものの、カンボジアのアクセスの問題で、滞在先やそのほかの移動をどうするか迷っていました。

海外出張のスケジュールを組むのに困ったとき、いつも相談に乗ってくれる代理店の担当者の方がいるのですが、僕の話を聞いて、ならばと彼が薦めてきたのがアマンリゾートのひとつ、アマンサラ。

ひとり旅であるということに現地の様々な事情も加えて考えると、何かと融通が利いて現地ツアーも含めて面倒を見てくれるので安全性と利便性も兼ね備え、宿と現地アテンドをどちらも望めるベスト・ホテル以上のベスト・エージェントだというのです。

男ひとり旅でまさかアマンを体験することになるとは思ってもいませんでしたが、彼のアドバイスに乗ってみることにしました。

Img_3600001

迎えに来てくれたのは、1963年製のメルセデス。

アマンサラには送迎用に同型メルセデスが2台あり、どちらもシアヌーク殿下の乗っていたものだそうです。

Img_3607

Img_3604

空港を離れ、10分くらい道を走ったでしょうか?

舗装されているとはいえ、ガタガタ揺れますので、時速40kmが精一杯の様子です。

Img_3613

あちらにアンコールワットが見えますよ。

とガイドの方に英語で言われ、正面を観たところ、写真でわかるでしょうか?

ちょっと興奮しましたね。

Img_3614

アンコールワットの正面を右に曲がり、アマンサラに向かいます。

チェックインするころには、もう暗い時間。

薄暗い中でも、アマンサラの景色も楽しむことができました。

Img_3622

Img_3623

全室で24部屋しかないというこのアマングループのアマンサラ。

ホスピタリティの高さで、誉れ高いですよね。

部屋はこのような感じ。

Img_3625

Img_3628

デザイン上驚いたのは、浴槽が丁度このソファの後ろ。部屋の中にあるのです。

Img_3627

Img_3626

この浴槽には感動しましたが、宿泊初日の夜に使ったところ水道蛇口が壊れて水浸しになり、翌日工事が入りました(笑)。

まあ、御愛嬌ということで。

ちょうど7時から特別イヴェントで米国Yale大学の男性合唱団のコンサートが開催されていました。

Img_3630

Img_3633

赤ワインを片手に、他の宿泊客らと美声を楽しみましたよ。

彼らは既に世界20カ国以上を公演して回ったのだそうです。

Img_3637

カンボジアの楽器を弾く人もいました。

Img_3636

外に出ると夜も更けています。

Img_3643

翌朝は、朝4時起床で日の出ツアーに参加することに。

ゆっくりと眠りました。


■2013年7月 IMCAS ASIA⑧成田発シンガポール、ベトナム経由、カンボジア行き シルクエア

おはようございます。

今日は8月2日金曜日。クリニックFの診療日です。

昨日の休診日は、午前中から午後にかけて英語の試験を受けました。

20年ぶりに受験英語様の試験を受けましたが、大学入試の時の英語力に比較すると格段に実力が上がっている自分を発見しました。これは嬉しかったです。

最近は学会発表や機器開発などの実体験を伴って英語を鍛えていますので、大学受験の時とは理解力が違います。

僕は帰国子女ではないですし、正直英会話は得意ではありませんでした。

実際に使い始めたのは30歳を超えたころでしょうか?

おそらく第二言語の会話というものは、その言語を使用した期間の長さがある程度必要なのだと思います。

若ければ若いほど、短い期間で良いのだろうと思いますが、自国の言語でさえある程度時間がかかりますから、30歳を超えて始めた言語を流暢に話せるようになるまでは、10年ぐらいかかるのではないでしょうか?

夕方からは、工学部の研究室に顔を出してきました。

こちらも論文の校正作業を行ってきました。

さて、ブログ「新国際学会周遊記」は、先週滞在したカンボジア&シンガポール滞在記を始めようと思います。

**********************

早朝6時半の羽田便。

浜松町始発のモノレールに乗って、羽田空港国際線ビルでおります。

国際線ターミナルは、モノレールが最も便利ですよね。

Img_3530

今回の機体はシンガポールエアライン。

シンガポール便には成田からA380も使用されているのですが、今回は小さな航空機でした。

飛行機の窓の外から見る景色は、熱帯そのもの。

Img_3532

Img_3533

マレーシアの上空を飛び、

Img_3535

約7時間で、シンガポール チャンギ空港に着陸します。

Img_3537

Img_3539

今回はチャンギエアポートでさらにカンボジア行きの機体に乗り換えます。

Img_3543

こちら、シルクエア。

Img_3547

機体は飛び立ったのですが、2時間半余り経過してもカンボジアに着く気配がありません。

Img_3554

何処を飛んでいるのだろう?

Img_3555

そのうち、どう考えても海岸線が見える街に着陸しました。

Img_3568

Img_3566

Img_3563

Img_3558

空港に降りて、iphoneでマップ確認すると、なんとベトナム領域内。

Img_3559

Img_3562

直接カンボジアに向かうのだと思っていたのですが、旅行会社が取ったチケットは、ベトナムのダナン経由だったのです(笑)。

再び機体は飛び立ち、今度はカンボジアのアンコール遺跡群のあるシェムリアップへ。

カンボジアの大地は、ベトナムと雰囲気が違いますね。

Img_3573

着陸前に東南アジア最大の淡水湖であるトンレサップ湖が見えてきました。

この湖の水上には、世界最大規模の100万人あまりが住んでいます。

Img_3577

それにしても巨大な湖ですね。

Img_3582

Img_3588

Img_3592

機体は無事に午後6時到着。日本との時差は2時間あります。

Img_3591

Img_3599

空港を降りると、一台の古いメルセデスが近づいてきました。

Img_3600


■2013年7月 IMCAS ASIA② 学会前にちょっと寄り道を アンコールワット

シンガポールで開催されるIMCAS ASIAでの招待講演のために東南アジアに来ていますが、実は一日だけちょっと寄り道しました。

カンボジアはシェムリアップにある、アンコール遺跡群に来ています。

この地に来る事が夢でした。

この通り写真付きのアンコールパスを購入。

602675_10201715775004567_231704111_

朝日の昇るアンコールワット。

1005448_10201715761204222_192085265

文字通り、密林の中に埋もれつつあるヒンドゥー寺院のタプローム。

1001676_10201718778399650_153735565

灼熱の中、アンコールトムの遺跡に入ります。

1000298_10201718796120093_976007824

998041_10201718565794335_31893482_n

こちらはアンコールトムの中心であるバイヨン。

969021_10201717952098993_79376989_n

夜に街にも出てみました。

偶然にもなんとレーザークリニックを発見。

1013535_10201719416615605_698483610

間もなく閉院というところでしたが、日本から来たレーザー医師でぜひとも見学したいとお願いしたところ、快く案内してくださって感謝です。

レーザ機器はタイ製のもので脱毛利用が主だそうです。

シェムリアップには現在4院の美容クリニックがあるのだとか。

考えてみれば、すごい事ですよね。

1069977_10201719487177369_143969482

帰国したらもう少し詳しくブログに上げますね。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -