TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

●2014年5月 11th EADV Symposium in Belgrade,Servia⑫ ボローニャの斜塔に登る

おはようございます。

今日は6月7日。クリニックFの診療日です。

Dsc03451

今朝は髪を切ってきました。さっぱりです。

梅雨入りして以来、雨が続きますね。

こちらは昨日香港から帰国した際の羽田空港国際線ターミナル満開の紫陽花です。

554

心が癒されました。

香港でのブログは別の機会に書こうと思いますが、今日は先月滞在したボローニャの街の斜塔について。

******************

ボローニャの街。

早朝に街を歩いています。

Img_2973

Img_2971

ボローニャで有名なのはこの二つの斜塔。

ルネッサンスの時期にはボローニャには本当に多くの塔が建っていたのだそうですが、今はこの二つのみが残っています。

アシネッリの塔 ガリセンダの塔と言いますが、二つの貴族の家が争って塔を建てたのですが、二つとも、ずいぶんと傾いているのですよね。

Img_2970

背の高いほうがアシネッリの塔。

98m。

こちらは朝9時から登れるそうですので、9時まで待ってみました。

内部はこの様な感じ。

P5190009

思ったよりもはるかに高い塔でした。

P5190010

この様な古い階段を登ってゆきますが、塔が傾いているのが歩いていて、わかるぐらい。

P5190011

しばらく登りましたが、眼下の景色は素晴らしかったです。

Img_3013

P5190013

赤茶色の屋根が続くボローニャの街。

P5190014

何度もボローニャには来ていますが、思い返せば初めて登りました。

Img_3026

景色を堪能したのちはまた降り。

Img_3027

結構疲れましたね(笑)。


●2014年5月 11th EADV Symposium in Belgrade,Servia⑪ 5月のボローニャの街並み サンドメニコ教会のミケランジェロ

おはようございます。

今日は6月4日。クリニックFは休診日です。

僕はこれから香港へ一泊弾丸出張。

今羽田で飛行機を待っています。

10421287_10204081374103066_63376238

あちらでレーザー関連に関する打ち合わせに加え、今回は銀行や会計事務所含めいくつか回る予定です。

それでは、行ってきます。

さて、僕のブログは先月滞在したボローニャについて。

*********************

赤レンガ色に染まる芸術の街、ボローニャ。

こちら、5月のボローニヤの街角。

タイル張りの地面と、アーチが素晴らしく綺麗です。

Img_2995

P5190006

P5190008

Img_2954

駅前。

大きな公園があります。

Img_2955

公園横を通過すると、目抜き通りに入ります。

Img_2957

Img_2960

Img_2962

アクセサリー店。

真珠の耳飾の少女。

フェルメールの白い真珠だけが本物です。可愛いですね。

Img_2966

やけにこの絵を観るなあと思っていたのですが、ちょうどボローニャの美術館に滞在中だったのですね。

Img_3011

Img_2981

街角で見つけたスター。

ハリウッドとは違い、二つしかありませんでしたが、こちらはマイルスデイビス。

Img_2984

Img_2985

Img_2986

この辺りは食肉店も多いです。

Img_2987

ボローニャの中心のマッジョーレ広場。

ネプチューンの像です。

Img_2991

Img_2993

ボローニャには何度も来ていますので、歌劇場や旧ボローニャ大学は以前に回ってしまいました。

今回はサンドメニコ教会へ足を延ばしました。

Img_2998

Img_3000

石棺の聖人像の一つ。

Img_3003

このマントを肩にかけた聖人像は、若き日のミケランジェロの作品なのですよ。

Img_3002

この日はモデナに移動する日。

12時過ぎの電車でモデナに移動します。

Img_3006

続きを読む ●2014年5月 11th EADV Symposium in Belgrade,Servia⑪ 5月のボローニャの街並み サンドメニコ教会のミケランジェロ


●2014年5月 11th EADV Symposium in Belgrade,Servia⑩イタリアはボローニャへ

おはようございます。

今日は6月3日。クリニックFの診療日です。

暑い日が続きますね。

こちらはクリニックに常備してあるTONE(トネ) の工具セット。

Aaa

Aas

Dds

クリニックでけっこう出番があるんです(笑)。

さて、ちょっと間が空いてしまいましたが、ボローニャ+セルビアの出張記の続きを書こうと思います。

※※※

こちらは羽田発のフランクフルト便。

Img_2922

フランクフルト上空です。

ライン川が良く見えますね。

先日滞在したヴィースバーデンの街が見えました。

Img_2926

Img_2930

Img_2931

Img_2933

こちらの空港、大きくて乗り換えは大変ですが、よく使う空港の一つです。

Img_2934

ラウンジでも数種類のビールが飲めるのがまたドイツっぽいですよね。

それぞれのビールは注ぐグラスも決まっているのですよ。

もちろん二つとも飲み干しました(笑)。

Img_2940

さて、2時間ばかりフランクフルトで過ごしたのち、ボローニャの便に乗り換えです。

縦に長いイタリアの国土の中で、ミラノとローマのちょうど中間にある空港ですが、小さくて使い勝手がいいのです。

Img_2942

Img_2944

Img_2947

日本を出て18時間以上。

日本時間の翌朝ボローニャにつきました。

Img_2950

Img_2949

ボローニャ空港で好きなのは、こちら。

新旧の12気筒のランボルギーニーが出迎えてくれるのです。

Img_2951

Img_2952

ランボルギーニーの社屋から、この空港が最寄り。

これにはいつも気持ちが上がりますね。


●2014年5月 11th EADV Symposium in Belgrade,Servia②ボローニャにて

昨晩はボローニャに宿をとりました。

ボローニャは昨年の10月に欧州皮膚科学会の後に寄って以来、半年ぶりとなります。

10372207_10203959768863011_19590919

街中が茶色。そしてアーチの建築が美しい街。

10308222_10203959760302797_48322549

今まで登った事の無いボローニャの斜塔にも登ってみました。

10365761_10203959777183219_77525828

こちら、マッジョーレ広場のネプチューンの噴水像の前。

街の中心です。

午後にはこちらを出て、モデナに移動します。

続きを読む ●2014年5月 11th EADV Symposium in Belgrade,Servia②ボローニャにて


■イタリア出張2012秋㉕ ボローニャ歌劇場 ボロネーゼ 村上春樹

ボローニャの街。

ちょっとした風景にも目を奪われます。

どこを切り取っても、これがまた絵になるのですよね。

Img_0782

下の写真の建物。右下に注目してください。

Img_0749

エルメスのお店なのですよ。

街に馴染んだデザインに感動しました。

Img_0748

このきれいな赤レンガは、維持するのは大変なのでしょう。

街の至る所で修復作業が見られました。

Img_0761

ボローニャ歌劇場に足を延ばします。

ボローニャ歌劇場といえば、2011年9月。ちょうど震災半年後に開催予定だった、来日公演の際の主演キャスト達のドタキャンは記憶にある方もおいでになるのではないでしょうか。

僕もチケットを購入していましたし、日本の公演としては珍しく、初舞台時にブーイングも出ましたので、悲しい思いをしました。

歌手のリチートラさんが、直前にオートバイの事故で亡くなってしまったことはもっとも不幸なことでしたが、 ヨナス・カウフマンや、ファン・ディエゴ・フローレスなど、世界のトップスターテノールたちが、健康上の理由で(ネトレプコのメトの公演キャンセルの時のように原発とはっきり書いてもらえればむしろ諦めがついたのですが…。)次々とキャンセルされたと通知を受ける度、悲壮感が漂いました。

招待元の契約がきっちりとしていなかったのでしょうね。

Img_0764

Img_0769

本年の題目も書かれています。

Img_0770

Img_0768

せっかくボローニャに来たので、ボローニャの料理を食べようと、お昼に頂いたのは本場の「ラグー・アッラ・ボロニェーゼ」。

日本風で行くとミートソーススパゲッティですよね。

Img_0716_2

パルメザンチーズをかけていただきましたが、本当においしかったです。

Img_1045

ボローニャの街は、本屋も多く、立ち止まって見てしまいましたが

Img_0773

Img_0772

もちろんこちらでも村上春樹さんの「1Q84」を見つけました。

表紙はこの通り東洋人女性の横顔。Img_0771

“ハルキワールド”がどこまで詳細にイタリア語に訳されているのか興味ありますね。

 

ちょうど街には古本市も出ていました。

Img_0839

ボローニャ駅から、いよいよ今回のイタリア出張最後の街ヴェネツィアに移動します。

Img_0846

Img_0850

この日の夜には憧れのフェニーチェ劇場でヴェルディの「オテロ」観劇が待っています。

こちらボローニャ駅のキオスク。

よく見ると日本の新幹線のような絵が。

Img_0848

近寄ってみますと、やはり新幹線でした。

Img_0849

日本人観光客が多いのでしょうね。

 


■イタリア出張2012秋㉔ 世界初の人体解剖室のある旧ボローニャ大学

ボローニャで訪れてみたいと思っていた場所の一つ。

現在はアルジンナージ宮殿となっている建物。

Img_0733

11世紀に創立された旧ボローニャ大学の建物です。

Pb160418

医学生の時に誰もが習ったこの場所を訪れることができたのは、幸運でした。

階段を登ると綺麗な装飾に圧倒されます。

Img_0734

いかにも大学という感じの廊下を歩きます。

Img_0736

廊下の奥に、その部屋はありました。

自由都市であったボローニャでは、教会の反対に屈せずに人体解剖が行われていたのです。

Img_0737

こちら「テアトル・アナトーミコ(解剖学大階段教室)」。

Img_0740

医学部臨床講義棟のような、階段教室が印象的でした。


■イタリア出張2012秋㉓ ボローニャへ DEKA社との打ち合わせ

ボローニャに着いた翌朝、今回の出張二つ目の企業ミーティングがありました。

フィレンツェのレーザー機器メーカーDEKA社の副社長であるマウロです。

工学博士でもあるマウロは、欧米の学会でいつも顔を合わせ、打ち合わせをします。

今回もドクターフジモトが来るのならこちらからボローニャまで行くよ、とフィレンツェからボローニャまで朝早く電車に乗り会いに来てくれました。

Img_0721

来年4月にボストンで開催される米国レーザー医学会で発表する演題についてのディスカッションが主な目的でしたが、とても良い検討ができましたよ。

その後は初めてのボローニャの街を散策です。

赤レンガに染まる芸術の街ボローニャ。

こちらエンツォ宮殿。

Img_0728

それに対峙するコムナーレ宮(現市庁舎)。

Pb160415

Img_0830

こちらはコムナーレ宮の中の市民図書館。

美術館もありました。

二つの象徴的な建物の間にある広場がマッジョーレ広場。

そして、中央に海神ネプチューンの噴水があります。

Pb160420

こちらは広場の中心。

Pb160422_2

撮影も多い場所のようです。

Pb160425

ちょっと道を歩くと、たくさんのパフォーマーがいます。

Img_0834

ボローニャには小さくても技術を持った会社がとても多いと聞きます。

Img_0802

街中でよく見かけたのが靴屋さん。

それぞれ独自のブランドでしたよ。

街を歩いていると、ボローニャのシンボルである斜塔が見えてきました。

明らかに垂直ではない塔。

Img_0775

この写真で傾きはわかりにくいですが、二本の塔がちょっと怖ろしいぐらいの傾きで立っています。

Img_0777

そして感動したのがもう一つ。

随所にみられる石のモザイク状のタイル床でした。

Img_0774

きれいですよね。

Pb160422


■イタリア出張2012秋④ボローニャに着きました

本日暗くなってからですが、ボローニャに着きました。

駅から中心街のホテルがあるところまでバスに乗り、こちらの場所に着きました。

Img_0710

Img_0712

この街はヨーロッパで最古の大学がある街。

1088年に創立したのだそうです。

創立から千年あまりということになりますね。

卒業生にはコペルニクスやガリレオ•ガリレイなどの名前もあります。

明日時間があれば是非見学に行きたいものです。

閑話休題

なんとかボローニャのホテルにたどり着き、さて、チェックインというところで、ホテルのスタッフが僕の名前を確認すると、実は問題が...。

というのです。

予定よりも僕のチェックインが遅かったので、代わりに別のお客を入れてしまい、部屋がもう残っていないのだとか。

おいおい、頼むよ~! 日本で2ヶ月も前に、クレジットカードで宿泊費を、しかも全額払ってきているのだから。

明日の朝、ホテルで待ち合わせ、フィレンツェのレーザー会社であるDEKA社の工学責任者兼副社長のマウロ•ガリがフィレンツェから来て打ち合わせをする予定でした。

待ち合わせ場所も僕の宿泊ホテルで、来年の米国レーザー医学会に発表予定の演題についてディスカッションする予定だったのです。

本当に済まない、同等のホテルを探してきたのでこちらで勘弁してくれと、近所のホテルまで案内してもらいました。

イタリア人のこういうところは憎めないですよね。

Img_0715

お腹が減ったので、ホテル目の前にあったバールのカウンターで、軽食とトスカーナのワインを一杯飲んできたら、気がまぎれて嫌な事は忘れてしまいました(笑)。

Img_0716

さて、明日の日程が終わればあとはフリータイム。

ヴェネチアに移動して、夜はフェニーチェ劇場でオペラ「オテロ」の鑑賞です。

水害は大丈夫でしょうか?

またご報告しますね。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -