TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

Brussels

ベルギー、ブリュッセル――東京にいるとなかなか完全に正確な全体像を把握できないまま昨夜から今に至ります。

昨年のパリもそうですが、ヨーロッパはアメリカとはまた地理的条件や移民問題も情勢が異なりますから、難しいですよね。。。

EUBxls
人の生命もそうですが歴史ある美しい街と文化がテロの脅威に晒されることは、映像やニュースで見聞きし想像するだけでも堪えます。

知人や友人に引き続き連絡をとっています。

 


シューマン駅とEU本部そしてパリへ

さて、コンサートも終えて帰りの列車の時間までの間の1時間。

ブリュッセルといえば、そういえばEU委員会本部があったなあと思いだして、見に行ってきました。

地図を見てみると、街の中心からはちょっと離れていますが、地下鉄で一時間以内に帰ってくることができそうです。

441

最寄りの駅はシューマン駅。

442

良い名前ですね(笑)。

444

改札を上がってすぐにEU委員会本部が見えます。

445

本部入口はこんな感じでした。

ヨーロッパを統合するために発足されたEU。その組織の中心がブリュッセルにあるというのは、実際にこうして訪れてみてもアジア人の僕からは感覚的にすぐにピンと来ないものがあります。それでも、ベルギーのブリュッセルはヨーロッパの心臓と呼ばれていますし、ヨーロッパの中にある様々なしがらみを考えても、ここにあるべくしてある、ということなのでしょうね。

ベルギーという国家はベルギーの南半分がラテン系ワロン人。北半分がゲルマン系フランデレン人。

つまり、ヨーロッパを代表する「ラテン」と「ゲルマン」という二大民族が見事に調和した国なのだ、ということを世界史で習ったのを思い出しました。

現在のEUも、オランダとベルギー、そしてルクセンブルクのベネルクス三国の団結力が基盤になっていると聞いています。

さらにドーバー海峡を超えてロンドンとも鉄道で結ばれましたので、よりブリュッセルの地理的価値が上がったと言えますよね。

最後にブリュッセルのシャンゼリゼ通りといわれるルイーズ広場を歩いてみました。

451

エルメス、グッチ、カルティエなどのブランドショップが軒を並べていました。

452

地下鉄駅に降りる装飾。これには感動してしまいました。

素晴らしかったですね。

460

ブリュッセル駅では列車のディレイがありましたが、無事にパリに着きました。

463

明日がパリの事実上最終日です。


New year Concert 2011 at BOZAR, Brussels

さて、観光を兼ねた街歩きをしているうちに、コンサートの開始時間が近づいてきました。

359

会場となったのは、こちら。BOZARというブリュッセルのコンサートホール。

362

431_2

15時から始まる、ベルギー王立オーケストラの演奏でした。

428

会場はものすごい人の数。そして熱気。

432

435

以前のブログでもふれましたが、ブリュッセルで開催されたニューイヤーコンサートもすべてがシュトラウス一家の曲で題目が構成されています。

そして、ニューイヤーコンサート恒例の「指揮者の遊び」というものがあるのです。

一昨年ダニエル・バレンボイムが本場ウィーンでタクトを振った時は、一人ひとり演奏者が舞台裏に消えてゆき、最後に指揮者が一人になってしまうパフォーマンスをしたのです。

今回ブリュッセルで開催されたニューイヤーコンサートでは、指揮者が女性のバイオリニストからバイオリンを借りて、指揮をしながらバイオリンを一緒に弾いたり、弦を指ではじき音を出すビッツィカートするパフォーマンスが。

これは大好評でしたね。

最後に指揮者に届けられたブーケを、指揮者がこの女性のバイオリニストに改めてプレゼントしていたのですが、それも会場の温かい拍手で迎えられていました。

そして、最後のラデッキー行進曲。

YOUTUBEでカラヤンのニューイヤーコンサートの演奏を見つけました。

会場のお客さんが皆、楽しそうに拍手していますよね。


ステンドグラスに導かれ

ブリュッセルは丘が多いので、街を歩いていても突然視界がひらけます。

332

街には沢山の教会があるのですが、どのステンドグラスも素晴らしかったです。

こちらはブリューゲル(シニア)が埋葬されている、ノートルダム・ド・ラ・シャペル教会。

337

334

336

もうひとつノートルダム・デュ・サプロン教会です。

341

343


ブリュッセルで見つけた漫画「ワンピース」

グランプラスの周りは商業施設が多いのですが、「ギャルリー・サン・チュベール」というショッピングアーケードがありました。

366

中に足を踏み入れると

367

こんな屋根つきのショッピングアーケードがあるのです。

僕がブリュッセルに行った日は晴天だったのですが、なんでもブリュッセルの雨天率は年間200日を超えるのだそうで、屋根つきの商店街が必須なのだそうですよ。

369

商店街の中には映画館も。

そして、この近くにあった本屋で偶然見つけたのが、こちら。

363

日本の漫画がフランス語バージョンでずらっと並んでいます。

「ONE PIECE」も見つけましたよ。

3631


街角のクリムト

ブリュッセルの街中を歩いていると、色々なものが目に付きます。

372

小さな町に、まるでおもちゃ箱の様な発見があるのです。

415

楽器博物館。

357

こちら王宮です。

412

ロワイヤル広場から見える庭園。

ブリュッセルが観光地として人気があるのもわかるな、と思いましたよ。

374

402

ベルギーの街角で見つけたクリムトの接吻

321

実はこれ、絵ではなく刺繍なのですよ。

322

クリムトの作品は、齢を重ねるごとに理解が深まってくる気がしますね。


ブリュッセル王立美術館

ブリュッセルで行ってみたかった場所、王立美術館へ。

346

丘の上にあるこの美術館。

347

419

ブリューゲルやルーベンスの作品が多く並んでいます。

ブリューゲルの「ベツレヘムの戸籍調査」

420

以前にこのブログでも紹介した「怖い絵」シリーズでも取り上げられていましたが、模写も含めて有名な絵ですよね。

349

クラナッハの「アダムとイヴ」

350

クノップフの「愛撫」も近代美術部門で展示されていました。

351

こちらはルーベンスの間です。

352

背丈よりも大きな「東方三賢王の礼拝」です。

この絵、観たかったのでうれしかったです。

418

美術館のライブラリーも充実していました。

417


ベルギー名物ウサギ料理

昼食の時間になりました。街の繁華街のイロ・サクレ地区を歩いてみると、シーフードのお店がたくさんあります。

394

370

371

結局グランプラスのケルデルクという老舗ベルギー料理店を選びました。

377

382

この通り、グランプラスに面していますが、お店自体は地下にあります。

378

379

ビールとともに、ベルギー料理のウサギ肉に挑戦することにしました。

381

味は想像していたよりも淡白で、食べやすかったです。


ベルギービール

ついでに、もうひとつ歯に悪そうな話を(笑)。

なんとなくこのデコレーションに惹かれて入ってしまったビールやさん。

389

以前に友人に、ベルギーはビールごとに違うグラスを薦められるんだよ。

と聞いたことがあるのですが、本当なんですね。

388

銘柄ごとに並んだビールグラスに圧巻。

393

392

これはエプロン

390

すごいですよね。

グランプラスにあるビール博物館なる地下にも行ってきました。

403

404

409

博物館の主が一杯のビールを振る舞ってくれて、こんなカウンターで飲みます。

408

だんだん気持ちが良くなってきました(笑)。日曜日の贅沢。


Belgian Waffle

今週の週末からアメリカ出張が控えている僕。

その前に、しなければならない仕事のあれやこれやと、通っている大学院の勉強、そしてこの1月初旬に訪れたパリ・ベルギー出張記ブログを仕上げてしまわなければ・・・と若干時間に余裕がなくなってきました(苦笑)。

今日はしかも朝から歯医者さんに行ってきましたよ。僕は生まれてこの方虫歯ができたことがないのですが、最近しくしくと痛む奥歯が1本あって・・・

日々の痛みをちらすことはできるのですが、虫歯の進行を食い止めることは医師といえでもできず、観念して行って来たのです。

ところが、X線まで撮って診察してもらったところ、虫歯じゃなかったんですよね。

なんでも通常の歯でも、冷たいとしみることもあるそう。何しろ、虫歯になった経験がないので、わからなかったのです。結局フッ素を塗って帰ってきたのですが、何事も経験は大切ですね(笑)。

というわけで? 今日の出張記は、ベルギーで食べた歯に悪そうな本場のベルギーワッフルのお話。

街中に沢山お店があるんですよね。

325

324

326

結局、パリ行の列車待ちの時に、駅のスターバックスで食べました。

455

普通のスタバでワッフルが頼めるのです。

すごいボリュームで完食できませんでした。


ブリュッセルといえば「小便小僧」だそうですが

グランプラスから向かった先は、有名なブリュッセルの「小便小僧」。

323

街を抜けてゆくと、すぐ現れます。

327

こんな小さな像。

3271

一応写真を撮りましたが、

330

うーん。どうなんでしょうか?

この像は、「世界三大がっかり観光地」なる不名誉な称号を持っているのだとか。

ちなみに残りの二つは

デンマーク・コペンハーゲンの人魚姫像

シンガポールのマーライオン

と言われているのですが、この新国際学会周遊記では、どちらも訪れました。

305

僕としてはこのチョコレート屋さんのショウウィンドウの方がインパクトありましたけどね(笑)。

ちなみにもっと驚いたのが、これ

398

約30年前に街中にできた小便少女とでもいうのでしょうか?

397

観光客もいたのですが、僕も含めて複雑な表情でしたね。

3971

どうなんでしょうか(苦笑)


Grand-Place de Bruxelles ブリュッセル グラン・プラス

306さて、ブリュッセルの中心であり、ヴィクトル・ユゴーをして、

「世界で最も美しい広場」

と言わしめたこのグラン・プラス。

まず広場に現れた市庁舎は15世紀の建築なのだそうです。

310

正対して王の家と呼ばれる建築物。現在は市立博物館として使われています。

313

周りを見渡すと

311

さまざまな建築様式に圧倒されます。

314

384

317

広場が全部写るように写真を撮ってもらったのですが、あまりに大きいため、全身は写せず(笑)。

387

広場で沢山写真を撮ってしまいましたが、いくつかお見せしますね。

399

400

ちなみにグランプラスの「星の家」の下には、14世紀のベルギーの英雄セルクラースの像があります。

375

376

ブリュッセルを訪れる人が この像に触れると、幸福をもたらすと言われています。

僕も像に触ってきました。


The City of Brussels

454ブリュッセル南駅に到着しました。

地図を見て、オリエンテーションをつけ、地下鉄で市内に移動することにします。

453

ちなみにこんな路線図です。

ベルギー・ブリュッセルの街は騎士の紋章の様な五角形の形をしています。

302

ちょうどのこの中心に「グランプラス」という旧市街の中心があるのです。

地下鉄の出口を出てもまだ早朝といった感じの空気に包まれています。

晴れの予報でしたが、気温は7度ぐらい。

295

聖カトリーヌ教会や

296

ベギナージュ教会

299

証券取引所を見ながら

グランプラスに向かいます。

320

303

途中街中でベルギーの旗を見ると、国境を越えてやってきた実感が沸いてきます。

さて、地図によると、この先の路地を超えるとグランプラスに至るはずです。


To Belgium

今日は土曜日ということもあって、クリニックは朝から晩まで沢山の患者さんにお越しいただき、僕も7時を過ぎたあたりから、だんだん口が回らなくなってきました(苦笑)。

おかげで今夜ははぐっすり眠れそうです。眠る前に、パリ出張記の場所をベルギーに移しておこうと思います。

さて、明けて日曜日。

日曜日、パリのお店は、ほぼすべて閉まってしまいますが、なぜなのかご存知ですか?

これはナポレオン時代に作られた法律によるもの。

日曜日に営業をするものは、約100万円に相当する罰金を納めるのが慣わしなのだそうです。

シャンゼリゼ通りのルイ・ヴィトン本店などは、日曜日も営業していますよね。これは毎回罰金を納めているのだそうです。

この静かなパリの日曜日に、僕はベルギーへ日帰りで向かいました。

282

パリ北駅よりベルギーのブリュッセルへ向かう、超特急タリスのチケットを取りました。

一等かニ等か迷いましたが、ニ等客席を取りました。

284

こんな鮮やかな内装。

この列車は満員でしたよ。

289

ヨーロッパの穀倉地帯といわれるフランスの農地を超えて、一路ブリュッセルへ。

462

この列車で面白かったのは、WIFIで、自分がいる場所とその時の列車の時速が分かるのです。

4621

画像を確認してみると、すごい。時速300kmです。

1時間半の間にベルギーの首都ブリュッセルにつきました。

292

459


ブリュッセルのニューイヤーコンサート2011

朝8時半に、パリから超特急タリスに乗って、わずか1時間30分でベルギーの首都ブリュッセルに着きました。

時刻は午前10時。

パリから日帰りの旅が十分に出来る距離であることを、改めて実感しました。

ここから午後2時過ぎまでブリュッセルの可愛い街を散策した後、コンサートホールへと向かいます。

358

ブリュッセルでここ数年“ニューイヤーコンサート”が開催されている、と知ったのはいつだったでしょう。一度行ってみたい、と思っていました。偶然にも今回ちょうどぴったりのタイミングでヨーロッパ出張が入ったのは、幸運としか言いようがありません。チケットは日本から来る直前にWEBで購入してきました。

ニューイヤーコンサートと言えば、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団。ウィーン楽友協会のゴールデンホールで開催されるものが世界中でライブ放映されるので、とても人気がありますよね。

毎年どの指揮者がこの名誉あるコンサートに指名されるかも、ファンにとっては楽しみのひとつ。

録音録画が嫌いだったカルロス•クライバーが、’89年と’92年に指名を受けたとき、万一直前にキャンセルされたときのために代役を立てておいた・・・なんていう話も含めて、聞けばわくわくしてしまうのです。

’02年に小沢征爾さんが指名を受けたときは、日本人として本当に誇らしかったことを、よく憶えています。

’09年には、ダニエル・バレンボイムが、指揮を振りました。ちょうど前年末、僕はNYで2日連続彼の演奏を聴いていたので、指揮者が彼に決まったというのを聞いて、なんだか嬉しい気持ちになりましたっけ。

藤本家は、年末にNHKの紅白歌合戦を観ないことはあっても、年始のニューイヤーコンサートだけは必ずテレビで観るという家庭ですので、’07年にウィーンで開催されたEADVに参加したとき、わずか40時間のウィーン滞在だったにもかかわらず、このホールにだけは足を運びたいと、行ってきたことも、今では懐かしい思い出となりました。

ニューイヤーコンサートで演奏される題目は、“シュトラウス一家の曲”と決まっていて、アンコールには、「美しき青きドナウ(ヨハン•シュトラウス2世)」と「ラデッキー行進曲(ヨハン•シュトラウス1世)」が必ず演奏されます。

ブリュッセルで開催されたニューイヤーコンサートも、これは一緒。すべてがシュトラウス一家の曲の題目でした。

ニューイヤーコンサートらしい「指揮者の遊び」もふんだんに盛り込まれていて、楽しめましたよ。

「美しき青きドナウ」は演奏されませんでしたが、アンコールでの「ラデッキー行進曲」で、会場が皆一緒に拍手で参加するときの独特な高揚感は格別のものでした。

ウィーンで開催される演目が、なぜ縁もゆかりも無いベルギーで? とお思いの方もいるかもしれませんが、実はこのベルギー(と正確にはオランダ、ルクセンブルク、フランスの一部)を含んでいたブルゴーニュ公爵領ネーデルランドは、オーストリア•ハプスブルグ家に継承された歴史があるのです。

考えてみれば、現在でもベルギーやルクセンブルグの君主継承権はハプスブルグ一族が持っているわけですものね。ヨーロッパにいると、世界史の良い復習になります(笑)。

また帰国後に詳しい話と写真をアップしますね。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -