TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

■2013年5月ドイツ出張㉓ アウトバーンでニュルンベルクに そしてミュンヘンへ

この日は昼過ぎにアウトバーンを利用してニュルンベルクに向かいます。

Img_2973

Img_2974

のどかな田園風景を通過してゆきます。

Img_2977

ニュルンベルクまで、約一時間ぐらい。Img_2979

Img_2980

この街は、バイエルン州ではミュンヘンに次ぐ大きな街。

人口は50万人なのだそうです。

「ニュルンベルクのマイスタージンガー」の名前でも有名ですが、ナチ戦犯に対する「ニュルンベルク裁判」でこの街の名前を覚えておられる方も多いかと思います。

1933年にナチの第一回党大会が行われた場所、さらに遡ると、1835年にドイツで初めて鉄道が敷かれた街なのだそうです。

残念ながら今回は見学の機会がなく、こちらのニュルンベルク駅から特急電車でミュンヘンに向かいます。

Img_2981

Img_2984

ミュンヘン駅に到着です。

Img_2987


■2013年5月ドイツ出張 ㉒ バイロイトにて クラウス・フロリアン・フォークト

200周年記念式典が終わったのち、市民会館にて併設された、ワーグナーの誕生式典にも参加しました。

Img_2925

こちらはこちらの式典で歌ったテノール。Dsc00671

Dsc00672

クラウス・フロリアン・フォークト。

元はホルン奏者としてキャリアをスタートさせたユニークな経歴の持ち主。

日本でも来日公演などを通して人気ですよね。

僕は2009年にドレスデンで彼のローエングリンを観て感動した覚えがあります。

品の良い声なので、ローエングリン役にぴったりでしたね。

感動の式典後。

翌朝、晴れましたので、バイロイトの街を歩いてみました。

Img_2936

Img_2937

Img_2943

こちら、ワーグナーの銅像。

Img_2947

Img_2946

銀行には、今回の200周年の記念コインが売られていました。

10ユーロの硬貨としても使えるそうです。

Img_2949

こちらが最後のものだったので、手に入ってよかったです。

Img_2950

観光協会には、ワーグナーグッズもたくさん売られていました。

Img_2951

Img_2953

水のおもちゃで遊ぶ子供たちもいましたよ。

Img_2855

この日は移動日。

ニュルンベルグに向かいます。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -