TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

Heathrow Terminal 5

リヨンからヒースロー空港へ。

エリザベス女王が好んで選ぶと言われる1Fのシートでした。

構内放送も聞き取れるし、やっぱり英語が楽だなあ。

ホッとします。

空港_1

空港_2

空港_3

空港_4

空港_5

トランジットが3時間半。

いつもだったら必ず大好きなロンドンまで行くのですが、ヒースロー空港第5ターミナルはそもそもアクセスが悪いので、今回はロンドンまでは出ずにここで過ごします。


星の王子さま

星の王子さまの作者サンテグジュペリもこのリヨンで生まれました。

リヨン空港もサンテグジュペリ空港と名付けられています。

飛行機で飛ぶことをこよなく愛したサンテグジュペリ。

1900年に生まれ、彼が操縦する飛行機で1944年地中海上空で消息を絶ちました。

星_1

星_2

星_3

星_4

星_5

聖書の次のベストセラーではないかと言われている「星の王子さま」の本ですが、1935年にリビア砂漠で墜落事故を起こした事がきっかけになったと言われています。

子供の頃に図書館で借りた記憶があったのですが、実はつい数年前に再読しました。

子供の心を失ってしまった大人への風刺。

あの本の語りたかった事が大人になって初めてわかったような気がしましたよ。


Le Laurencin

ブルゴーニュからリヨンに到着し、飛行機までの移動時間に。

リに次ぐ第二の都市とヨーロッパ有数の古都、二つの面を持ち合わせるリヨン。

美食の街リヨンに来たならば、ブションで食べればミッションコンプリートだなと、旧市街日曜日昼に唯一開いているブションにわざわざやってきました。

リヨン_1

リヨン_2

リヨン_3

リヨン_4

リヨン_5

リヨン_6

リヨン_7

リヨン_8

リヨン_9

ワインもしこたま飲みました。

余は満足じゃ。ちゃんちゃん。

さて帰国便です。


シトロエン2CV

ブルゴーニュの田舎道だけれど、HIGHWAY PATROLの車。

この車で追えるのか?

車_1

車_2

シトロエン2CVはルパンの車として有名ですよね。

2CVはフランス語のdeux chevaux つまり2馬力から取られているのだそうです。

車_3

1940年代戦後から、実際には1990年まで作られていましたので、最終的には3馬力ぐらいになったようです。

3リットルのガソリンで100km走るエコカーですが、すぐ追い抜かれちゃいますよね。笑。


ブラジル人

ワイナリーツアーで一緒だったブラジル人。

ブラジル

ブラジル人の割には英語がうまいなあと思って話していたら、よくよく聞くとやっぱり医師でした。

麻酔科医と婦人科医なのだそうです。笑。


ブルゴーニュのワイナリー巡り

日帰りでブルゴーニュのワイナリー巡りをしてきました。

ワイナリー_1

ワイナリー_2

ワイナリー_3

ピノ・ノワール好きにはたまらない街道。

ジュヴレシャンベルタン コルトン ヴォーヌロマネ ムルソー 。

ワイナリー_4

ワイナリー_5

ワイナリー_6

ワイナリー_7

ワイナリー_8

ワイナリー_9

ディジョンからスタートしてボーヌ近辺まで英語のツアーに乗り試飲を楽しみました。

コートドールには本当に宝石のような畑が続き、初めて観た景色に感激しました。

本当に石ころが多い土地にブドウを植えているんですね。

ワイナリー_10

ワイナリー_11

ワイナリー_12

ワイナリー_13

さて連休も終わりますので、明日は帰国です。

5月7日より暦通りクリニックFの外来を再開します。


ブルゴーニュ Restaurant Clos Prieur

学会発表の後、ブルゴーニュのコート・ド・ニュイ Côte de Nuitsに移動してきました。

Restaurant Clos Prieur。

59380481_10219455815374489_7787015134894882816_n

シャトーで素晴らしいワインと共に発表の打ち上げです。

こちらに来て始めてまともな食事をしました。

一人飯なのが残念。

 


IFSO-ECでの発表

リヨン開催のIFSO-ECにて。

59391409_10219450523122186_4720121087814270976_n
今回は継時的血糖測定装置を利用して、統計検討および、痩身コントロールしての生活習慣病改善の演題を発表しました。

59362825_10219450523802203_1476256379340587008_n

59702567_10219450522482170_6483600712130363392_n

58835376_10219450522962182_364157117248045056_n

反響はまずまず。質問も受けました。

欧州の学会は米国と違い、Second language での発表が多いので、プレゼンテーションのデザインが優れており、わかりやすくする為に工夫があります。

学会中の写真が厳しく禁止されているため、写真に撮れないのが残念です。





新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -