TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

ソウルで開催されたISDS(国際皮膚外科学会)2015

おはようございます。

今日も雨。

今年は雨の日が多いですね。

今日はクリニックFの診療日です。

土曜日

今月初旬にソウルで開催されたISDS(国際皮膚外科学会)2015。

オフィシャルカメラマンンが撮影した講演中の写真が送られてきました。

進化の著しいRFを用いたEBMD(Energy based medical devices)についての話でした。

RF、レーザー含めた電磁気学は僕の工学博士論文のテーマですので、工学に絡めた知見を述べました。


RF機器の世代交代について

韓国のISDSでDrSadikが講演していたRF機器の世代交代について。

RFの分類としてはわかりやすいかったです。

僕の工学博士の領域は電磁気学ですので、まさにこの電磁波領域は専門です。

資料

第一世代はもちろんMonopolar RF(サーマクール)ですが、思えば多くの進化を遂げてきました。

第二世代はシネロン社ELOSオーロラ、ポラリスなど。

第三世代はアルマレーザー社テノール、エンディメッド社エンディメッド。先月買収が決定したPollogen(ポラジェン)社スマスアップなど。

第四世代はヴィーナスコンセプト社フリーズとレガシー。

第五世代はシネロン社ematrix、ヴィーナスコンセプト社VIVA、エンディメッド社インテンシフ。という感じですね。

第六世代は、侵襲性が高く、クリニックFでは様子見です。

第二世代以降のRFは、シネロン社をスピンアウトした工学研究者たちが作り上げているもの。ラジオ波はイスラエルのお家芸になりつつありますね。


第35回国際皮膚外科学会 ISDS が終了しました

ソウルで開催された第35回国際皮膚外科学会 ISDS が終了しました。

これから空港に向かいます。

レーザーやその他エネルギーベースの医療機器の発達も興味深かったですが、特に今回は同じアジアの韓国開催で欧米ベースの国際医学会が4日間の規模で開催されたことに、ちょっとショックを受けました。特に2012年の皮膚科ワールドコングレスがソウルで開催されたことがきっかけになっていると思います。

国際学会で、韓国の先生にはイヤホンによる英語の同時通訳が付いています。ですが、スピーカーはやはり英語を話さなければなりません。僕が2004年に初めて韓国の学会で英語の講演を行った当時、数える程しかイングリッシュスピーカーはいなかったのですが、特にこの10年で、韓国の先生方の英語力が飛躍的にアップしています。

学会

英語を話す能力ばかりは、ネイティブではない我々は、ひたすら努力して行くしかありません。ですが、慣れてゆけば誰でもできることです。10年後には日本の若い先生方にも、もっともっと英語での発表をしていただき、日本での国際学会を盛り上げて行きたいと思いました。

美容医療業界のためにも日本人で最低30名の英語での講演者を作って行きたいですね。英語の講演に関しては僕も国際学会で120回を超える講演を行ってきました。微力ながらお役に立てると思いますので、挑戦したい先生がいらっしゃったらぜひメッセージください。まずは一緒にアメリカで発表しましょう。


BTL社のヴァンキッシュの招待講演が終わりました

BTL社のヴァンキッシュの招待講演が終わりました。

BTL社_1

こちらのヴァンキッシュの招待講演ですが、今年台湾の学会で話した医学、工学から経営学に及ぶプレゼンの内容が、BTL社の各国の輸入代理店の間で評判になったらしく、先月のバンコク講演に続き3カ国目の招待に繋がったそうです。

BTL社_2

レーザーの話をできる人は多いけれど、RF ラジオ波の話がきちんとできるドクターはまだ少ないのだそうです。

BTL社_3

BTL社_5

プレゼンは毎回グレードアップしていますが、そう言われると嬉しいですね。

講演_1

おかげさまでセミナーは立ち見がでました。

講演_2

悪い予感が当たり、ディナーは前菜からデザートまで全て前日と一緒。

BTL社_4

プルコギか参鶏湯が食べたかったよ〜〜!


一つ目の講演

まずは一つ目。

朝9:20から”Non Contact Fat Burning Technology: Results and Safety”を講演します。

1つめ_1

1つめ_2

ISDS2015のシンポジウムでの講演が終わりました。

早口の英語でまくしたてましたが、反響はまずまず。

手ごたえありました。

1つめ_3

感謝状とともに。


レーザー機器は単なる道具であって、使いこなすのは医師

学会に来ていた米国のドクターとの会話で、この話題が上がっていました。

ピコ秒レーザーを初めて開発したサイノシュアが、宣伝ほど刺青が取れないとして、シカゴの皮膚科医に訴えられたのです。

僕も医学も工学も修めましたので、どちらの気持ちもわかりますが、新たな機器を検討するにあたり、僕が基準とするのは、キードクターの宣伝や、メーカーのプレゼンはなく、やはり理論です。

臨床症例の中にはホームラン的症例がありますので、その症例が宣伝とともに利用されますが、実際にそこまでの効果を出すのには熟練も必要です。

レーザー機器は単なる道具であって、使いこなすのは医師ですから、経験が必要ですよね。

どれだけその機器について周知熟練したかが論点なのだと思います。

サイノシュア

http://cookcountyrecord.com/stories/510625065-dermatologist-claims-laser-tattoo-removal-tool-is-fraud-brings-class-action-vs-mass-based-maker


ヴィーナスコンセプトのディナーに参加しました

夜はヴィーナスコンセプトのディナーに参加。

夜_1

ニューヨークのNeil Sadick先生とご一緒させていただきました。

夜_2

世界的なビックネームのSadick先生ですが、数年前、誰も注目していない時に、まだまだ小さなヴィーナスコンセプトのパルス電磁場の機器の将来性を見い出し、企業に協力してきました。

夜_3

現在はシネロン社、アルマ社、ルミナス社のイスラエル美容医療機器メーカーのビックスリーに次ぐ企業に成長しています。

夜_4

まさに職人の目利き。


ソウルのISDS に参加中です。

ソウルのISDS(36th Annual Meeting of International Society for Dermatologic Surgery)に参加中です。
oct_seoul1

oct_seoul2
会場はソウル特別市にあるCoex Grand Ballroom Convention Hallです。

oct_seoul3

明日は招待講演が二つあります。1つめは朝9:20から”Non Contact Fat Burning Technology: Results and Safety”を講演します。

oct_seoul4

oct_seoul5

会場の様子

oct_seoul6

ソウルの夕日。建物で隠れてしまいましたが夕焼けの色がきれいです。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -