TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

マイエン教会

医師として大先輩であり、文学家としても著名な森鴎外こと森林太郎は、陸軍軍医としてこの地に赴任しベルリンで四年間過ごしましたが、小説の舞姫で登場人物が出会う場所としてこのマイエン教会を使ったと言われています。

当時はこの裏手にはテレビ塔は無かったでしょう笑が、絵になるので写真3連写です。

ベルリンにて_01

ベルリンにて_02

ベルリンにて_03

当時二大国民病であった脚気と結核のうち、脚気の原因がビタミンB1であるという説を森は認めず、海軍に比べて、陸軍は多くの脚気の犠牲者を出した事は医師の間ではよく知られています。

脚気ぐらいでと思うかもしれませんが、現に13代将軍徳川家定は、脚気が原因で死亡したともいわれています。

医師としての実力はわかりませんが、作家としての森鴎外の作品は大好きで、高校生の時によく読みました。

医学の世界は常識外の事がよく起こりますが、どんな些細な事でも先入観を持たずに冷静に推測する事が大切ですよね。


ベルリン街歩き

朝からベルリン街歩き。

ベルリン街歩き_01

ベルリン街歩き_02

ベルリン街歩き_03

ベルリン街歩き_04

ベルリン街歩き_05

ベルリン街歩き_06

東ベルリン領域からブランデンブルク門を超えてかつての西ベルリンへ。

ベルリン街歩き_07

ベルリン街歩き_08

ベルリン街歩き_11

ベルリン街歩き_12

ベルリン街歩き_13

ベルリン街歩き_14

ベルリン街歩き_15

ベルリン街歩き_16

ベルリン街歩き_17

第二次世界大戦前には多くの日本人がこの地に渡り、素晴らしい建物に息を飲んだのでしょう。

戦中に東京の街と同じ様にこれらの建物が完全に破壊されたわけですが、心中察しますね。

ベルリンが再統一されて30年。

いまだに開発が続き、ベルリンは姿を変えています。

ちなみにニベアの本社はこちらのリンデン通りにあるのですよ。

ベルリン街歩き_10

ベルリン街歩き_09


開発者との会議

昨晩最後に「Prof.Fujimoto 今日は医学的、工学的な高度な話ができてとてもありがたかった。実は開発中の全く新たなデバイスがあり、もしも空港に行く前に会社に立ち寄ってもらう時間があれば臨床医として、マーケット会議のディスカッションに加わってもらえないか?」と頼まれたので、快諾し、朝から開発者との会議に加わりました。

まず、「日本支社のセールスチームも全く知らないので帰国しても口外しないで欲しい」と念を押され。

いわゆるトップシークレットですね。笑。

プラハ_1

ですが、ボディ治療における、かなり新しいオリジナルコンセプトの機器でした。

思わず「凄い!」と日本語が出てしまいました。

発売は来年になると思いますが、楽しみです。

プラハ_2

プラハ_3

近年米国のレーザー企業は、買収に次ぐ買収で開発費を抑えられていて、コピー機器を作るどころか、三流メーカーの製品をOEMしてカバーだけ変えて売る企業もあるのです。

10年前が懐かしいと思っていたのですが、開発力がある会社のスタッフと機器開発の話をするのは本当に楽しい。

僕はやっぱり機器オタクだなあと、つくづく思いましたよ。笑。

プラハ_4

さて、これからフランクフルト経由でベルリンに戻ります。


プラハの街散策

午後からベルリンに戻りますが、プラハ唯一の空き時間が予報では雨。

Chek17

Chek18

何度も来てるので、観光は良いかなと思ったのですが、

ちょっと雨が止んだ隙に一時間ばかり、散歩に出ました。

Chek19

Chek20

Chek21

Chek22

Chek23

プラハに首都を置いた神聖ローマ帝国とボヘミア王国。

Chek24

Chek25

その歴代の王が戴冠パレードを行った王の道を火薬庫から

Chek26

Chek27

モルダウ河に架かるカレル橋まで歩いてきました。

Chek28

Chek29

プラハはまさに建築の街。

Chek30

Chek31

ゴシック、ロマネスク、ルネッサンス、バロック、アールヌーボー、

さらにはキュビズム、モダン様式まで

Chek32

Chek33

ほぼ全ての欧州建築の建物が建立しているのです。

まだ閉まっている教会の中からはパイプオルガンの音が漏れ聴こえます。

Chek34

Chek35

練習中でしょうか?歩いていても楽しいですね。


プラハで神戸牛

1989年ソ連崩壊と同時にチェコは共産国家から脱却しましたが、

そのビロード革命が行われたヴァーツラフ広場に面したKobeという名のお店で食事をいただきました。

海外では日本料理は普通ではないもの笑も出てくるので、僕は迷わずチェコ料理を選択。

Chek01

そして赤と白のチェコワインを頂きました。

CHek02

どちらも美味しかったですよ。

Chek03
BTL社の重役達ですが、ちょうどアラフィフで僕とほぼ同い年。

共産主義だった時代は覚えてる?と聞くと、自転車を買いたいと思っても半年待ち。

SONYのウォークマンなんて庶民の1月分の給料でも買えず、

持ってる人は大概、政府関係者だったよと。本当に大変だった様です。

Chek04

30年前と言うとちょうど昭和の時代。

高校生までそんな生活をしていた人たちが、

真面目に技術開発をしている訳ですから、

Chek05

まさに日本の高度成長期の様なものですね。


BTLの本社

エムスカルプトやバンキッシュを販売するBTLの本社です。

BTL本社_05

BTL本社_06

BTL本社_07

BTL本社_08

僕が移転前の本社に行ったの10年ぶり。

当時米国の著名なロバートワイス医師と訪れたのですが、それを覚えていてくれた人もいましたよ。

優秀なR&D社員が300人集まった研究重視の会社に成長していましたが、エネルギーベースの医療機器メーカーとしては異例の成長をした企業でしょう。

未来の医療機器など、色々ディスカッション出来ました。

BTL本社_01

BTL本社_02

BTL本社_03

BTL本社_04


BTLプラハ支社

移転したBTLプラハ支社。

BTL本社2_01

このビルの三階層がBTL社の研究施設です。

元々はプラハに本社があったのですが、現在はUKにあります。

凄いインパクトのあるビルですね。

後ろは国立公園です。

BTL本社2_02

BTL本社2_03

BTL本社2_04


Tegel Airport, Berlin, Germany

コンサートと打ち合わせを終え、ベルリンの街にちょっとタッチした後、今日はミュンヘン経由でチェコはプラハへ。

ベルリンにはもう一度戻ってきます。

コンサート_1

コンサート_2

こちらのベルリンテーゲル空港はベルリンの壁があった時に陸の孤島となった西ベルリンに物資を運ぶため、急遽作られた空港だそうです。

そろそろ南に新空港が出来ると来るたびに聞いているのですが、もうちょっと使われるみたいですね。

ドイツ4番目に発着が多い空港ですが小ぢんまりです。

コンサート_3

コンサート_4

ドイツ語の新聞を読むとパリのノートルダム寺院の再建の記事でした。


Staatsoper Unter den Linden

荷物をホテルに置いて、僕はベルリン国立歌劇場へ。

ダニエルバレンボイム指揮ラフマニノフピアノ協奏曲第3番の演奏会に行ってきました。

この曲も思い入れが深いです。

ホテル_1

ホテル_2

ホテル_3

ホテル_4

ホテル_5

ホテル_6

ホテル_7

ホテル_8

ピアニストは30歳イスラエル人のラハフ・シャニ(Lahav Shani)。ダニエルバレンボイムはニューヨークカーネギーホールでも指揮もピアノも聴きましたし、一回だけ聴きに行ったウィーンニューイヤーコンサートでも指揮を振っていました。

憧れの指揮者カルロスクライバーの指揮は実際には見られませんでしたが、バレンボイムは僕にとっては現実に観ることができる憧れの指揮者の一人なんですよね。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -