TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

帰国便で見た映画

無事に帰国しました。

留守中関係者の方々には、ご迷惑をおかけしました。

今日から打ち合わせ外来その他、頑張ります。

映画

帰国便で見たこの映画。

NASAの成功を陰で支えた人種差別時代の理系の天才黒人女性達の話。

素晴らしかったです。

しかし、なんで邦題をドリームなんかにしたんだろう?

ドリームガールズに似た話かと思って、行きの便ではスルーしてしまった。

Hidden Figures で良いのに。


クルーズシップの夕食

こちらはタリンからヘルシンキのクルーズシップで注文した夕食です。

夕食_1

夕食_2

内部には二階建ての免税デパートもありました。

夕食_3

夕食_4

下にバターをたっぷり塗った食パンがあってナイフで切って食べるのですが、個人的にはこの旅で一番のヒットでした。

東欧諸国の食事は、これからが期待ですね。


欧州から帰国です

さていよいよ欧州から帰国です。

帰国

カウンターでチケットもらって気づきましたが、帰りは成田でした。がーん。

羽田の便利さに慣れ過ぎました。

帰国直後から打ち合わせ入れてたんですが、予定を変更しないと。


フィンランド語の新聞

今年は大変欧州出張が多かったのですが、いよいよあと4時間で今年の分はおしまいです。

勉強も発表もしましたし、多くのビジネスに繋がる出会いもあり、大変充実しました。

新聞

こちらは今日のヘルシンキのフィンランド語の新聞。

何が書いてあるのか、全くわかりませんね。笑。


タリンに488Ferrari

エストニアの首都タリン旧市街に何気なく停まっていた488Ferrari 。

石畳みで底を擦らないのかなあと心配してしまいますが、ナンバーがいいですね。

8

ちなみに僕もよく使っているSkypeはエストニア人が作ったのだそうです。

ソ連から独立し、資本主義が入るようになり、140万人の人口の中ではニューリッチが増えた様です。

走っている車は、高級車も多かったですよ。


エストニアの首都タリン

皆の勧めもあり、ヘルシンキから船に乗り、エストニアの首都タリンに行ってきました。

気温は8度で大変寒かったですが、確かに綺麗な街でした。

1234

エストニアはギルドの一員であった時期もあり、ドイツの影響が色濃く残っていました。

567

第一次世界大戦で初めての独立を果たしましたが、ドイツそしてソ連に50年に渡り占領された経験を持ちます。

ソ連の占領下では、社会主義国で生活は心配なかったけれど、全く自由がなかったと、こちらの人が言っていました。

昨年からJALがヘルシンキ経由路線を導入した事で一気に日本人観光客が増えありがたい事だと話していましたよ。

これからヘルシンキに戻りいよいよ帰国です。


欧州のように

フィンランドのように北欧を旅していると、高(福祉+税)国家が成り立つのは、人口密度が低く、かつ人口が少ない国家に限るといういう条件がよくわかってくる。

フィンランド、ノルウェー、デンマークはそれぞれ約500万人、スウェーデン900万人。

これは日本で言えば都道府県の人口。

あまり政治のことは言いたくないけれど、日本のように巨大な人口を抱えた国が、高福祉国家を目標とすること自体が、すでに理論破綻していると、政治家さんたちに気づいて欲しい。

戦後の行動成長期と違い、そもそもそれぞれの価値観が大きく変わってしまった日本人全てが満足する政党政策などあるわけがない。

51
欧州のように、日本もいくつかに分国し、合州国制にして、主義の違う国家に個人が選んで住めるようにしたらいいのに、と思います。


ヘルシンキ

ヘルシンキに到着しました。

6162636465

 

欧州の中では珍しいアジア系のマジャール人の国から同じくアジア系のフィン人の国へ。

 

外交官を目指して文系学部受験の勉強していた大学受験現役時代と代ゼミの特待生だった時期。

 

代ゼミの武井正教先生の東大世界史と武井正明先生の東大地理の講義が面白くてたまりませんでした。

 

お二人の先生方は、今でもお元気なのかな?

 

夢のために、それはそれはよく勉強した記憶がありますが、今では、音楽や絵画を理解するときの教養や、海外の医師との会話のブレイクアイスとして大変役に立っています。

 
思えばある転機があって、医学部も一校だけ受験しようとふと思いついたのは共通一次の直前のちょうど今頃でした。

 

僕は理系の方が圧倒的に得意だったんですよね。今では医者は天職だと思っていますが、本当にあの時、医師になる事を思いついて良かったです。

 

人生万事塞翁が馬ですね。

 

人生結果がどうなるかわからない。

 

それゆえに、無駄な努力など無いのです。


フランツ・リスト空港にて

ブダペストのフランツリスト空港に着きました。尊敬する作曲家兼ピアニストの名前がついた空港。

なんだか嬉しいですね。

超絶技巧でピアノコンサートという全く新たなビジネスモデルを作り上げ、欧州中を演奏旅行したリストも、私の心は祖国ハンガリーにあると常々言っていたようです。

99

ちょっと時間があるので先ほど思いついたことを書きます。

海外の街の一人歩きで、僕は脳トレとアンチエイジングを意識する様にしています。

まずは脳のトレーニングについて。

新しい街に行く際には、感性を高めるために、なるべく写真も見ずに予備知識を入れないで行く様にしています。

その街に向かう機内か電車内で初めてガイドブックを開き、短時間で街の情報を一気に記憶する事で短期記憶力を鍛えるのです。

さらに、女性や子供連れにはお勧めしないですが、目的地に着いたらタクシーは使わず、ガイドブックに頼らず、現地の言葉の表示だけでホテルや目的地にたどり着くようにしています。

未知の言語も多いのですが推理力や洞察力が鍛えられます。

自分にとっては日本人と話さずに英語で物を考える時間もとても大切だと思っています。

ご存知の通り、英語と日本語では脳を使う部位が変わりますので、思考パターンも性格も変わると言われています。

日本語で考えている自分に対して、英語で思考する自分が客観的に判断を下すこともできます。

街歩きも、ある意味目的地を決めて効率良く地図をなぞるオリエンテーリングみたいなもので、論理構成力や優先順位の決定力が上がると思います。

特に男性は、中年以降男性ホルモンの低下により、好奇心と意思決定能力が落ちますので、会社の経営者などには、他に無い良い脳トレであると言えると思います。

次にアンチエイジングについて

抗加齢に効果があると立証されているのは、適度な運動と腹八分目の食事しかありません。

海外の街、特に古い町は車で動く様にできていません。ひたすら街を歩く事でより多くの発見があります。

僕は日本では会議を兼ねた会食が多いのですが、海外一人旅での食事はダイエットも兼ねてなるべく粗食にする様にしています。もちろん友人と会う時は別ですが、それも体質を変える様な断食に近いダイエットをする訳ではありません。

時間的な制約がハードな国内ではできませんが、海外では時差がありますので、朝に沢山食事を食べておくと、昼夜は本当に軽食で大丈夫な事が多いのです。

その代わりにビタミン剤と栄養補助食品は欠かさずに服用します。これらを海外出張に持って行く様になって、現地で風邪をひかなくなりました。

大切なのは、商材を一種類にせず、自分で気に入っている複数の企業のものを順番に飲むようにしていることです。

 

サプリメントを含めたアンチエイジングの食材は、ある意味攻撃というよりも守備に近く、分散投資型に満遍なく抜けが無くというのが基本ルールで、一品目に賭けてその商材だけを食べ続けるべきでは無いと僕は考えているからです。


写真映えする街で

ヘルシンキへの移動の日は晴天になりました。

朝日の出と共に起きて、撮影に行きました。

41424344454647484950515253

昼前のフライトだったのですが、青空の下良い写真が撮れて満足でした。

545556

ブダもペストも写真映えしますね!


王宮に建つマーチャーシャ教会 パイプオルガン

ブダペスト最後の夜はオペラ座チケットは取れなかったものの、王宮に建つマーチャーシャ教会でのパイプオルガンコンサートに行きました。

3132333435

この教会は音響効果が素晴らしい事でも知られていて、パイプオルガンが鳴り響く荘厳な雰囲気に、まさに神を感じました。

宗教が音楽を利用したのが分かる気がしましたね。さて僕はいよいよ帰国です。

JALなので、ヘルシンキ経由です。


国立オペラ劇場見学 グスタフ・マーラー交響曲第1番「タイタン」初演

今回のブダペスト滞在目的の一つはプダベストにある国立オペラ劇場見学でした。

21

今回の滞在中には残念ながらオペラを観ることができなかったのですが、内覧ツアーに行ってきました。

222324252627

こちらは1884年に完成したのですが、ドレスデンやウィーンの歌劇場と違って、第二次世界大戦の戦禍を免れた、大変文化的価値が高いものです。

赤い絨毯の入り口は、時の皇帝フランツ・ヨーゼフとエリザベート夫妻のためのものでした。フランツ・ヨーゼフは音楽が苦手で、こけら落としの際に15分だけで帰ってしまい、再びこの入口を使うことがなかったということです。

この劇場で記憶に残るのは、かのグスタフ・マーラーが交響曲第1番「タイタン」を初演した場所であるということ。

名曲で僕も大好きなのですが、ブタペストでは不評で、失意のままマーラーは帰国したのだそうです。


ブダペストの街並み くさり橋

ブダペストの街並み。

1413111210

今日はあいにくの曇り空でしたが、思ったよりもはるかに大きな、綺麗な街でした。

写真を撮ってもらった場所は1849年に完成した、くさり橋。

それまで船で往復していたブダとペストの街をつなぐものでした。


ルカーチ温泉 メディカルスパ

ブダペストに来たもう一つの理由は、こちらの黄色の建物。

5947621

ルカーチ温泉です。

ハンガリーは温泉大国で、こうした温泉施設がたくさんあるのだそうですが、こちらは12世紀に作られた、ブダペストではもっとも古い湯治治療施設なのです。

内部のお風呂の写真は撮れませんでしたが、外部には温泉プールが4つも存在します。

38

内風呂は源泉で、僕も30分ぐらい浸かっていましたが、しばらく汗が止まらなかったです。

病院施設やホリスティック治療場も併設されており、まさに江ノ島のメディカルスパ構想を実現している施設。

多くのインスピレーションもらいました。


トワイライト ブタペスト ドナウ川

日が沈んだばかりのトワイライト ブタペスト。

1

2367891011

カメラ好きにとっては逃してはいけない絶好の撮影タイミングでした。

ドナウ川の水面が美しい。

 

4

5

今晩はこの部屋で、並列して進んでいる著作の構成を落ち着いて考えようと思います。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -