TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

シドニーから無事に帰国しました

シドニーから無事に帰国しました。
nr_01

機内で映画を観ながら一枚の折り紙から鶴を折っていたのですが、
色々できました。

nr_02

nr_03

記憶に無いぐらい折り紙折っていませんでしたが、
なんだか数学的で面白いですね。


長かった出張も終わりました

シドニー朝6時日の出前。

シドニーの遠景を背にカンタス航空機3機。

長かった出張も終わりました。

カンタス

ホノルル ロサンゼルス経由ニューヨーク ロンドン経由レイキャビック バルセロナ 香港経由シドニー 各地での学会や打ち合わせを1つの航空チケットにまとめてしまった様な出張でしたが、わずか3週間ぐらいで本当に多くの事が決まり、人の1年分の仕事をした感じでした。

得たものも多かったですが、失ったものはWINサーフェスPCその他諸々。

来月、再来月にも欧州出張が続きますが、人生自分の感性を信じて、動ける時に精一杯動くしかないですね。


シドニー最終日

シドニー最終日。

シドニータワーにてビジネスミーティングでした。

景色が素晴らしいです。

シドニー_1

シドニー_2

シドニー_3

いよいよ明日、暫く留守にした日本に帰ります。

日本食は途中で食べた変な味のラーメンだけ。

きちんとした日本食が恋しいです。


冬のシドニーと真夏のアイスランド

上の写真が8月のつまり冬のシドニー18度。
下の写真が8月の真夏のアイスランド14度。

AG_03

AG_04

温度が逆転しているのに、植物は夏冬として振る舞うのですね〜!興味深かったです。


ペインマネージメント マスタークラス

本日はこちらに参加していました。
AG_01

僕のもう1つの専門であるペインコントロールするための手法を学ぶ学会でした。

地味な分野ですし、写真は不可でしたが、僕が痛みをマネジメントする分野で日本の認定医を取ったのは20年近く前の事。医学は常に進みますので、新たな手法が登場しますね。

AG_02
日々勉強ですね。


シドニー・オペラハウス ヨナスカウフマンのパルジファル

シドニーオペラハウスにやって来ました。

 

so2

so1
題目はワーグナーの最後の楽劇パルジファル。

ヘルデンテノールのヨナスカウフマン。

中央席前から3列目。

プラチナチケットを手に入れました。

so3so4so5

パルジファルは晩年のワーグナーがフリードリッヒ二世の為に本来はバイロイトだけで演奏する為に作った、聖杯をモチーフとした楽劇。

ワグネリアンとしてリングに比肩する演目はこの作品しかないと思っています。

このホールで観ることができて嬉しいです。


BIT’s 2nd Annual World Congress of BIOSIMILARS AND GENERICS

シドニーの夜。時差ボケで目が覚めてしまいます。

メールを見てみると、再び学会講演のインビテーションが。
来年の4月に中国の大連で開催される、世界コングレスに招待講演依頼が来ました。「スマート ドラッグデリバリー技術と機器」について。

最近のトピックでもありますね。

bio

僕が慶應義塾で博士論文にしたように、リポソームをフラクショナルレーザー機器に併用して、ビタミンCなどの化粧品原材料や、皮下細胞を形成するグロースファクター、臍帯血幹細胞由来の抽出物などを皮下に導入し、「肌を若返らせる」手法が、世界からより注目を浴びつつある一方で、僕もこの分野で多くの英文論文を書いていますので、注目をしてもらっているのだなあと、感謝しています。
ただ、ものすごい数の研究者が勢いで研究を進ませている中国で、こうした最新技術を発表することが、日本の国益に反する可能性があるというのも事実で、論文に載せていない本当のコアな内容は包み隠して発表しているのも事実です。

この辺りのバランスは、極めて難しいのです。
次世代の機器としては、プラズマ医療機器によるドラッグデリバリーをきちんとした研究の仕事としておきたいと思っています。

大学院に所属しているときは、人や動物に対して実験をする際の倫理委員会がかなりうるさく、臨床研究を論文化するのが難しかったのです。

ですが、プラズマ医療による皮膚への薬液デリバリーは、クリニックFでも、本年中にはようやく倫理委員会を通して実際に大学の研究機関と研究を進めることができるようになりそうです。

9月にはドイツのライプニッツのプラズマ研究所を訪れるアポイントが取れました。こちらはやけどや傷、褥瘡などを治すためにプラズマを使用する世界最先端のプラズマ医療研究所です。
クリニックFの頭脳集団としては、世界で一番早い段階で、正確かつ安全な「肌の若返り」施術を自分たちの患者さんに提案してゆきたい。

そういう思いで、日夜論文を読み、世界の危機研究者たちと打ち合わせをしながら、研究課題を見つけて頑張っています。
僕は、人を救いたい、痛みに対しての研究をきちんとやりたいと思い、麻酔救急科の門を叩いたのが医師としてのキャリアのスタートです。

東京都立の高齢者専門病院で麻酔や痛み治療を常勤で行い、非常勤でも在宅診療の訪問ペインクリニック治療などにも関わっていた時期もあります。

もちろんそうした仕事も大切でしたし、勉強にもなりました。

今でもほぼ全ての科の病気の相談にものれるのは、麻酔科医として外科と内科の病気と裁量を知った上で、二つの科の調整と通訳をしていた時期があったからだと思っています。

麻酔科専門医とペインクリニック認定医は取得しましたが、自分の中で一つのけじめがつきました。
そうしているうちに、僕は日本にない進化の早い医療分野で、世界に向けて仕事をしてゆきたいと思うようになりました。

レーザー医療というと、一般的な人は今でも

シミやあざをとるもの?

と考えている人が多いと思います。

しかし、定期的に肌に施術するレーザー治療に、「肌を若返らせる」「肌をメンテナンスする」「がんを予防する」効果があることに気づき、レーザー医療を欧米の学会で学ぶことを始めました。

レーザー以外にも、超音波や、光、ラジオ波、HIFU パルス磁場などの多くの医療機器がこの分野に参入するようになりましたので、これらの機器的な専門知識を増やすために、医学博士を取得したのちに、工学や、薬学を勉強して、医学の専門以外の理解力を増やすように努力してきました。
世界を目指そうと思ってからもう、20年近い歳月が流れてしまいましたね。
僕ももう50歳が目の前に見えてきましたので、今後の人生の展開をどのようにしようか、考えているところです。

ここ数年で50歳代の生き方の方向性を定めてゆきたいですね。
Dear Dr.Takahiro Fujimoto,
It is our great honor to welcome you to join The 2nd World Congress of Biosimilars and Generics-2018 (WCBG-2018), which will take place in Dalian, China during 25 to 27 April, 2018. We would like to welcome you to be a speaker and deliver a speech under Track 502: Smart Drug Delivery Technologies and Devices.
If the suggested thematic session is not your current focused core, you may look through the whole sessions and transfer another one that fit your interest (more info about the program is available at http://www.bitcongress.com//WCBG2018/programlayout.asp )
WCBG-2018 features a very strong technical program, mainly focused on: Market, Policy and Economic Trend, Biosimilars & Biobetters, Chemical Generics, Biosimilars & Generics Applications, Formulation and SDDS of Generics, Green Bioprocessing and Biomanufacturing, Business & Generic Pharmaceuticals. It aims to provide a platform for all experts from academia, industry and national labs to discuss latest hot researches and achievements. Attendees will hear world-class speakers discussing the challenges and opportunities facing the generics field. The business & academic experts who are from home and abroad will give excellent speeches.

In addition to the dynamic scientific program, you will benefit from the wonderful experience in Dalian, China. Dalian is a beautiful coastal city with a long history and abundant scenic spots of culture.

This famous historical city is radiating the vigor of its youth increasingly. We hope you will enjoy your stay in this city with all its feature, beauty, architecture and hospitality!
PS: We expect your precious comments or suggestions on the structure of our program, as well as your reference to other speakers that will be highly appreciated.
Look forward to your reply soon
Sincerely yours,
Ms. Jessica Cao
Program Coordinator


WINサーフェス PCが一台盗難

参った!

夜クタクタでチェックインして、朝シドニーで今トランクを開けたら・・・

WINサーフェス PCが一台抜かれていました。

 

保険も掛けているしクラウドに情報は入れてあるので痛手はないのですが・・・かなりショックです。

電源コードば別の場所に置いていたのですが、他にも何かやられているかも。

おそらくは、キャセイtoキャセイの香港トランジットの時にやられたんでしょう。

トランクに入れるのは危ないと思いはしたのですが、手荷物で入れるのはあまりに重くて。

PC

プレゼン資料が沢山入っている手元のMac Airがやられなくてよかった。

海外だと本当に色々な事が起こります。

ハワイで撮ったこの写真が最後になりました(涙)。


シドニーは18℃

今回の出張の最終目的地シドニーに着きました。

a2

a1

バルセロナから12時間 + 香港から10時間フライト。

流石に今日はバテました。

明日から頑張ります!


香港は27℃

バルセロナよりキャセイパシフィックにて12時間フライト。

h3h2

 

h1

香港タッチしてこのままシドニーへ向かいます。


グエル公園とサクラダファミリア

バルセロナの打ち合わせの後、グエル公園とサクラダファミリアにちょっと行ってきました。sp_15

サクラダファミリアは一年半前よりまた少し工事が進みました。
sp_16

sp_17

2028年のガウディ没後100周年に向け、着々と工程が進んでいますが、3Dプリンターの功績は大きいようです。
sp_18

sp_19

近い将来にAIが建設やデザインをする時代が来るのでしょうか?
sp_20

sp_21

sp_23

さて明日はバルセロナを去り、最後の目的地シドニーへ。

香港経由で22時間の旅です。


バルセロナでサンダー

おお! 今度はバルセロナでサンダー捕まえました。

sp_13

sp_14

今回はフリーザーとファイヤーはレイドで倒したにも関わらず捕まえられませんでしたが、レイドの勝率たった4回のチャンスの割には2匹捕まえられて良かったです。


言葉を失ったラーメン

日本を離れて20日。どうしても和食が食べたくて、2km歩いてたどり着いたラーメン屋でしたが…。あまりにもまずくて言葉を失いました。見た目からは想像出来ない不味さでした。
sp_11
思わず醤油をかけてみたのですが、どうにもなりませんでした。苦笑。


スペインにやってきました

ヨーロッパ最北の国アイスランドから最南の国スペインにやって来ました。
同じ欧州でも文化があまりにも違いますね。アイスランドはバイキングの文化。
イスラム文化が混じったスペインは全く違います。
sp_05

バルセロナに着いた昨日の晩日は、カタルーニャ音楽堂でフラメンコショーを観てきました。
sp_06

sp_07

フラメンコはカタルニア地方の民族舞踊を主体に19世紀初頭に始まりましたが、名前が定着したのは20世紀中頃。

sp_08

sp_09

sp_10

舞踊としての完成度も高く、本当に格好がいい。堪能させていただきました。


羽田健太郎さんのショパン

バルセロナにて。暑すぎて外に出る気にならず、新著の執筆もなんとなく疲れてしまいました。ネットサーフしていた時に偶然見つけた羽田健太郎さんのショパンの幻想即興曲。
sp_04https://youtu.be/jD4gCH9Azms

僕ものこの曲が大好きで、高校生の時になんとか通して弾けるレベルにはなったのですが、この曲は右手3拍子、左手4拍子、つまり頭の中で12拍子を完璧に維持しなくてはならない曲なのです。しかも薬指や小指に旋律のアクセントを持ってきたりと、弾き手泣かせ。羽田さんの演奏は、まさにショパンの楽譜通りで、テンポに一切の乱れがない。弾ける人にしかわからない、この演奏のクオリティの高さ。まさに素晴らしいの一言です。題名のない音楽会で、羽田健太郎さんの司会好きでした。惜しい人を亡くしましたね。


バルセロナに着きました

バルセロナ着きました。2016年1月以来です。

22時40分に到着し、1時間以上経ったのに、誰の荷物も出て来ません。皆ターンテーブルに座りだしました。
sp_03

しかも、荷物のレーンからレイキャビックからの到着荷物の表示が消えちゃいました。

皆驚いてはいますが、気にしていないようです。

まあ、仕事が遅いとか、間違っているとか、細かいことはラテン系の国では気にしちゃいけないってことですね〜!


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -