TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

レーザートレーニング講習会

今日3つめの講演は、若手の先生方に対してボランティアでやっている、レーザートレーニング講習会での講演でした。

20-30代の若い先生が大半ですが、忙しい診療後に学びにくる、勉強家たちです。

世界最新のレーザー医療の勉強を系統だってできる施設は、厚労省認可のデバイスラグの問題がありますので、国内にはどこの大学病院にもありません。

元東海大学病院長の谷野隆三郎教授もご参加くださり、お言葉もいただきました。

サーマクール、ウルセラ、クルスカのデモンストレーションも行い、充実した会になりました。

3%e3%81%a4%e7%9b%ae%e2%91%a0

3%e3%81%a4%e7%9b%ae%e2%91%a1

3%e3%81%a4%e7%9b%ae%e2%91%a2

3%e3%81%a4%e7%9b%ae%e2%91%a3

3%e3%81%a4%e7%9b%ae%e2%91%a4


第41回 ナレッジプール講演会

次は、政策研究大学院大学にて第41回ナレッジプール講演会の講演講師に呼んでいただきました。

僕の専門である医工薬学にわたるアンチエイジングレーザーの研究と、音楽と脳の話もさせて頂きました。

日時: 2016年12月6日(火)17:00-19:00
講師: 藤本 幸弘 氏(クリニックF 院長、博士(医学)、博士(工学)、MBA)
テーマ:「肌を若返らせる」アンチエイジング・レーザー医療について最新の知見
会場: 政策研究大学院大学 4階 研究会室4A(東京都港区六本木7-22-1)

【内容の紹介】
レーザー光は光(電磁波)を増幅し、コヒーレントな光を発生させるレーザー発振器を用いて人工的に作られる光である。

1905年のアルベルト・アインシュタインの論文 「放射の量子論について」がレーザーの理論的基礎を確立したため、昨年が理論成立110周年にあたる。

こうしたレーザー機器を用いて「シミを治療する」治療法は1990年代より開始されたが、特に米国ハーバード大学皮膚科学を中心に「肌を若返らせる」レーザー光治療の研究が進み、21世紀になって最も進化した医療分野の一つと言われるようになった。

現在のレーザー治療は、肌を「点」で治療するものではなく、顔全体を「面」で治療するものに変わり、学会でも10年前の写真と、10年前よりも若々しくなった現在の写真が並べて供覧されるようになった。

面の治療で出来ることは肌の「ホワイトニング(透明感を上げる)」「タイトニング(張りをつくる)」「リサーフェシング(ニキビ跡や毛穴などを再び平らにre surfaceする)「リフティング(引き上げる)」の四点であるが、こうした治療は、デバイスラグの状況にある日本で特に保険診療で行うことは難しい。

本講演では「肌を若返らせる」アンチエイジング・レーザー医療についての世界の現状を総括したい。

%e8%ac%9b%e6%bc%94%e2%91%a0 %e8%ac%9b%e6%bc%94%e2%91%a1 %e8%ac%9b%e6%bc%94%e2%91%a2 %e8%ac%9b%e6%bc%94%e2%91%a3 %e8%ac%9b%e6%bc%94%e2%91%a4


プラズマライフサイエンス イノベーション研究体プラズマ医療セミナー

今日は講演が3連続です。

まずは東京都市大学での講義です。

プラズマライフサイエンス イノベーション研究体プラズマ医療セミナー Plasma Life Science Innovation Research Group Plasma Medicine Seminar

プラズマ医療に関する講演会を開催します。

今回は、クリニックF院長の藤本幸弘先生による「アンチエイジングにおけるレーザー治療の最前線」です。

シミ、ソバカス、肝斑、たるみ、シワ、毛穴、ニキビ跡などの治療に用いられるレーザー治療装置に関する世界的動向と最先端研究についての講演です。

特に、女子学生は是非とも参加してください。

日 時:2016年12月6日(火曜日)15:00~16:15
場 所:東京都市大学世田谷キャンパス
21C 教室(2号館1階)
講演者:クリニックF 院長 藤本幸弘氏
アンチエイジングにおけるレーザー治療の最前線

%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e2%91%a0

%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e2%91%a1

%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e2%91%a2

%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e2%91%a3

%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e2%91%a4

%e5%a4%a7%e5%ad%a6%ef%bc%96

%e5%a4%a7%e5%ad%a6%ef%bc%97


日本美容外科学会(JSAPS) 美容機器医療 のシンポジウム

先月京都で開催された日本美容外科学会(JSAPS)の公式フォトギャラリーが送られてきました。

美容機器医療のシンポジウムにて座長を引き受けさせていただきましたが、諸先輩方の機器に対する経験と知識が素晴らしかったです。

%e8%ac%9b%e6%bc%94_1

%e8%ac%9b%e6%bc%94_2

%e8%ac%9b%e6%bc%94_3

%e8%ac%9b%e6%bc%94_4

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e7%be%8e%e5%ae%b9%e5%ad%a6%e4%bc%9a5

%e8%ac%9b%e6%bc%94_6

%e8%ac%9b%e6%bc%94_7

僕もまだまだ勉強しないといけませんね。


CUTERA社 トゥルスカの講演

 

CUTERA社本社にてトゥルスカの講演でした。

 

%ef%bd%b7%ef%bd%ad%ef%be%83%ef%be%971

%ef%bd%b7%ef%bd%ad%ef%be%83%ef%be%972

%ef%bd%b7%ef%bd%ad%ef%be%83%ef%be%973

%ef%bd%b7%ef%bd%ad%ef%be%83%ef%be%974

 

細かくディスカッションができるように、人数を制限して小規模で行うRFの勉強会も兼ねていました。

 

 

%ef%bd%b7%ef%bd%ad%ef%be%83%ef%be%975

 

トゥルスカは、痩身の機器としてももちろん使えますが、顔のリフティングの機器としての使用の方がはるかに使い勝手が良いと思います。

4月サンディエゴの米国レーザー医学会で演題発表しますので、また事後報告兼ねて行う予定です。

 

 


第39回日本美容外科学会総会、「機器を使った治療」座長

10月23日より京都で開催される第39回日本美容外科学会総会にて、「機器を使った治療」のパネルディスカッション座長という大役を仰せつかりました。

nb
1

山下理絵先生、小幡有史先生、石川浩一先生、宮田成章先生、清水裕紀先生、吉本信也先生、そしてプログラムに無いですが、土井秀明先生・・・という錚々たるラインアップ。

23

その並んだ名前を見るだけで今から緊張していますが(苦笑)出来る限りの準備をし、諸先輩方の胸をお借りするつもりで精一杯務めさせて頂きますので、何卒よろしくお願いいたします。

 


耳ツボを刺激することによって得られる痩身効果を、科学的にいかに立証するか

≪耳ツボを刺激することによる痩身効果を、科学的にいかに立証するか?≫

昨日より、第37回日本肥満学会が東京医科歯科大学小川佳宏教授の会長のもと東京ファッションタウンビルで開催されています。

5

日本肥満学会は、研究現場では中枢性エネルギー代謝制御機能、脂肪細胞の生物学、内分泌器官としての脂肪組織、ゲノム・エピゲノム学などの幅広い分野で。さらに臨床現場では、内臓脂肪型肥満やメタボリックシンドロームの概念の確立など功績を残している、医師のための肥満症学の専門学会です。

今回の肥満学会では僕は、「耳介経絡刺激による痩身の効果判定ー1000名データの統計解析によるー」という演題を発表させていただきました。

4

この発表が実現したのは、約一年半前に鍼灸の学校法人である近畿医療学園の小林英健先生より、耳介の経絡刺激による痩身の効能を現代医学で実証してもらえないか? という依頼を受けたからでした。

西洋医学と鍼灸を中心とした東洋医学とでは、医学としての成長も根拠とする理論も少しづつ違います。

個人的には健康的な生活を主体に考えた場合、どちらのよい面も利用したらよいのだと思います。

僕も数年前に「痩身を科学する」という本を書かせていただき、多くの痩身手段についてはそれなりにリサーチしたつもりでしたが、耳介経絡刺激の痩身は、古くから東洋医学の世界では指摘されていましたし、実際にも日本で20年以上も続いている痩身治療でもあり効能の証明には興味がありました。

例えば、米国では、禁断症状のある薬物を断つ際に、鍼灸刺激が利用されています。一部の文献では、鍼灸刺激がセロトニン系を賦活化させることで不安と痛みを軽減し、気分を高揚させるという点が指摘されていました。

もちろん、運動、食事、教育に勝る減量スキームはありませんが、減食がもっとも辛く、実現しにくい方法です。

そこの補佐として「耳介経絡刺激」という選択肢もありなのではないかという発想に至ったのです。

しかしながら、実際にある手法の効能を立証するのは、かなりのハードルがありましたので、戦略を練らねばなりません。

 

耳つぼダイエット法は、実際に鍼灸針を使って耳を刺激するわけではなく、小さな金属粒子を耳に貼ることによって刺激を与えます。

この刺激が、鍼灸刺激によるもとほぼ同じ刺激であることをまず立証しなければなりません。

そこで、48名を①まったく刺激のないコントロール群、②耳内針刺激、③金属粒子刺激の三群に分け、①コントロール群に対して、②と③二種の刺激が体重減少に効果があったことを統計学的に見ていき有意差を出しました。

次に、過去の鍼灸関係の論文を紐解き、実際にどの経絡が痩身に関わる可能性があるのか、割り出しました。

➀神門
➁食道
➂噴門
④胃
➄肺
➅内分泌
➆飢点

・・・というものが過去の論文でも検証がなされており、それぞれは

1.不安と痛みを軽減し気分を高揚させる
2.食欲抑制効果
3.塩味覚過敏効果
4.満腹感亢進効果
5.空腹感減少効果

・・・などの効能が認められている経絡だということになります。

2

耳介内にどどまるという、使用しやすさから、このうち➀-⑥までの6点を採用したのです。

さらに、データを1000名分以上集めて、施術の前後を客観視できる機器で数値によるデータを測定し、統計解析および相関関係を調べることを行いました。

 

タニタの体組成計を用いて、3か月間の施術を行ったのちに解析を行い、まず耳介経絡刺激は、体重減少に対しては確実に効果はありそうだという結論に達しました。

1

考察としては、西洋医学的な意味付けが必要です。

鍼灸刺激とはいっても、解剖学を外すわけにはいきません。

耳介周辺の解剖を、30年ぶりに勉強しなおしました。

耳介を支配する求心性知覚神経は大きく分けて3種類。

一つは耳介上部から外耳道後壁に分布する迷走神経耳介枝(副交感神経)そして、第二頚椎神経から発生する小後頭神経が耳介後部を、さらに、第三第四頚椎神経から発生する大耳介神経が耳介前下部に分布します。

今回刺激した部位は、すべてがこの迷走神経耳介枝に属します。

解剖学的には迷走神経を刺激する可能性が高いのです。

肺や噴門などの経絡刺激により塩味覚が過敏となりますが、その結果塩分摂取量が変化します。

レニン・アンギオテンシン・アルドステロン系、さらにはその上位のACTHを介して水・ナトリウム代謝に影響がでることが予測される。

塩の味覚が鈍い人は塩の摂取が多いために水分貯留が起こっている可能性が高いといえるのです。

そして、今回のキーワードはレプチン。

 

レプチンは1994年に見つけられた新たなホルモンです。

脂肪細胞によって作り出され、強力な飽食シグナルを伝達し、交感神経活動亢進によるエネルギー消費増大をもたらし、肥満の抑制や体重増加の制御の役割を果たすペプチドホルモンの存在は、当時の医療界にとっても衝撃に値しました。

両側耳介経絡刺激による減量効果発現の作用機序は、「耳介鍼刺激」により耳甲介腔に分布している迷走神経枝が刺激され、視床下部の摂食調節や食欲惹起や満腹感形成に関与するニューロン群の興奮あるいは抑制がおこり、白色脂肪細胞由来のホルモンの「レプチン」カスケードを通してた結果として満腹感が形成され摂食量の減少して体重減少をきたしたものと結論しました。

3

自分としてもこの論理展開は腑に落ちました。

博士論文を書く思考パターンに似ていますが、こうした多くの分野にまたがる事象の立証作業が、僕の好きな仕事なのだなあと痛感しましたよ。


第13回トータルアンチエイジングセミナー

第13回トータルアンチエイジングセミナー僕の講演終わりました。

多様化する価値観の中ビックバンイノヴェーションを見据えて、特定の医療機器に依存するビジネスモデルを作るのは危険です。

「必要なレガシーをワイズスペンディングで作っていく」ために 、皮膚科、形成外科、美容皮膚科、美容外科でそれぞれ必要なレーザー光治療器の三種の神器をご紹介できればもっとよかったです。

jmec_1

jmec_4

jmec_6

400名近くの席がほぼ満席という企業セミナーも珍しいです。

この様なセミナーはレーザー光医療の総論的知識を得るには、1番効率が良いですね。

jmec_2

jmec_3

jmec_5

そして何よりも特別ゲストの林修先生のセッション。

最も社会にて必要な能力はコミュニケーション能力で、コミュニケーションをとるためにいかに普段から林先生が工夫されているか。

コミュニケーションがとれない理由は、わからない場合か、わかろうとしない場合に分けられ、わからない場合は両者の「知識」と「視野」そして「志」が違う事が理由であると言う指摘は的を得ていました。

さらに、賢い子は5歳の段階で賢い顔をしているので、賢さでは逆転できないが、コニュニケーション能力は工夫次第で鍛えられるなどなど。

40分ののスペシャルトークは大満足でした。

講師室で皆で一緒に写真を撮らせていただきましたが、著作権の問題でアップ出来ないのが残念です。


クリニックFの外来中です

JAASの講演から帰ってきて、クリニックFの外来中です。

今週からは学会続きです。

%e5%ad%a6%e4%bc%9a

今週日曜日10月2日には株式会社JMEC社のトータルアンチエイジングセミナーが開催され、僕は経営学のこちらのお題で講演をさせていただくことになっています。

「激化する競争の中での差別化戦略 ~勝ち組と負け組は何が違うのか?~」

よく使われる言葉ですが、クリニック経営も、「それなり」経営 から 「ならでは」経営 へ 経営戦略を変化させなければならない時期ですよね。


第7回JAAS日本アンチエイジング外科学会の講演

帰国早々ですが、今日は朝11時から池田先生率いる第7回JAAS日本アンチエイジング外科学会の講演でした。

%e8%ac%9b%e6%bc%94_1

%e8%ac%9b%e6%bc%94_2

%e8%ac%9b%e6%bc%94_3

%e8%ac%9b%e6%bc%94_4

「水素療法について」の研究と臨床の総論を語らせていただきました。

%e8%ac%9b%e6%bc%94_5

%e8%ac%9b%e6%bc%94_6

ドイツ時間ではまだ朝4時なので、なんだか頭が回りません。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -