TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

■イタリア出張2012秋⑲ ピロタ レーシングドライブ トレーニングコース②

約1時間ばかりの英語によるサーキット走行講義ののち、サーキットに向かいます。

このように番号の振られた真紅のF458が14台。

Img_0537

ウォーミングアップを終えた車も、続々とピットに入場してきます。

Img_0496

美しい曲線美。

フェラーリ社のデザインの美しさとオーラは他車を圧倒しますね。

Img_0530

Img_0569_2

車に乗り込み、いよいよ実践トレーニングです。

Img_0487

Img_0503_2

Img_0475_2

Img_0478

路面が多少濡れていますが、水しぶきを上げて車体が走りだします。

Img_0577_2

数週走ったところで、いったんピットイン。

再びブリーフィング。

Fiorano_1415_nov_20120023

コース最初の段階で、参加者の技量が試されたのです。

Img_0572

走行後、参加者が赤色、黄色、緑色、青色チームに分けられます。

Img_0511

僕は黄色チームのメンバー。

見えにくいですが、僕の名前TAKAHIROが一番上にありました。

これはちょっと嬉しい(笑)。

Img_0531

しかしながら、コース終了までに計30回ぐらいサーキットを走ることになりましたが、運転技術が桁外れに上達したのがわかりました。

速く正確に路上を走る技術は安全走行に直結します。

これには特殊なトレーニングは貴重な体験ですね。

僕についてくれた黄チームのトレーナー。

Img_0489

車に同乗して、秒単位で指示と、貴重なアドバイスをくれました。

走行中の車のデータはすべてこちらのコントロール室で管理されています。

Img_0504_2

エンジン回転数、使用ギア数、ステアリングの回転度合、ブレーキの使用の時間と強さ、車体のスピードなど。

Img_0630

ここまでハイテク化されているのは驚きました。

Img_0577


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -