TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

応用物理学会誌の工学の論文

おはようございます。今日はクリニックFの外来です。

 

昨日の休診日はゴルフに行ったのですが、なんとも精彩を欠いたゴルフで、がっかりでした。花粉症の薬のせいかなあ。と、薬のせいにしておこう(笑)
朝早く来て本年の業績の整理をしていたら、2012年に僕が投稿掲載した応用物理学会誌の工学の論文が出てきました。

12

工学博士を取得する時には、英文論文4報と日本語論文を数報書きましたが、理論系は僕の性に合ってますね。

医療臨床分野の立証は、統計学を使わなければならないので、有意差から外れる例外が必ず存在します。

ですが、工学分野では数式を使うと誰もが100%納得できる内容になります。

このスッキリ感が僕は好きなんですよね。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -