TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

オオムラサキの標本

多くの方は三連休だと思いますが、今日はクリニックFの外来です。

明日は大阪で講演を控えています。

そのプレゼンも仕上げないとです。

頑張ります!

蝶

昨日は、モーツァルト療法の和合教授に、お土産をいただきました。

こちら、オオムラサキの標本です。

深い紫が素晴らしいですね。

北杜市の博物館では見たことがあるんだけれどなあ。

貴重なものをいただき、大変感謝しています。

昆虫学会ではオオムラサキを国蝶と指定しているそうですが、僕がレーザー工学の大師匠である、慶應大学工学部の藤岡和夫教授は、蝶の研究家としても有名で、アマゾンで名前を検索すると、レーザー工学の本と、蝶の分類の本が同じぐらい出てきます。

電磁波動理論も美しいですが、蝶もいいなあ。

以前、海面に出た「クジラのしっぽ」が蝶の形に似ているので何かを表す言葉があったと思うんですが、どうしても思い出せません。

なんだか覚えている人、いますか?


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -