TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

フェルメールの地理学者の絵

化粧品商材のビタミンCの専門家。

業界では数少ない博士号を持った経営者。

お互いワグネリアンで、研究者仲間の株式会社ITOの伊東社長が、フランクフルト土産に額装されたフェルメールの地理学者の絵を持って、新クリニックFを表敬訪問してくださいました。

フランクフルトのシュテーデル美術館にあるこの絵は僕のお気に入りで、それを覚えていてくれました。

院長室に飾らせていただきました!嬉しい。

ITO

この絵のモデルは、歴史上はじめて顕微鏡を使って微生物を観察した科学者アントニ・ファン・レーウェンフックではないかと言われているのですよね。

そう言った意味でも嬉しいです。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -