TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

東京大學

今日は医師会費を払いに来ました。

ここで研修医をやっていたのはもう四半世紀前になってしまいましたが、このゲートは変わらず。

東京大學


チャイコフスキー国際コンクール

本年のチャイコフスキー国際コンクール。

ピアノ部門24名発表されましたね。

注目している若手ピアニストである藤田真央さんもコンテスタントとして日本から選ばれてます。

楽しみだ!

An Tianxu / China
Beisembayev Alim / Kazakhstan
Broberg Kenneth / USA
Gadjiev Alexander / Italy
Geniushene Anna / Russia
Gugnin Andrei / Russia
Daneshpour Sara / USA
Yemelyanov Konstantin / Russia
Cano Smit Albert / Spain
Kantorow Alexandre / France
Kim Dohyun / South Korea
Kopachevsky Philipp / Russia
Liu Xiaoyu / Canada
Malofeev Alexander / Russia
Melnikov Alexey / Russia
Mun Arsenii / Russia
Xie Ming / China
Tarasevich-Nikolayev Arsenij / Russia
Wu Yuchong / China
Fujita Mao / Japan
Harliono George / UK
Shishkin Dmitriy / Russia
Yang Yi Ke / Canada
Yasynskyy Artem / Ukraine
Yashkin Anton /

Russiahttps://tchaikovskycompetition.com/en/contestants/


クリニックF院長室PC

今日は休診日なのですが、クリニックF院長室PCの内臓ハードディスクを増設しに来ました。

久し振りにPCの内部開けました。

SATA電源ケーブルが足りなかったので、買いに行き、先程めでたく完了です。

IDEの時は楽だったんだけれどなあ。

写真ファイルがすぐに溜まってしまっていたのが原因だったんですが、わずか数千円の投資で、超快適ですね。

PC_1

PC_2


サン=テグジュペリ「人間の大地」

同世代のお友達で、日本を代表する遺伝子学者の一人でもある相澤先生のおすすめの書を買って早速読んでみました

60005934_10219509436794991_3057502998008692736_n

リヨンで生まれた、星の王子さまの著者サン=テグジュペリの本ですが、飛行機乗りの世界観が素晴らしい。

宮崎駿が紅の豚のインスピレーションを貰ったと語っていましたが、他の著作も読んでみようと思います。

リヨンから帰ったばかりなので、とてもいい機会でした。

44歳の時にマルセイユ沖で操縦していたロッキード機を撃墜されて彼は戻りませんでしたが、その機体が今世紀になってから発見されて話題になりましたよね。

ちなみにいま文庫本、いくらだと思いますか?なんと980円でした。

ちょっと驚きました。やっぱり小説は電子媒体ではなくて、本で読みたいものです。

それ以上の価値はありましたが。


メトロポリタンオペラ「ニーベルングの指輪」ライブビューイング

メトロポリタンオペラ ライブビューイングですが、いよいよ第9回目の作品であるワーグナーのニーベルングの指輪、第一夜「ヴァルキューレ」が始まりましたので、さっそく観てきました。

ライブビューイングはシーズンごと10回の公演ですが、ワーグナーだけチケットは5100円。

映画館にしては高いのですが、まあ上映時間が5時間を越えますので、一時間当たり千円みたいな感じですね。(笑)。

今日は最前列以外の席はほぼ満席で、驚きました。

59970552_10219508362568136_791698081950203904_n
ワーグナー音楽は男性好みと言われていて、海外でこのリングを観ると、観客はほとんどが男性なのですが、日本では女性の観客が多いのです。

ワグネリアンとしては不思議な現象だと思います。

59745458_10219508362448133_6642062319335505920_n
ニーベルングの指輪は僕のブログ国際学会周遊記でも数多くふれてきましたが、以下の四部作となっています。

序夜 『ラインの黄金』(Das Rheingold):2時間40分
第1日 『ワルキューレ』(Die Walküre):3時間50分
第2日 『ジークフリート』(Siegfried):4時間
第3日 『神々の黄昏』(Götterdämmerung):4時間30分

演奏に通常は4日間かける、「史上最高の壮大なオペラ(楽劇)」だと言われています。

英語圏ではこの4日間のリング公演開催を、リングサイクルと呼んでいるのですが、この物語はそもそも観るのが16時間かかり、3世代にわたる神々の物語なのです。
北欧神話とニーベルンゲンの歌、英雄シグルスの伝説を元にした壮大な神話劇です。

最初は理解するのも難しい。

ただし、聴くたびにあたかも麻薬のようにどんどん引き込まれてしまうのがワーグナーの音楽で、僕もそう思います。

神話をオペラ形式にするこの発想は、スターウォーズ、指輪物語などに引き継がれていますね。

中でも「ワルキューレ」はこの物語に内包される多くの謎が織り込まれた、起承転結の承の部分にあたり、4作の中で最も人気のあるものです。

特に、第三幕の開幕では、あの「地獄の黙示録」のアパッチのシーンに使われた壮大な音楽「ワルキューレの騎行」が使われています。

METのロベール・ルパージュの演出があまりに素晴らしく、映像を観ていても涙が出そうになりましたよ。

リングを初めて観てからもう何十年も経ってしまいましたが、観るごとに、いまだに新しい事実に気づきます。

一体幾つの伏線をこの物語に引いているのでしょうか?

60361995_10219508362488134_6332105838232076288_n
ワーグナーの本家であるバイロイト音楽祭では、独自バージョンの前衛的なリングが毎年公演されていて、賛否両論あるのですが、METのものはまさに正統派で、時の話題の歌手を用いているので、いつ観ても安心して心から感激できますね。

今回の上映は一週間だそうですが、お勧めしますよ。

出演:クリスティーン・ガーキー、エヴァ=マリア・ヴェストブルック、スチュアート・スケルトン、グリア・グリムスリー、ギュンター・グロイスベック、ジェイミー・バートン

写真はMETのWEBからお借りしました。


クリニックFの外来

朝7時に羽田空港着。

酸素カプセル入ってからクリニックFの外来やっています。

F_1

F_2

ボーっとしていましたが、欧州時間で朝になったので、ようやく目が覚めてきましたかね。


スターアライアンス機でフランクフルト

今頃はワンワールド機でロンドンにいるはずが、スターアライアンス機でフランクフルトにいるなんて。

なんだか不思議ですね。

ドイツ_1

ドイツ_2

ドイツ_3

明日から学会で、この方法が本日中にリヨンに入る事が出来る唯一のルートだったのです。

羽田で車乗り捨てましたが、なんとか間に合って良かった。

こんな事もあるんだなあ。


自分ブランドのつくり方

お友達の三浦親子が自分ブランドのつくり方という本を書かれました。

この本、実は一年前に出版され、嗅覚のアロマセラピー、聴覚の音楽の、心と身体への医学的効能について、僕の著作の事にも触れていただいているのですが、手違いがあったようで、ようやく献本いただきました。

本_1

本_2

本_3

良い本ですので、ご紹介しますね!


一蘭ラーメン

一蘭ラーメン 太宰府天満宮支店限定、合格ラーメンとやらを食べてみました。

味はどうかなあ。

考えてみれば医学部大学院時代に六本木でクリニックをやっていた2000年頃から、診療後の締めのラーメンは一蘭よりも一風堂でしたね。

ラーメン_1

ラーメン_2

それと見慣れてきた令和の文字。

音は綺麗なんですが、漢文的には「令を和する」ではなく、「和を令する」と読めてしまい、どうも気になります。

いっそ和令で良かったんじゃ無いかなあ。

ラーメン_3

ラーメン_4

ラーメン_5


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -