TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

まだまだポケモンGO ミュウとミュウツー

連休の中日、クリニックFの外来です。

今日の予約もおかげさまで満員御礼で頂いていますので、集中力を切らさず、全身全霊で頑張ろうと思います。

 

さて・・・まだやってるのかと言われそうなポケモンGO

男子の本能を搔き立てる虫捕り収集的な要素と、時間の無い中効率良く戦略構築しなければ早く集められないという要素があって、結構頭使うんですよね。

前半の連休最後の4月30日にはこの2匹が取れました。

12

僕的には80mm級の国産オオクワガタを2匹捕まえたイメージなのですが、分かる人にはわかってもらえますかね。笑。


「なぜ、経営者や医師は酸素カプセルを使うのか?」

2018年5月発売の最新刊です。

1
今回は高圧酸素療法について。2012年にペインクリニック誌に高圧酸素療法を痛み治療についての依頼論文を書きましたが、こちらを疲労回復に使用できないかと思い、著作にまとめました。
以下、はしがきです。
実は昨年5月に、左手の親指の先端を骨折しました。

私は今、専門の医工学の分野で、年間20回以上海外出張し海外の学会で招待講演をする仕事をしています。

日程によってはかなりハードな出張も多く、時差ボケでボーっとしている時間に車の扉に指を挟んでしまったのです。

パキッと音がしたのを感じて、顔面蒼白になりました。

幸いにも関接は絡んでいなかったのですが、骨折の場合は全治6週間が相場です。

左手だったからまだ良かったのもの、日常の診療にもかなり差し障りがあります。

なんとかして早く治す事が出来ないかと思った時にふと思い出したのが、痛み治療の医師専門雑誌である「ペインクリニック」誌で依頼原稿を書いた時に総説した「高圧酸素療法」でした。

サッカー選手のベッカムを始めとする世界のアスリートが骨折治療や疲労回復に酸素カプセルを利用しているという話をふと思い出したのです。

2008年の北京オリンピックでは高圧酸素療法がドーピングの一種ではないかと議論もありましたよね。
高圧酸素療法の治療を行う事ができる施設を探したのですが、知人の伝手を辿って、東京駅の八重洲口にある企業で、デモ機器を体験させていただき、60分間酸素カプセルに入ったところ、左手親指のジンジンとした痛みがピタリと消えてしまいました。

その絶大な効果に衝撃をうけ、高圧酸素療法の未来を感じたのです。
高圧酸素療法と、酸素カプセルは厳密にいうと気圧の上限が違います。

病院などで利用できる高圧酸素療法は2-3気圧まで気圧が上がるのに対して、フィットネスクラブなどの一般の施設で利用可能な酸素カプセルは1.3気圧を上限に設定されています。
人間の病気の多くは組織の酸素不足から起こります。

これらを組織の酸素飽和度を上げる事で改善するのです。

高圧酸素療法には二つの意味合いがあります。

一つはもちろん多くの酸素を体に加える事ですが、もう一点は高圧にするという点です。

低気圧が近づくと、なんだか体調が悪く鬱になる人は多いと思います。

また日本の冬の季節に、高気圧の南の島にゆくと、その年の免疫力が上がり風邪をひきにくくなり、気持ちが晴れやかになるというのは一般人でも経験的に感じる事だと思います。

高圧にすることで人間に与えるよい影響も多いと考えられます。

さらに高圧になると、ヘモグロビンと結合する酸素に加えて、血液中に溶解する溶存酸素量も増えますので、組織への酸素効率もより高くなるのです。
一方高圧酸素療法は良い点ばかりではありません。

医師としては、酸素が体に害があることは常識です。体の老化とガン化に活性酸素が関わっており、人体に吸収された酸素の約2%が活性酸素になるのです。

高圧酸素療法を行う事で最も気になった点は、体内の活性酸素が増えるのではないかという事でした。この点については多くの論説が出ていますが、本文中に記載した通り、私も実験を行い、実際には影響がないというように結論付けました。
よろしかったらお読みください。また予約ができるようになりましたらアップしますね。


数字の3にこだわることで健康状態は維持できる

お早うございます。

今日は連休前日。今週金曜土曜のクリニックFは藤本外来です。

予約も満杯で、キャンセル待ちをいただいている状況です。有り難い限りです。
今日も集中力を切らさず、頑張ろうと思います。
さて、ここ数回様々な出版社、編集者の方から
どのような化粧品や日焼け止め、サプリを飲む(使う)べきでしょうか?
どの様なシャンプーを使うと育毛効果がありますか?
といった質問を受けました。
同業者であれば気持ちをわかってもらえると思うのですが、こういった質問は医師にとってとても答えづらいものです。

上海_3
個人の健康資質とは、持って生まれたDNAや、年齢に比例した抗酸化力、食生活、それまで培ってきた健康状態、さらに腸内細菌叢(腸内フローラ)などによって変化する、非常に複合的なものであり、良いものと悪いものは、個人個人で違うことが当たり前です。
ある人にとって必要な物質は、ある人にとっては全く必要ないものかも知れません。
そして、どんな薬品であれ、サプリメントであれ、オーガニックな物質であれ、
「身体に良いもの(効能があるもの、必要なもの)」

「身体に悪いもの(アレルギー反応があるもの、蓄積してしまうと害になるもの)」
がどちらも含まれています。
さらに、医療理論や、健康理論、美容理論は絶えず進化し、変化するものですから、一つの手法にBettして(賭けて)しまうのは危険です。
ある論文を境に理論が正反対になってしまうかもしれないからです。
ではどうしたらよいか?
一番よい方法は、個人の感性を豊かにして、自分に合う方法を探す事。それもひとつではなく、三つ探すことが肝要です。
誰かに勧められて、または有名人がやっているから、といった理由でひとまずスタートするきっかけを得るのは良いと思います。
問題はその後の継続で、闇雲にただそこに固執し続けるのではなく、その手法や薬が本当に自分に合っているのか、日々の生活の中で考えるという事が毎回毎回必要なのです。

右に倣えが得意な日本人の特性としてこれは言うは易く行うは難しでなかなか難しいとは思いますが、そういう時は一つに絞り込もうとせず、選択に幅をもたせ3つ常に用意することをお薦めしています。
三位一体、トリニティ。鼎立。よい言葉は様々ありますが、サプリや、化粧品、シャンプーなどは、気に入ったもの、なんとなくこれは良い気がする、これを使うと気分が良い、といったあいまいな理由で結構ですので、ひとまず三品目選び、それぞれ順番に違うものを使いまわして行く。

あるいは、最もよいと自分で思うサプリや生活習慣をそれぞれ3つみつけ、その3つを順番に行う。
「身体に良いもの」であれば、3種類の手法のメリットを受ける事ができますし、例えば、ある商材に製造工程で何か「身体に悪いもの」が含まれていたとしても、リスクを三分の一にできます。
健康を維持するというのは、病気の様に原因に対処するオフェンシブ(攻撃的)な考えではなく、全ての侵害刺激から身を守るディフェンシブ(防御)能力を上げる様な事が必要なのです。


アルキメデスの大戦

起業した医師の会のゴルフコンペが延期になり、久しぶりに予定の無い日曜日。

玉田先生に勧められて4巻まで読んでいた「アルキメデスの大戦」の残りを買って読みました。

1

戦艦大和の完成に関わった、東大数学科から海軍少佐に特任された数学の天才の話ですが、ますます面白くなって来ました。続きが読みたい。

ドラゴン桜を描いた三田紀房氏の最新作です。おすすめです。


IFMC 東京都市大学総合研究所ミネラル結晶体研究センター 

東京都市大学でのマスコミの方を迎えたキックオフシンポジウム。

4.18.2

378

1

学長、副学長、Team IFMC.とともに。

テレビカメラも何台も入り、立ち見が出るほど盛況でした。

今回の研究センターでの研究テーマは、我々の生み出した様々な生体への役割を持つIFMC. 集積性機能性ミネラル結晶体。

456

これから医療分野で活躍しますよ。


全米TOYOTAの本社が移転した地

ダラスで最近の話題といえば、昨年に全米TOYOTAの本社が移転した事。

ダラスダウンタウンから北に30分。行ってきました。

432

その巨大な建物に圧倒されました。

テキサス州は、エアコンが作られるまで暑すぎてほとんどの人が住めない地域でしたが、この巨大な本社ビルの電力は、ほとんどが風力発電でまかなわれているのだとか。

1

米国星条旗とTOYOTAそしてテキサス州旗が並ぶのは、以前は独立国家だったテキサス人のプライドでしょうね。

さらに法人税がかからないというのもダラスに人が集まる大きな理由の一つですね。

この地域はもっともっと発展しそうです。


マーク・ザッカーバーグ

アメリカやヨーロッパでは主に報道番組を中心にテレビをよく観ます。トランプ他政治問題はひとまず置いておくとして、マークザッカーバーグ氏の報道を今回の出張ではよく見ますね。

1

個人情報の二次利用で、米国上院議会の公聴会に呼ばれて謝罪発言したという話題です。

Facebookのおかげで切り開かれた市場も多いと思いますが、ある程度大きくなってしまうと企業は自然に走り出してしまうものです。

栄枯盛衰、盛者必衰の理あり。SNSについてここ数年僕も思うことあり、記事を上げながら頭の片隅にいつも迷いがありました。

ひとつの時代の終わりに立ち会っているのでしょうね。今後はfacebookを個人利用に限って行こうと考えています。

趣味の話など中心とするのも良いですよね。


本郷 外来診療棟

毎年医師会の更新手続きに本郷に来ます。

1

いつも楽しみにしている桜並木が、今年完全に終わってました。

残念。

この外来診療棟は僕が研修医していた頃に建ったんですが、もう四半世紀近く経過してしまったのですね。

驚きます。


名門スリーハンドレッドクラブ

先週出国前の事ですが、念願の名門スリーハンドレッドクラブでプレーする機会に恵まれました。

32145

このゴルフコースは東急五島社長が茅ヶ崎に作ったわずか300人の会員で構成されるコース。

会員になれるのは、財務大臣以上の政職に就いた人物か、一部上場企業の創業社長とされています。

事実掲載されていた会員名簿は安倍首相を始めとした、政界財界の著名人ばかりでしたね。

コースは戦略性に富んでいましたが、ちょっと狭いかなあ。

貴重な体験でした。


夜桜

赤坂ニューオータニの前の八重桜が満開です。

4123

夜桜が綺麗ですね。

明日朝から日経の取材といくつかの打ち合わせをこなして、夜より米国出張です。


氏神様に

今日はクリニックFの診療日です。

今週からの米国出張を控えて月に一度は行くようにしている氏神様の赤坂日枝にお詣りに行ってきました。

312

参道の八重桜がこんなに早く咲くのは千代田区に居を構えてここ20年間、記憶にありませんね。

 


3度目の大和

大きな大和を作るのは3度目です。

1

手前は小学生だった次男の夏休み自由研究で作った設計図無しのアイスキャンデー棒の大和。

2奥は長男が四ツ谷大塚のSクラスに上がったらご褒美にというニンジンにした宇宙戦艦ヤマト。

34

今回の戦艦大和は5年ぶりでしたが、無心に模型を作ると新たな発想が出てきますね。

まさにこれぞセレンディピティ!


Integral Functional Mineral Crystal (IFMC.集積性機能性ミネラル結晶体)

お早うございます。

今日は少し硬い話を。

来たる4月18日に東京都市大学にて大きな記者会見を行います。

内閣府特命担当大臣の松山政司大臣がビデオメッセージにて参加される他、オリンピック選手、協賛一部上場企業も含め、テレビも新聞も入る予定です。

1
題目は、Integral Functional Mineral Crystal (IFMC.集積性機能性ミネラル結晶体)。

こちらの物質は、生体に対して、痛みをとる、運動能力を引き出す、転倒防止などに利用することができるのです。

その理由について、ここ数年研究を続けてきたのですが、医学的な考察だけではどうしても答が導き出せず、工学的な機序を考えたところ、あるケミカルメディエーター(メッセージ物質)が関わっている事に気づきました。

つまり、医学と工学の融合領域に答があったのです。
約一年前に東京都市大学の平田孝道教授に生体への工学的検証をお願いしたところ、その確証を得ることができ、一気に日本の国益に繋がる政官学に及ぶプロジェクトになりました。こちらの記者会見はマスコミ関係者だけではなく、学生さんも、一般企業の方も入ることが出来ますので、よろしかったらぜひご来場ください。


制作期間約1年。大和完成

製作期間約一年。ディアゴスティーニの木製戦艦大和全90巻ついに完成しました。

12123

ほとんど木の棒から作り始めて、良く完成したなあ。

12345

甲板の手すりの糸貼りがまた時間かかりました。

細かい作業が多くてめげそうになったことも一度や二度ではありません。

ズッシリ重いです。

嬉しいけど、朝の日課が無くなり寂しくなりますね。


銀座英國屋にて

今回の教授就任の自分へのご褒美に、銀座英國屋にて礼服を作り、受け取ってきました。

1

英國屋でフルオーダースーツを作るのが憧れだったのです。

年度末の3月31日。

今日もクリニックFの外来ですが、集中力を切らさずに頑張ります!


新しい名刺

新年度より、東京都市大学工学部 医用工学科の教授職を拝命することになりました。

1

医学と工学の融合分野でアカデミックに活動したいという自分の夢が一つ叶う事になります。

総合研究所 ミネラル結晶体研究センターにて、まったく新たな医工学の研究分野のチームの一翼を担うこととなります。

4月18日に大きな記者会見を開くことになっておりますので、また追ってお知らせいたします。


学童の抽選

来年度の学童の抽選に漏れてしまい、やむなく今月に休職するスタッフに。

1

寂しいなあ。早く帰って来てね!


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -