TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

LEGO

今日は大和でなくてLEGO。

 

lego

出張前の休日。

打ち合わせも、お墓参りも終え、さらに患者さんに頂いたLEGOも無事に完成。

これで心置きなく日本を離れられます。笑。


今日は順子先生と

今日は順子先生と外来です。

花

来週出張なので、来週誕生日のスタッフに恒例の花束を渡しました。

なにやら「20歳になりました!」 という昔ながらのジョークを言っていましたが、まあおめでたい席なので、許してあげましょう。笑。


外来です

今日はクリニックFの外来です。

4大陸に渡る長期出張のため僕の外来は7月最後になります。

大和_1

大和_2

こちら今日の大和。

船尾のカタパルトを作製しました。

零戦も金属製ですが、緑に塗らないといけませんね。

大和製作もしばらくお休みかな〜〜。


第6回企業する医師に参加しました

厚生労働大臣にお会いしたのちには、第6回企業する医師に参加しました。

株式会社日本医療機器開発機構の内田毅彦先生が発起人であるこの会。

医師の資格を持った、起業家の集まりです。

医師

起業すると、それぞれのフェーズで悩みもありますが、同じ資格を持っていると、経験を共有できますよね。

忙しいながらも数ヶ月おきに集まっています。

今日も役立つディスカッションができました。


経営者がゴルフをするメリットとは?

【経営者がゴルフをするメリットとは?】

ネクタイ_6

おかげさまで昨日はたくさんの方からお祝いの言葉を頂き、とてもうれしい日曜日となりました。ありがとうございます。

ドラコンだけは外してしまいましたが、初めてのベストグロスでの優勝。コツコツ自分なりに練習した成果と、ツキや人にも恵まれラッキーでした。

 

先週ラウンドした鎌倉パブリックアウトコース1番では、この写真の通り緩やかな下りの317ヤード

ゴルフ

なんと! ワンオンしたのです!

ちゃんと証人もいます(笑)。

そんなわけで、薬学の博士課程が終わりここ数ヶ月。休暇で行けるチャンスのある日は専らゴルフを楽しんでします。

工学博士過程→半年おいて薬学博士過程・・・と、博士号を取得するために約6年半我慢したゴルフ。

昨年8月クリニックから歩いて行ける距離にある赤坂にゴルフスクールが開いたのを機に、週一回診療前レッスンでリハビリを開始し、3月にコース本格再開。ここへ来てスイングがリセットされてきました。

とはいえ、ゴルフも来週まで。

7月20日からお盆明けまで、米国、欧州、オーストラリアの出張が続きます。

さすがに大陸を何度も横断するときはゴルフクラブは持ってゆけません。

***

 

ゴルフは経営者がすべきスポーツの一つと言われています。

欧州では、経営者や貴族の子供達を、ゴルフハンディをシングルにするため小さな頃から教育するといいます。

平日スルーで回っても4時間はかかります。

その間プレイヤー4人での会話ができます。

どんなレベルのプレイヤーでもハンディキャップというルールの上で対等に戦えます。

g

ゴルフは18ホールの勝負がありますが、一つのホールで大きく失敗すると、次のホールでスコアを取り戻すことができません。

バーディやイーグルに期待することはまずアマチュアであれば無理だからです。

それぞれのホール内で、起こってしまったこと(OB、池、バンカー、林入)などをその責任を認識しつつ冷静に判断して、被害を最低限に留められるよう次のショットを選択する。

それが、例えばグリーンから遠ざかるような後ろ向きや横向きのショットであっても、安全性を優先しなければならない。

経営者には、こうした危機管理も大切なのかもしれません。

暑さや寒さなどの天候に対して、いかにきちんとした対応をしてくるかも大切だと思います。

僕の友人の経営者で常に良いスコアで回る人は、ゴルフにおいて想定される天候や事故に対する準備を怠りません。

以前にシングルプレイヤーの優秀な経営者と回っていた際、途中僕のドライバーのヘッドの重りが緩んでしまったことがありました。

そうすると、それを締める特殊な器具を彼が取り出し、ラウンド中に貸してくれたのはおどろきました。

全ての危機に関して準備をすることが大切なのですね。

 

***

%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e2%91%a1

ちなみに僕はアンチエイジングをテーマにする医師として、40歳以上の患者さんにスポーツを勧めることがあります。

 

どんなスポーツがアンチエイジングに効くかと聞かれる際、必ず

「笑いながら会話のできる運動量をもつスポーツを選択することが大切ですよ」

と言っています。

つまり、額に汗する程度の運動量はとても大切なのです。

ゴルフやジョギング、あとはボーリングぐらいでしょうか?

それ以上心肺機能に負荷がかかるスポーツは、活性酸素が多く出てしまいますので、運動のメリットともにデメリットも多くなります。

40超えて激しいスポーツををやりすぎると確実に見た目が老けますね。

ゴルフは体が柔らかい若い時と、ある程度硬くなった中年以降ではスイングを変えなければいけません。

若い時は、一部の才能ある若者がひたすら努力することによって得られるスイングですが、中年以降にゴルフをスタートしても、練習の方向性さえ間違えなければ、上手いレベルに到達できるのも魅力です。

さらに経営者はディシジョンメイクを素早く行うということが必要ですが、こうした意思決定のスピードは男性ホルモンの低下とともに衰えてゆきます。

ゴルフはプレー中にクラブ選択から、芝の読みまで、多くの選択を強いられますので、これは脳に対して良い刺激を与えると思います。

18ホールも回ると記憶に残るような確実に良いショットが必ず出る。

これが脳内報酬系のドーパミンを出しますので、自分に対するご褒美のようなものですね。

これが、ゴルフでよく言われるフレーズ

‟仕事はいいんか?80台、家族はいいんか?70台”

とまで熱中してしまう要因になるのですよね。

golf

ゴルフに対する言い訳をたくさん書いてみましたが(笑)、こうした目の前の快楽を我慢して、すぐに気持ちを切り替え、他の仕事に集中できるというのも優れた経営者の特徴だということで、今日のお話は締めておきましょう。


クリニックFでの肌の若返りのための診療方針

こちらはクリニックFでの肌の若返りのための診療方針です。

基本方針_1

顔の肌の治療は

ホワイトニング&ブライトニング  20代より

タイトニング           30代より

リサーフェシング         40代より

リフティング           50代より

を組み合わせて、行う事を治療の開始としています。

基本方針_2

治療の行程としては

まずは

1)肌の基礎工事を行う 肌のファクターの平均点を上げて整える

その後患者さんの肌に合わせて

2)肌の弱点を補う治療 ニキビ跡、シミ、肝斑など

3)肌のゆるみを取る治療 加齢によるたるみ、ゆるみ

4)肌を脱皮させ、若い肌に入れ替える治療 細かい小じわ、目の下がり

に入ります。

最終目標地点は

「実年齢より約10歳若返らせ、その若い肌を維持する」

事を目標としています。

年齢から10歳若返らせるのは、10年後の肌を現在よりも若くすることです。

この際、若い顔を作るのではなく、若返らせることを目的にしています。

5)最終ステップにおいては、

上眼瞼を含んだ全顔フラクショナルレーザー

臍帯血増殖上澄み液 や 自己線維芽細胞の増殖液などの再生医療の細胞を

組み合わせて経皮ドラッグデリバリーすること

で肌を入れ替えることが可能になります。

基本方針_3


串揚げ店とクリニックFの共通点

クリニックFは病気になってしまった方が健康に戻るために治療を行うクリニックではなく、元気で健康な方をより若々しく、より魅力的に見せるための戦略的クリニックです。

 

cl

 

 

肌質を改善し、若々しくするためのレーザー医療専門クリニックであり、院内には30台以上のEBMD(エネルギーベースの医療)=レーザー、光、RFなどの機器が所狭しと並んでいます。

2014-2

実際にどんな施術をされるのか想像できない方もいらっしゃるようで、時々メールなどでご質問を頂いたり、お会いした方から聞かれたりします。

今日はクリニックFで行う施術について少し書いてみますね。

 

***

クリニック内観

◆診療スタイルの基本はまず診療/カウンセリング。ここはどのクリニックも変わらない部分かと思います。

はじめてクリニックに来てくださった患者さんからしても

このクリニックは信頼に値するクリニックなのか。

医師やスタッフは自分の悩みを確実に解消してくれそうなのか。

クリニックの雰囲気に居心地の悪さを感じたりはしないのか。

料金は? 治療方針は? どれくらい時間がかかるのだろう??

 

などなど、とても大事な時間かと思います。

クリニックFではどの患者さんにも、30分から1時間程度のカウンセリングを受けていただきます。

ドクター

%e5%8c%bb%e5%b8%ab2

◆我々医師から診断するポイントは、

①肌の透明感

②肌の張り

③肌の肌理と艶

そして

④皮下組織のゆるみ

です。

これらをそれぞれ点数化して、約30種類の機器の中から機器を選び、最も必要なレーザー施術を組み合わせて、施術をご案内することになります。

 
◆最初に選択する機器は、完全ノーダウンタイムで、肌質を地道に、確実に改善するものとなります。

つまり、施術後にすぐメイクアップしてご帰宅頂けますし、その後大きな制約もなく、例えば変な例えかもしれませんが、飲み会などに行っていただいても大丈夫なくらい安心なものです。(推奨するわけではありませんが)

 

 
◆施術頻度は当初は、年間5回を目標にしていただいています。

春夏秋冬+1回のイメージですね。

大体年間5回施術を受けられる方は、10年後の肌年齢が変わらずに加齢できますね。

 
◆年間予算は人にもよりますが、大陸間航空往復チケット

 
◎エコノミークラス 30万円  月額25.000円
◎ビジネスクラス  60万円  月額50.000円
◎ファーストクラス 120万円  月額100.000円
のどれかを選んでいただければ、それに見合った施術をご紹介しています。

 

m

 

◆二度目以降の施術では、各施術の機器のパラメーターを上げることをはじめますが、一定のパワー以上で照射できるようになると、より上位な機器を切り替えてゆきます。

 

これらのパラメータは全てクリニックFのノウハウにありますので、ほぼすべてルーチンに乗ってゆく感じです。

 
◆レーザー施術は、肌の質のレベルを、例えば1から10に上げたい人と、さらに仕事のニーズなどで100にしたい人では照射頻度も機器選択も全く変わってきますので、患者さんの希望により段階を上げてゆくことになります。

 

◆反対に、ここで良いと患者さんが満足されるのであれば、その時点で終了になります。
以前、赤坂の串揚げ屋さんで、「当店では、60種類の串揚げが順番に出ますので、お腹いっぱいになったらストップかけて下さい」と店員さんが言っていたのを聞いて、これってクリニックFみたいだなあと思ったのを思い出しました(笑)。

 
クリニックFで30種類の機器をすべて試された方は、開業以来の10年間でわずか数名ですが、現状で手に入る肌に関するほぼすべての機器から施術を選べるというのは、専門クリニックの強みでもあります。


何をもって幸せを感じるか?

何をもって幸せを感じるか?

一昨日の飲み会での話。

慶應薬学部の斎藤義正准教授が、ふと

「僕は論文を書いている時に最も幸せを感じるのです。」

とおっしゃり、思わず

僕も全く同感です

と相槌を打ってしまいました。

f

理系の研究者にとって、思いついた新しい理論の道筋を理論構築し、論文として美しく説明した時の喜びは、他に例えようがありません。

自然科学の学問としては、物理、化学、生物学があげられると思うのですが、その三つの学問では立証する方法が異なります。

◆物理学 16世紀に完成 「数式」で立証

◆化学 17世紀に完成 「化学式」で立証

◆生物学 1950年のDNA発見以来進行形 「図表写真」で立証

というのが新たな理論を立証する手段であるといえます。

片や、生物学の一端として成長を続けてきた医学はどうでしょうか?

西洋医学は、1928年にアレキサンダー・フレミングが抗生物質を発見したところから信頼度を増し、さらに麻酔や手術室の完成がそれを後押ししましたが、やはり効能を「統計の有意差」というもので立証する技術により信憑性を増したのだと思います。

薬や治療法の効能を立証する際、使用の有無によりいくつかの群を比較して、実際に差が出たかどうかを効果判定を行うのです。

 

僕も研究をプロットをする際には、まず新たな理論をクリエイトするのかそれとも既存の理論をフュージョンするのかを検討し、どうすれば最も有意差が出るのか、因果関係を掴めるのかを考えます。

 

この際、形成外科皮膚科的な写真判定による生物学的な立証方法と、統計を用いた客観的データを比較する立証方法のどちらを取る戦略で行くかも考えますね。

 

2010

 

こうした多元副次方程式の解がスパッと頭の中で導かれた時、論文に着手するのです。

この際に報酬系の脳内トランスミッターであるドーパミンが放出されることで、強い幸せを感じるのでしょう。

閑話休題

哲学的には、幸福を倫理の最高目的と考え、行為の基準を幸福におくアリストテレスの幸福論が古典的でしたが、近代になってイギリスからキリスト教のものではない世俗的な価値観が現れると、感性的な快のもたらす満足感が幸福なのだとする、いわば「功利主義」が幸福理論とされるようになりました。

MBAで経営学を学んでいた時に、欲求に重点を置いた社会心理学者アブラハム・マズローの欲求五段階説を学びましたが、まず人間の欲求は

☆外的に満たされたい という低次の欲求

1)生きるために必要な「生理的欲求」

2)危険を回避するための「安全欲求」

3)集団に属するような「社会的欲求」

から始まります。

これらが実現されたのちに

☆内的に満たされたい というより高次の欲求

4)他者から認められたい、尊敬されたい「尊厳欲求」

5)自分の能力を引き出し、創造的活動などの「自己実現欲求」

を求めにゆく、とされ

しかしながら、人の欲はある段階を達成すれば更なる高い段階を基準とするために

「絶対的幸福というものは存在しない」

とされていました。

これは現在の価値観にもほぼ一致しますよね。

個人的に、僕が幸せを感じることができるようになったのは、

「自分の理性に鑑みて、理不尽だと思うことはしないし、そのことを誹謗されても気にしない」

と決めたからです。

 

こうした思考をすると「考える事」はあっても、「悩む事」は一切なくなりましたね。

 

同じ時間を使っても、考えると悩むとでは大きな違いです。

 

この境地に至った背景には

クリニックFという自分の城を持ち、多くのスタッフに支えられながら経済的にも安定したために組織に属さなくて良くなったことが、精神的なストレスを減らし、全ての能力を知的好奇心を満たすための原動力に進めることができるようになった。

ということがあるのだと思います。

 

欧州

今後も、新たな技術の医療機器を用いた美容医療を提案するとともに、健康医療領域における多くの謎解きを、理系の研究手法を用いて考え行なってゆきたいと思います。

 


今日の大和。 前後の副砲の地盤を作りました

おはようございます。

今日もクリニックFの外来です。

大和

こちら今日の大和。

前後の副砲の地盤を作りました。

あとは船首と船尾の細かい細工を作り、カタパルトなどの戦闘機発着用の部品を作ります。

いよいよ最終設計図に向けて、全ての部品の配置の準備です。

とはいえ、まだまだ先は長いなあ。


同世代3人で楽しい飲み会

今日は慶應義塾薬学部の斎藤准教授の御縁で同世代3人集まり、楽しい飲み会でした。

なんとお二人は慶応医学部の時の同級生なのだそうです。

同世代なので、子育ての悩みや研究の話題もたくさん。

慶應

さらに、信濃町の日本のレーザークリニックの老舗でもある、大城クリニック大城先生とレーザー医療の未来について熱く語り合ってしまいました。

ありがとうございました!


富山白えび、富山ブラック、台湾ラーメン

来た来た!

お友達の先生が勧めていたので、12個ずつ買ってみました。

ラーメン

籠って論文書いたりするときに、インスタントラーメンを食べたりします。

食べるときには一応野菜など炒めて上に乗せてます。野菜好きなんですよ(笑)


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -