TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

2012年選挙 レーザー機器キュレーター

2012年12月17日(月) カテゴリー:徒然

おはようございます。

今日12月17日(月)はクリニックFの診療日です。

先週は月曜日から土曜日まで毎晩忘年会&クリスマス会。

215054_10200234116084020_306877978_

土曜日の診療後には、お世話になっている方の家で開かれたクリスマス会に呼んでいただき、参加してきました。

財界人・芸能人の方々も沢山いらしていて、ご挨拶させていただきました。

ラテン系のバンドも入り、楽しい夜でした。

生演奏は聴き惚れてしまいますね。

昨日は朝一番に投票を済ませ、その後欧州系レーザー会社二社のユーザーズミーティングに参加してきました。

とても勉強になりました。

***********************

さて、今日は仕事の話。

1999年のフォトフェイシャルの登場から、肌を若返らせるレーザー光施術が市民権を得て、急速に広まっていきました。

現在まで約12年間。

新たなレーザー会社が産まれては吸収合併され、独自の技術を持った会社だけが生き残っています。

どの機器もリリースから数年経つと、それらの廉価バージョンが各国から出るのですが、僕はレーザー技術者に敬意を表して、なるべく開発元の企業から機器を購入する様にしています。

現在クリニックFでフル稼働している機器は

○ホワイトニング機器 「メドライトC6」「オーロラ」「ライムライト」

○タイトニング機器 「ポラリス」「リファーム」「タイタン」

○リサーフェシング機器 「フラクセル3DUAL」

○リフティング機器 「ウルセラ」「サーマクールCPT」

○シワ治療器 「マトリックスIR」「ジェネシス」 

○肌のメンテナンス機器 「トリニティ」

○目元周りの若返り機器 「マドンナリフト」

○にきび跡治療機器 「スターラックス1540XD」「eマトリックス」「パール」

○赤色色素治療機器 「MaxG」

です。

レーザーを専門とするクリニックとしてグローバルスタンダードな治療を行おうと思うと、2012年末現在、これらは持っていないと他の機種と代替が効かない機器群と言えるかと思います。

その上で、アレキサンドライトQスイッチの「アコレード」やロングパルスアレキサンドライト&Qヤグの「エリート」、「eco2(エコツー)」などを適宜利用する様にしています。

これらの機器を患者さんの肌の症状と必要性に合わせて組み合わせ、年間照射頻度も合わせて患者さんに治療方針を提案し、実際に技術者としても診療にあたってゆくのが僕の仕事です。

Img_1571

先日取材を受けちょうど本日発売のとある雑誌に、「クリニックFはレーザー美容医療上級者の最終目的地であり、院長の藤本はレーザーキュレーター」である、との表現がありました。

ちなみに「キュレーター(curator)」とは、欧米の博物館(美術館含む)、図書館、公文書館のような資料蓄積型文化施設において、施設の収集する資料に関する鑑定や研究を行い、学術的専門知識をもって業務の管理監督を行う専門職、管理職のこと、とあります。

現在キュレーターは、美術品などの展覧会企画を作る際他、様々な形で活躍されていますよね。

このブログを読んでくださっている方はご存知かと思いますが、海外出張中に時間が空いたとき、僕の楽しみのひとつは美術館を回ることです。

仕事柄もちろん図書館や公文書館といった施設にもなじみがあり、「キュレーター」という職業に敬意を払ってきました。

その表現を僕に使っていただけるとは。

ちょっと嬉しくなり、さすがプロのライターさんの表現だと、感動してしまいました。

クリニックFでは開業以来、医学的にも工学的にも「アカデミック」なレーザー診療を目指して、欧米の学会で根拠のあるといわれる診療をぶれずに日本で提供し、これまで実際の診療にも活用してきたつもりです。

今後はレーザーキュレーターとして、世界最新のレーザー治療の正確な知識を広めるため、より専門的な勉強を続け、その上で日々鍛錬を欠かさないレーザー技師としての活動をしっかりとしてゆきたいと改めて思いましたよ。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -