TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

クリニックFは5年目に突入しました

2011年05月26日(木) カテゴリー:徒然

まだ香港にいます。今日の香港は薄曇り。船の汽笛がホテルの部屋にいても聞こえてきます。これからひとつ打ち合わせをして本日午後の便で帰国します。

実は今日5月26日はクリニックFの開業記念日です。香港でこの日を迎えるとはなんとなく不思議ですが、そんな記念日でもあるせいか今日はいつもよりかなり早く目が覚めてしまいました(笑)。

患者さんを始め関係者皆様のおかげがあって、2007年5月26日に開業したクリニックFは、明日からいよいよ5年目に突入することになります。本当にありがとうございます。

今年は僕が米国レーザー医学会(ASLMS/American Society for Laser Medicine & Surgery)に入会し、レーザー皮膚科に転科してから11年目になります。

一時期、東京大学医科学研究所の大学助教(国家公務員・東京大学教官)の職にあり、レーザー診療はお休みしていた期間もありますが、クリニックFは僕がこれまでに設立運営に関わった5つの美容レーザークリニックの中でも、最も長く関わり、思い入れのあるクリニックになりました。

レーザー光治療専門のクリニックを経営するときに、最も必要なことは、レーザー機器の性能の維持とその性能を120%生かせる技術の鍛錬だと思っています。

通常の美容クリニックは、売り上げの中からPR広告費やインテリア他VI(ヴィジュアルアイデンティティ)にかける費用が占める割合が高くなるのですが、クリニックFは、開業以来、こうした費用を一切出さずに、クリニックの収益ほぼすべてを新規レーザーの購入に充てて来ました。

クリニックFにとって、最も大切な患者さんは、その頻度がたとえ一年に一度であっても継続的に、そして定期的に、レーザー/光治療を行なう重要性を熟知し肌をメンテナンスしていかれる患者さんであり、そういった大切な人たちに最もメリットがある様に設計をしたかったのです。

現在ではアジア地域にクリニックFにしか導入されていないレーザー機器もありますし、機器も進化してゆく新規機種も、クリニックFに優先的に入れてもらえるようなコネクションも海外のレーザー会社との間に出来てきました。

レーザー機器の中にはフラクセルやサーマクールのように、定期的にアップグレードが必要な機種もあり、機器の入れ替えが必要になるものもあります。

トリニティやギャラクシーなどの施術が可能なシネロン社emaxは、しばらくシネロン本社ではアップグレードしておらず、通常のクリニックでは7年位の周期で買い替えがなされているようですが、クリニックFでは一番人気のレーザー/光治療機種。この機種にいたっては患者さんにより良い治療を提供するために、2年に一度機器を丸ごと入れ替えるようにしています。

こちらが2009年にemaxを入れ替えたときのブログです。

そんな訳で5年目を迎える明日、クリニックF3台目のe-maxがいよいよ納品されます。明日以降クリニックにおいでになる患者さんは、切れ味鋭い新しい機器で照射出来るチャンスです。

肌にアイロンをかけたようにハリが出て、透明感が増し、ニキビ跡や毛穴が改善する「トリニティ」や「ギャラクシー」。

まだご体験されていない方がいらっしゃったらご連絡くださいね。

明日の開院は午前11時から。気持ち新たにまたひとつひとつ丁寧な仕事を心がけ、がんばって行きたいと思います。

5年目のクリニックFを今後とも何卒よろしくお願いいたします!


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -