TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

工学部大学院博士課程

2010年09月30日(木) カテゴリー:徒然

今日はクリニックFの休診日。

今度通うことになった大学院に、僕は向かいました。

総合理工学研究科の教授にお時間を頂き、これから3年間の博士課程の研究計画を練りました。

僕が皮下の肥満細胞(マストセル)の研究で医学博士号を取ったのは2004年ですから、6年ぶりに理系の研究生活に入ることになります。

レーザー医療を極めるためには工学的知識も必ず必要で、いつかは工学の博士号も取得したいと思っていたのですが、その夢への一歩が踏み出せそうです。当面は、クリニックの休診日を使ってのスタートですが、思ったよりも早く研究が出来そうで嬉しくなりました。

レーザー機器の研究、と一言で言っても、医学系からのアプローチと、工学系からのアプローチとではかなり違います。ただ、研究をコツコツと行い、海外の学会で発表をして、レビューのある雑誌に論文を投稿するという基本の流れは同じです。

Photonics

来年6月にアメリカ・ボルチモアで開催される工学系レーザー学会の発表が早くも決まりました。そこで、教授に

何か工学レーザーを勉強できる教科書をお奨め頂けないか

と話したところ、この本を推薦していただきました。

Photonics: Optical Electronics in Modern Communication (The Oxford series in Electrical and Computer Engineering)

4cm弱の厚さがある本で、中身は数式ばかりでしたが、先ほどアマゾンで注文しました。昔の数学の知識を思い出して、頑張って読んでみようと思います。

これからまた忙しくなりそうです。体力つけないと(笑)。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -