TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

ヘアケアサプリの開発

2015年11月10日(火) カテゴリー:徒然

レーザー光治療機器を使って肌が綺麗になったのに、相対的に髪の艶が無くなり、白髪が目立つような気がするので、何か良い方法はありませんか?と悩む女性の患者さんが多かったので、実はここ数か月、ヘアケアサプリの開発に関わっていました。

薬_1

男性型脱毛(AGA) に対しては、飲み薬のフェナステリド(プロペシア)や塗り薬の塩化カルプロニウム(フロジン)、ミノキシジル(リアップ)がありますが、女性に対しては効果を求めるのは難しかったのです。

薬_2

女性の薄毛は、更年期のエストロゲン低下によるものが最も原因として多いのですが、産後の薄毛や、シャンプーや特にリンスの使い過ぎなどによって髪の毛がダメージ受けていることも多かったのです。

女性のための毛髪系サプリメント(日本では医薬品扱い)としては欧米では「パントガール」と「プリオリン」という2種類のものが出ています。どちらもLシステインやパントテン酸カルシウムを主成分としていますが、プリオリンはスイスの製薬会社のロシュが販売にかかわっている黄金キビの主成分であるミレットエキスを、パントガールはケラチンや亜鉛含有酵母やビタミンB1を加えています。

薬_3

今回のサプリメントでは、これらの二つのサプリメントの成分とクリニックFオリジナルの成分を3つを加え、最終調合が昨日届きました。

来月よりクリニックFでも売り出します。

一日一回4カプセル。

これは効くと思います。乞うご期待。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -