TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

「音楽は名医」コンサート秘話 その8

先日やっとピアニスト名の公表許可が下りた、2020年3月2日オペラシティで開催する「音楽は名医」コンサート。

その7はこちらをご一読ください。

http://clinic-f.com/blog/diary/post_26016/

1年以上「藤田真央くんが弾くんです!」と言いたくても言えずにいましたので・・・いや、本当にホッとしました。
無名の人間がオペラシティでコンサートを開催するなんて常軌を逸してる! とこれまで何度も言われてきましたから特にですね(苦笑)。
僕が注目していた若手ピアニストである、真央くんにお願いできる、と聞いたから開催を決めたコンサートでしたが、お願いすることを決めたわずか2か月後に、真央くんが世界三大ピアノコンテストのチャイコフスキー国際コンクールに出場することとなりました。

1
今回のコンサート準備に関わってくれたクラシック音楽仲間たちと、毎日のようにYOUTUBEで真央君の演奏を観て、「もしかしたら本当に優勝してしまうかも」とSNSで盛り上がっていたのを思い出します。

真央くんの演奏は現地でも相当話題になったようです。
結果は日本人としてはピアノ部門の過去3人目の入賞者。
1978年 第3位 小山実稚恵
2002年 第1位 上原彩子
2019年 第2位 藤田真央
まさに日本人として20年ぶりに世界の舞台から呼ばれるピアニストとなったわけです。
しかしながら、僕のコンサートは、その真央君の名前を当日まで出さずに集客しなければならない、というハードルがありました。
その後さらにハードルは高くなります。

構成を変えたからです。(その7を参照:http://clinic-f.com/blog/diary/post_26016/

元々提案されていた構成案による集客リスクの回避を自分の意志で流してしまいました。
新構成として、一部を自分が得意とするプレゼンテーション形式、ここで楽曲の紹介を含め、クラシック音楽をライブで聴くことがどれだけ脳に良い作用を及ぼすか、きちんと説明したいと考えました。
僕の愛するラフマニノフのピアノ協奏曲の二番についても、どこが素晴らしいのか、何が特別なのか、どこに注目して聴いてほしいのか。先にきちんと説明した上で聴いてほしい、と考えました。
なぜならたいていのクラシックコンサートは何の説明もなく演奏が始まってしまいます。パンフレットは売られているものの、コンサート自体がある意味排他的で、観客に知識があることを前提に曲が始まってしまうのです。
僕のコンサートでは、僕自身がアマチュアであるからこそ、お客さんもアマチュアでいい、脳をほぐすところ、ウォームアップから始めたい、と思いました。その上で二部を真央君とオーケストラによる楽曲演奏、これで行きたい、行かせてください、と関わるスタッフにお願いしたのでした。
ここまでくると「常軌を逸してる」以上だったようで、逆にスタッフから提案が出てきました。そこまで言うなら、そこまでしてやりたいなら、と皆が頭を捻って考えてくれるようになったのです。
まずは、一部がプレゼンテーション形式で舞台に立つことになるのであれば、もうひとりどなたか舞台で映える女性をお願いできないだろうか?
いくら学会や講演に慣れているといっても先生ひとりが舞台上で延々と説明するよりは、その方とトークをする、という進行でいくほうがよりわかりやすくなるのではないか、という提案が出てきたのです。
ではその女性、どなたにお願いすればよいのか、というところで、頭に浮かんだ方がいました。
その9に続く
===========================
藤本ミュージックアカデミー主催
「音楽は名医」 第一回 セルゲイ・ラフマニノフ編
脳の活性・ホルモンの分泌に有効なこと、それは音楽をライブで聴くこと
企画・指揮 藤本幸弘(医師・医学博士)
第一幕
スペシャルトークショウ
「クラシック音楽をライブで聴くことにより脳に何が起きるのか」
ナビゲーター:医学博士 藤本幸弘
トークゲスト:和央ようか (元宝塚歌劇団宙組トップスター)
第二幕
ラフマニノフピアノ協奏曲第二番 作品18 ハ短調
指揮:藤本幸弘
ピアノ:藤田真央 (2019年チャイコフスキー国際コンクール ピアノ部門第2位)
東京オーケストラMIRAI(創立5年目の新進気鋭の新しいプロオーケストラ)
https://eplus.jp/sf/detail/2986790001-P0030001P021001


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -